2017年6月 2017年日記牽引 以前の日記牽引

 6月30日(金)
「市民平和クラブ」打合せ
 6月議会の総括と当面の活動等について打ち合わせ
機関紙の配達
労働相談
 職場のパワーハラスメントについての相談を受ける。
 職場のパワーハラスメントは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えるまたは、職場環境を悪化させる行為」と定義されている。
 職場のパワーハラスメント対策は、上司の適正な指導を妨げるものではなく、職場で何が業務の適正な範囲で、何がそうでないのか、その範囲を明確にすることから始める必要がある。

 6月29日(木)
議会本会議 最終日
 市庁舎建替えに関する業務委託費などを含む一般会計補正予算など13案件を原案通りに可決。
 市庁舎建替えに関して、「市民や有識者からの意見聴衆の場を設けること求める付帯決議」を賛成多数で可決した。
 「市民平和クラブ」はすべての議案、付帯決議に賛成した。
定住自立圏構想に係る議員研修
 本会議終了後に「一般財団法人地域活性化センター事務局長 総務省地域創造アドバイザー」の『佐藤啓太郎』氏を迎え、「置賜の広域連携と定住自立圏構想の推進について」の演題で講演をいただいた。
 定住自立圏構想とは、市町村の主体的取組として、「中心市」の都市機能と「近隣市町村」の農林水産業、自然環境、歴史、文化など、それぞれの魅力を活用して、NPOや企業といった民間の担い手を含め、相互に役割分担し、連携・協力することにより、地域住民のいのちと暮らしを守るため圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進する政策である。
 平成21年4月から全国展開し、現在、各地で取組が進んでいます。
 「中心市」(米沢市の予定)には、年間8500万円程度の特別交付税の財政措置が講じられる。周辺市町村には、1市町村あたり年間1500万円が特別交付税の財政措置が講じられる。
議員と市幹部職員との懇親会

 6月28日(水)
機関会議資料作成
「議会レポート ゆきしろNo.53」の編集
 「議会レポート ゆきしろ」の作成にはいった。
 「ゆきしろ」は定例議会開催(3、6、9、12月)の都度、議会発言を中心に発行している。誌面構成が決まらず筆が進まない。

 6月27日(火)
市政協議会
 6/23の「予算特別委員会」で指摘がった「庁舎建替え事業に係る後年度公債費実質負担の見通し(平成50年まで)」と「市立病院建替え事業と南地区統合中学校 一般会計負担額の試算」が示された。
 市立病院、統合中学校の建替えは、場所や規模などもはっきりしない中でのあくまでも資産である。
 市立病院も老朽化が進み耐震診断でも「(震度6強で)倒壊または崩壊する危険性が高い」と判定されている。市立病院の建替えもどうしても進めなければならない事業である。
 問題は米沢市が庁舎や市立病院の建替え、統合中学校建設などの大事業を進めた場合の財政負担の増である。
 市民サービスの低下につながらないように進めなければならない。
予算特別委員会


6/23に引き続きの開催である。
 発言準備をしていた「道の駅田沢(なごみの郷)の振興支援策」と「教員の労働実態」、さらに、民生常任委員会で十分な答弁がなかった「米沢市と三友堂病院の医療連携協議」についての3項目について発言。
 「教員の労働実態」についてでは、教員の長時間労働が社会問題になっているなか、米沢市は教員の労働時間等の把握を行っていないということであった。
 各学校に通達を出し、6月末まで教員の労働時間の把握をするとのことである。 
 文部科学省は2016年度に公立小中学校の勤務実態調査を実施している。その結果、中学校教諭の約6割、中学校教諭の約3割が、週60時間以上勤務し、過労死ラインとされる月80時間以上の残業をしているとの結果が出ている。(おそらく米沢市も例外ではないであろう)
 教員の長時間労働は、児童、生徒の教育にも深刻な影響を及ぼす。激務に追われていて、子ども話にじっくり耳を傾けることや、授業の準備もままならない、勉強の遅れている子に丁寧に教える時間がないなど。
 教員の長時間労働は、子どもたち一人ひとりに心を寄せる教育の妨げとなっている。
地区役員会

 6月26日(月)
現場調査
 昨日、○○町内会より、市道の除草と道路側溝の整備の要望があった。早速、現場に出向き現地を調査。
機関会議資料作成
機関紙の配達

 6月25日(日)
新社会党定期大会
 表題の定期大会に参加。

 6月24日(土)
家の雑用
 日頃御座なりにしてきた家の雑用。

 6月23日(金)
議会図書委員会
 今年度の購入図書などについて協議。
予算特別委員会
 「庁舎建替え事業」について意見が集中。
 米沢市は、国の交付税措置(補助)を受け、2021年3月まで現敷地内に新庁舎を完成させる予定である。総事業費は71億円(最大)と試算している。
 現庁舎は建築後46年が経過。15年の耐震診断では「(震度6強で)倒壊または崩壊する危険性が高い」と判定されている。
 建設した場合の財政措置の問題などが審議されたが、十分な資料も示されなかったため、当局より改めて資料を提示するので、本日の予算委員会審議を一旦中断し、27日に開催したい旨の申し出があり、議会運営委員会の協議の結果、当局の申し入れを受け入れることとなった。
 大事業の入り口である。慎重にするに越したことはないが、異例中の異例の措置である。
議会だより編集会議
 今年度の表紙のテーマの検討と委員会の進め方などについて協議。

 6月22日(木)
予算特別委員会の発言準備
 明日の予算委員会で、「道の駅田沢(なごみの郷)の振興支援策」と「教員の労働実態」について質問する予定である。
 道の駅田沢に行き、現状の確認と駅長・従業員の方々に意見を聞かせていただいた。
『(株)エコス米沢産業廃棄物最終処分』場現地見学会


 『(株)エコス米沢産業廃棄物最終処分場』現地見学会に三沢・田沢地区などから約20名が参加。
 はじめに現地(処分場施設)を見学し、その後に三沢コミュニティセンターに会場を移し、電気伝導度・塩化物イオン濃度の測定値などについて説明を受けた。
 電気伝導度・塩化物イオン濃度測定地が示され、基準値を大幅に下回るものであった。
 また、“空間放射線量モニタリング計画に基づく調査結果”が示され、ほぼ米沢市内の数値と同じであった。
 『(株)エコス米沢産業廃棄物最終処分』場現地見学会は昨年まで年2回実施されていたが、今年度からはこの時期の1回だけとなった。
会派交流会

 6月21日(水)
「米沢こころの病院」視察
 民生常任委員会として「米沢こころの病院」を視察。「よねざわ心の病院」は、米沢市立病院精神科閉鎖に伴い、精神病床の再編統合として新たに米沢オフィス・アルカディアに開設された病院である。
 「米沢こころの病院」は6月1日、外来と、リハビリテーションなどを含む精神療養病棟(60床)の運用を開始。7月1日には措置入院を含む急性期・救急に対応した病棟(48床)が運用を開始し、フルオープンとなる予定。
民生常任委員会協議会
 主な議題は「防災ラジオ(緊急告知ラジオ)の配布状況」「米沢市と三友堂病院の医療連携協議」についてである。
 「米沢市と三友堂病院の医療連携協議」についてでは「第3回米沢市医療連携あり方検討委員会」検討内容が報告となった。
 当局の説明で理解できない部分が多々あり、米沢市立病院の“地方独立行政法人(独法)”化がどうして必要か質したところ、「三友堂との統合のために必ずしも独法化が必要なわけではない。市立病院の経営改善のために必要」とのことであった。これは、これまでの説明と全く違うものである。
 また、「市立病院が急性期を三友堂病院が回復期を担い両病院の機能分化を図る。その結果、医師の確保がしやすくなる」との具体的方向性が示された。機能分化を図ることが、医師確保につながるのか?具体的な説明はなった。
学童保育促進議員連盟勉強会
 当局より学童保育の現状や予算措置などについて報告を受け、意見交換。

 6月20日(火)
各種事務整理
 またも更新が滞っていた「今日の出来事」更新、東側自治会の役員会の決定事項、田沢地区の「青空地区委員会」に提出する東側自治会の予防所の作成など。
議会広報広聴委員会広聴部会
 今年度の『議会報告会・意見交換会』の実施方法について協議。
機関会議資料作成

 6月19日(月)
定期大会資料作成
 25日の定期大会の資料を作成。
「共謀罪」強行採決に抗議の街宣活動
 金曜日は「米沢9条の会」の呼びかけであったが、今日は新社会党の街宣である。
 15日午前、徹夜の与野党攻防の末、“共謀罪”の趣旨を盛り込んだ“改正組織犯罪処罰法”が可決・成立した。自民党は委員会採決を省略する異例の手段で採決に踏み切った。
 私もマイクを握り、共謀罪の危険性や国会運営の問題点などについて街頭で訴えた。
東側自治会役員会の資料作成
  今晩の役員会に使う資料を準備。
東側自治会役員会
 公民館の補修工事等の打合せ。

 6月18日(日)
機械屋
 草刈機のエンジンが掛かりにくい。そこで思い切って分解清掃することに。
 キャブレターの分解清掃、エアクリーナを新品に交換、プラグの調整を実施。結構な時間を要したが、草刈機は無事復活。
家の周りの除草作業
 復活した草刈機で早速家の周りを除草。

 6月17日(土)
「協働事業推進田沢の会」除草作業
 今年の「協働事業推進田沢の会」の除草作業スタート。今日は三沢西部小学校付近など約3500mを除草。
 23名の方に参加していただき作業も順調に進んだ。
 私は事務局として施工写真の撮影や雑務を担当。
機関紙の配達

 6月16日(金)
議会本会議 一般質問(3日目)
 今日も完全に聞き役。5名の議員が一般質問を行った。
農林業振興議員連盟総会
 役員の選出、平成28年度事業結果、平成29年度事業計画などを決定。
学童保育促進議員連盟総会
 農林業振興議員連盟総会終了後、引き続き学童保育促進議員連盟総会を開催。
 総会で、新役員の選出、平成29年度事業計画などを決定
「共謀罪」強行採決に抗議の街宣活動
 「米沢9条の会」が呼び掛けての「共謀罪」強行採決に抗議の街宣活動が市役所前で行われた。
 緊急の呼びかけにもかかわらず、約40人の方が集まった。
 多くの疑問が消えることなく、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が成立した。
 私もマイクを握り、一般人が捜査対象になる恐れや、表現の自由とプライバシーが脅かされ、「監視社会」を招く懸念は残ったままだ。(中略)
 引き続き共謀罪の廃止を求めていく!

 6月15日(木)
議会本会議 一般質問(2日目)
 今日も完全に聞き役。5名の議員が一般質問を行った。
 質問を聞いていると、時に考えさせられ、時に反論が頭に浮かぶ。様々な考え方、立場、想いがあって当然である。議会は言論の府なのだから・・・
「田沢地区振興協議会」総会
 道の駅たざわ「なごみ郷」は、「田沢地区振興協議会」に米沢市より指定管理者制度により委託されている。
 私は地元選出議員として「田沢地区振興協議会」の顧問を任せれている。
 総会では、28年度の事業報告、収支決算を承認。29年度事業計画(案)、役員改選(案)について可決。

 6月14日(水)
東側公民館の除草
 早朝に自治会役員で公民館周辺を除草。
議会本会議 一般質問(初日)
 今日は完全に聞き役。5名の議員が一般質問した。6月定例会では15名の議員が一般質問を行う。
米沢地区平和センター幹事会

 6月13日(火)
各種事務整理
 今日は開会した6月議会の休会日。溜まりに溜まった書類の整理など。
「協働事業推進田沢の会」除草作業準備
 17日(土)に実施する「協働事業推進田沢の会」除草作業のため、傷害、賠償保険の加入手続きと水分補給のジュースの購入などの準備。
機関会議資料作成

 6月12日(月)
議会本会議(初日)
 市長より6月議会上程議案の説明をうける。
 専決処分などの報告の了承。一般会計補正予算などの議案と、請願を各委員会に付託。
議会広報広聴委員会全体会
 議会広報広聴委員会の役割分担について
機関会議
(株)つり人社「渓流 2017 夏」
 「渓流 2017 夏」が届く。
 昨年の秋に取材した小国町の荒川源流の釣行記が載っています。
 今回は何と表紙にも起用されている。
 稚拙な文章で恐縮です、書店・釣具店等で発売中です。
 雑誌を見ていると、渓(山岳渓流)に行きたくなってきた。
 また、渓へ行こう!

 6月11日(日)
平成29年度 米沢市消防団第12分団演習
 田沢地区グランド周辺で実施された消防団12分団の演習に来賓出席。
 私は来賓として、日頃予防消防に奮闘されていることに対して感謝と、防災拠点として新庁舎建て替え、『地域防災計画』の見直しについて話をさせていただいた。
機関会議資料作成

 6月10日(土)
機関紙の配達
HP「今日の出来事」更新
 忙しさにかまけて、6/3から更新が滞ってしまった。手帳(ジョルテ スケジュール)と記憶を頼りに8日分を一気に更新。

 6月9日(金)
「議会レポート ゆきしろ No.52」の家庭配布
 市内の友人・知人宅へ「ゆきしろ」を持参。
議会棟へ
 6月定例会に「憲法9条を護る米沢市民の会」より、「組織犯罪処罰法改正案」(テロ等組織犯罪準備罪)の廃案を求める意見書提出方請願が提出された。
 その紹介議員を私が務めるのだが、開催中の国会で「組織犯罪処罰法改正案」(テロ等組織犯罪準備罪)が、残念ながら請願の審査前に成立することも予想される状況である。その場合、請願の趣旨に沿わなくなってしまう。その対応について提出者、議会事務局からと話を聞き、対処方法を協議。

 6月8日(木)
産業部へ
 小野川温泉のホタル公園の整備について協議
「協働事業推進田沢の会」総会資料の作成
 「協働事業推進田沢の会」は、公共事業の受け皿として田沢地区内の方に作っていただいた会である。具体的には市道6路線の除草を行っている。
 事務局として事業計画、事業予算等、安全対策などの資料を作成。
 総会は今晩である。まさに自転車操業!
現場調査
 「米沢市私道舗装等整備事業費補助金」申請の相談を受け現場調査。
「協働事業推進田沢の会」総会
 事業計画、事業予算等、安全対策などすべて提案どおりに承認していただいた。今年度は新たなメンバーも含めて29名で実施予定。
 6/17(土)の早朝から作業開始。

 6月6〜7日
「つり人社」「渓流2018」「月刊つり人」の取材
 今回は、テンカラ釣りのインストラクターの石垣さんと米沢周辺の河川で、一緒にテンカラで大物を釣る企画である。
 私の基本はエサ釣りだが、時にはテンカラ釣りも楽しんでいる。ただ、この時期に大物となると?
 今年は例年よりも水温が低く、テンカラ釣りにはまだ少し早いようだが、それでも何とか!
 ただ、普段の釣りと違う筋肉を使ったためか、クタクタのヘロヘロに...。
 明日は間違いなく相当きつい筋肉痛だろう!
 「渓流2018」は来春発売予定。

 6月5日(月)
山形空港へ
 明日からテンカラ釣りのインストラクターの石垣さんをゲストに迎えて、「つり人社」の「渓流2018」「月刊つり人」の取材である。
 石垣さんを迎えに山形空港へ→そして米沢→取材の打合せ
 2日間で2本の記事はちょっときついが...。

 6月4日(日)
第57回田沢地区大運動会
 田沢地区大運動会に来賓出席。
 例年ならば暑すぎるほどの陽気の下で行われるのだだが、今年は曇天の肌寒い天気であった。
 私は、地区対抗リレーをはじめ、タル転がしリレー、ムカデ競争などに出場。
 日頃運動不足で...、明日はおそらく筋肉痛だろう!

 6月3日(土)
「原発事故避難者を支援する会」
 「原発事故避難者を支援する会」の結成に合わせ、「海渡雄一弁護士」を迎えおきたま文化センターで記念講演が行われた。
 演題は「福島原発事故の原因と被害の回復・避難の権利の確立と原発再稼働をめぐる攻防」である。
 会場に入りきれない人が集まり、海渡弁護の講演に耳を傾けた。

 6月2日(金)
市政協議会
 米沢上杉文化振興財団、米沢市体育協会、米沢観光物産協会、米沢食肉公社、土地開発公社の平成28年度経営状況及び平成229年度事業計画の報告を受ける。
また、当局より6月定例会提出議案、平成29年度米沢市重要事業要望、庁舎耐震化の基本的な考え方、定住自立圏構想の推進、新聞を活用した教育活動などについて説明受ける。
 今日の市政協議会から本格的にタブレットを使った会議がスタート。なかなか思うように使えない...。もう少しタブレットの機能の勉強が必要のようだ。
機関紙の配達
「米沢市立病院臨時職員労働組合」定期大会
 来賓(特別執行委員)として、挨拶をさせていただいた。
 挨拶では、@労働組合の必要性、A市庁舎、市立病院の建替えの進め方などについて話をさせいていただいた。
 そして、大会の終了まで参加させていただいた

 6月1日(木)
「平成29年度米沢市LED公衆街路灯設置費補助金制度」申請
 昨日作成した「「平成29年度米沢市LED公衆街路灯設置費補助金制度」申請書を環境生活課へ提出。
 相当の応募があるのか?と、混雑を予想していたが、待ち時間もほとんどなく申請はすんなりと終了。
議員交流会