モルソー1620CB分解掃除
購入時の設置・組立
燃焼室のパーツ(手前)など煙突掃除前のストーブ分解の参考となる
内部パーツ組立前
パーツ分解開始
薪落下防止ガードを外す
燃焼室上部バッフルプレート
ネジやボルト止めでなく簡単に外せる
中央のプレートを外す
煙突最下部が見えてきた
プレート全部を外す
これで煙突トップからの掃除で出るススが燃焼室床に落ちるハズ・・・?
ここから煙突掃除に移行 ⇒
煙突掃除後燃焼室も掃除
煙突から落ちたススと灰をチョイ刷きチリトリで除去
炉 床
中央プレートを外し最下部の灰も除去

バッフルプレートをセット
外す時は簡単に外れたが、中央のプレートを定位置に収めるのに手こずった・・・
炉床プレートをセットし灰を2〜3p敷き本体掃除完了
※来シーズンまで灰を全部取り去るのと残しておく二通りの説がある・・・がストーブ屋さん曰く残しておいた方が灰が水分を吸収するためサビの発生を防ぐのだとか。
 煙突掃除
屋根の上にチムニー
室内煙突内部
1620CBのススを心配したが幸いにもタールでなく乾燥したススだった
掃除前の養生
ススが飛ばないよう煙突継目にマスキングテープを貼る
掃除用具
煙突用ブラシと接続ロッド、ワイヤーブラシ
チムニー上部の角トップと防鳥ネット
煙突トップ
ここから煙突用ブラシと接続ロッドを繋ぎ内壁のススを落としながらストーブ本体まで掃除していく
燃焼室上部
屋根から入れたブラシが見えている
昨年9月下旬焚き始めから5月下旬までののススの量(2B+1620CB)
煙突トップや防鳥ネットもワイヤーブラシで清掃し角トップを固定する
ススが落ちステンレス地が見えてきた室内の煙突
⇔ ストーブ掃除へ・・・