2017年3月 2017年日記牽引 以前の日記牽引

 3月31日(金)
機関紙の配達
「議会レポート ゆきしろNo.52」の作成
 紙面構成が決まらず苦慮。自分でも嫌になるほど筆が進まない。どうしたものか?

 3月30日(木)
機関紙拡大行動
機関会議資料作成
 2日がかりでようやく資料が完成。A4版で6枚ほど。
機関会議

 3月29日(水)
市政協議会
 緊急に「防災ラジオ(緊急告知ラジオ)の放置報道について」の市政協議会を開催。
 ゲリラ豪雨や地震などいつ起こるか分からない災害への対応が求められる中、米沢市が高齢者や障害者世帯を対象に2015年度中に無料配布するとしていた防災ラジオ900台が、手付かずのまま市内の倉庫に放置されていた。
土地開発公社理事会
 事務局より、平成29年度事業計画、予算、資金計画の提案を受け→協議→承認
機関会議資料作成

 3月28日(火)
「真誠会」役員会
 山形市で行われた表題の会議に出席
機関紙拡大行動
「定数報酬委員会」交流会

 3月27日(月)
機関打合せ
2016年度の政務活動費の収支報告書作成
 ようやく政務活動費の収支報告に添付する各種書類が整い。収支報告書が出来上がった。
「議会レポート ゆきしろNo.52」の作成
 定例会(議会)が終わると、まず「議会だより」の原稿を書き、次いで「ゆきしろ」の作成に入る。しかし、相変わらず筆が進まない。

 3月26日(日)
私用で山形市へ
「議会だより」原稿執筆
 結構な時間を要して、何とかく書き上げた。早速、出来上がった原稿を議会事務局へメールで送る。議会だより145号は5/1発行予定。

 3月25日(土)
機関紙の配達
「議会だより」原稿執筆
 「議会だより第145号」の原稿執筆。筆が進まず苦慮!
 代表質問の時間は1時間30分である。一般質問よりも30分長い。その分、議会だよりの原稿量もわずかに多いのだが、それでも1200字弱である。決められた字数にまとめるのは、結構難しい作業である。
 締め切りは27日である。申し少し時間があるが…。

 3月24日(金)
議会運営員会
議会本会議(最終日)
 議案の採決。 2017年度一般会計予算案、各特別会計予算案、各企業会計予算案、米沢市職員の給与改定(減額を半分にする)などの議案は、すべて原案通り可決となった。
 また、代表監査委員の人事案件(4月から交代)は全会一致で可決。
議会運営委員会
 3月定例会(議会)の運営について協議。
各派代表者会
 当局より「専決処分について」説明を受ける。
産業建設常任委員会打合せ

 3月23日(木)
各種事務整理
 溜まりに溜まった原稿の執筆や各種事務整理。
 「議会だより」、「市民平和クラブの機関紙」の原稿執筆や「政務活動費」の書類作成、そして「議会報告ゆきしろ」の編集(書かなければ)など、しなければならないことが山積している。
 しばらくはPCとのにらめっこが続きそうだ。
議会運営委員会

 3月22日(水)
議会運営員会
 24日の3月定例会(議会)最終日の運営について協議。
 各常任委員会報告、予算特別委員会報告、そして、今回は「市立病院建替特別委員会」の1年間の活動についても委員長報告が行われる。。
2016年度の政務活動費の収支報告書作成
 政務活動費は「米沢市議会議員への政務活動費の交付に関する条例」 により、議員個人へ月23,000円(年276,000円)の交付がある。
 政務活動費は議員の調査研究に必要な経費の一部を交付するものである。当然だが何にでも支出して良いというものではない。米沢市議会のHPでも使途を公表している。

 3月21日(火)
市立病院建替特別委員会
 米沢市医療連携あり方検討委員会の状況等について」報告を受ける。
「米沢市立病院労働組合」学習会
 特別執行委員として表題の学習会に参加。
 市立病院と三友堂病院の一部を再編統合し、地方独立行政法人による新たな病院の設置の可能性について、医療機能、財務状況、制度等の面で検討」が進められるなかで、検討委員会の状況や先進事例などを学習。

 3月20日(月) 春分の日
春彼岸
 今日は彼岸の中日である。連れ合いと親戚の家へ焼香に訪れた。
米沢保線区OB有志の会
 昨年、若くして他界したJRの先輩を偲び関係者がかみのやま温泉に集った。先輩には国鉄入社以来、公私に渡り大変世話になった。

 3月19日(日)
平和街宣
平和街宣  安倍内閣はかつて三度廃案となった「共謀罪」法案を一部手直しし、「テロ等組織犯罪準備罪」法案として今国会に提出する意向だ。
 政府・与党は世論の反発を避けようと、対象犯罪を絞り、条文に「テロ」の文言を盛り込んだが、法案が持つ本質は「共謀罪」と変わらない。
 日本の刑法は、「既遂」処罰を原則としている。しかし、共謀罪は、2人以上の者が、犯罪を行うことを話し合って合意することを処罰対象とする犯罪のこと。具体的な「行為」がないのに話し合っただけで処罰するもの。
 共謀罪は、人と人とのコミュニケーションそのものが犯罪行為となるので、共謀罪を検挙し、立証するためには、通信傍受(盗聴)が有効と考えられることも予想される。

 3月18日(土)
「米沢市立三沢西部小学校」卒業証書授与式
別れの集い
「別れの集い」

卒業祝賀会
「卒業祝賀会」
 我が母校の三沢西部小学校の卒業証書授与式に来賓として臨席。
 今年の卒業生は7名。
 「別れの集い」では、卒業生一人ひとりが将来の夢などについて、自分の気持ちを込めて話す様に“田沢っ子”の立派な成長に大いに感激。また、卒業生による『田沢太鼓』も披露された。胸にずんと来る太鼓の響きに、涙腺がうるうると...。小規模校の良さが随所に出ている素晴らしい卒業式であった。

 卒業式終了後に田沢コミュニティセンターで行われた「卒業祝賀会」にも参加させていただいた。「卒業祝賀会」にも来賓・地区の方々が多く参加され、まさに地区挙げての『卒業の日』である。
 「卒業祝賀会」で、小規模校だからこその田沢っ子の成長などについて祝辞を述べさせていただいた。

 3月17日(金)
予算特別委員会28年度一般会計予算  <特別会計・企業会計・27年度補正予算>
 4項目について質問
マンホールカードの導入について
下水道の「業務継続計画」について
米沢市立病院の療食(給食)食器のについて
市立病院職員の処遇改善について
<コメント>
 「マンホールカード」とは、道路を歩くと目につくマンホールの蓋をカードにしたもの。マンホールの蓋は、全国各地でデザインが違う。
 米沢市は「吾妻シャクナゲ」がデザインされている。マンホールカードのファンが全国急増している。市民からマンホール蓋の独自デザインの提案を受けたり。米沢のA(リンゴ)B(ビーフ・米沢牛)C(カープ・鯉)をマンホール蓋にデザインするなど、下水道への関心を高める効果、そして観光客(マニア)を呼ぶことも可能である。少ない投資で大きな効果が期待できる。
 「マンホールカード」事業を提案。
議会運営委員会
 米沢市街会では、本年6月議会からタブレット端末を使いペーパレス化を進める予定である。そのタブレット端末導入について協議。
機関紙の配達

 3月16日(木)
米沢市立第三中学校卒業式に臨席
 米沢市内の各中学校の卒業式が執り行われた。市議会議員は出身学区の卒業式に臨席する慣行になっている。私は第三中学校の卒業式に出席。
 式が進むにつれて泣き出す生徒が多く、生徒会主催の「明日に飛び立つ集い」が始まると、多くの卒業生が目を潤ませていた。
 「広がる格差」「憲法改悪」「労働者の非正規化」など山積する社会問題。将来に希望の持てる社会にしていかなければ・・・。
今日の出来事更新
 忙しさに感けて、3/6から10日間も更新が滞ってしまった。手帳と記憶を頼りに何とか更新。
機関会議

 3月15日(水)
予算特別委員会 29年度一般会計 <教育費・消防費・歳入>
 3項目について質問
小中学校の消防設備の劣化の対応について
大規模災害に対する「業務継続計画」「助援計画」の策定について
「避難所の運営マニュアル」について
<コメント>
 大規模災害時の「避難所の運営マニュアル」は、夏を想定して作られている。しかし、災害が無雪期だけとは限らない。豪雪地帯の本市においては、積雪期も十分予想される。
 冬の避難を想定したマニュアルが必要である。
産業建設常任委員会
 月曜日の本会議で付託を受けた「米沢市新道の駅新設建築工事請負契約の締結」「米沢市新道の駅新設機械設備工事請負契約の締結」の2議案について審査。
 両議案とも全会一致で可決。

 3月14日(火)
予算特別委員会 29年度一般会計 <農林水産費・商工費・土木費>
予算委員会  4項目について質問
鳥獣被害対策について
ミツバチの大量死の問題について
除雪費計算システムの導入について
除雪車の乗り組み基準等について
<コメント> ミツバチの大量死が全国的に問題になっている。農林水産省は「水稲のカメムシ防除に使用された農薬が原因である可能性が高い」としている。
 国内で大量死したミツバチの死骸を農水省が分析したところ、半数以上から水田で撒かれたネオニコチノイド系農薬が検出された。
 欧州ではネオニコチノイド系農薬(3種)の使用を禁止しているが、日本では実質的な規制はない状態である。
機関会議資料作成

 3月13日(月)
議会本会議
 一般会計、特別会計、企業会計の補正予算の採決。
 市長より、「市職員の給与の取り扱い」「米沢市新道の駅新設建築工事請負契約の締結」「米沢市新道の駅新設機械設備工事請負契約の締結」の追加議案の説明を受ける。
予算特別委員会 29年度一般会計 <民生費・衛生費・労働費>
 4項目について質問
生活保護受給の母子家庭の現状と援助策について
環境保全協力金の地元還元について
産業廃棄物の搬入について
可燃ごみの回収日(祝日)拡大について
<コメント> 生活保護を受けている母子家庭のうち、母親の4人に1人が心身に疾患を抱えている。障害や病気がある母親のうち働いている母親は4.8%に過ぎない。
 子どもの貧困につながらないよう、実態の把握と支援が必要である。
各派代表者会
 議員報酬の取扱い、議会人事改選に係る日程について協議

 3月12日(日)
「東側自治会」総会の準備
 総会終了後の懇親会の買い出しなど
「東側自治会」定期総会
 自治会事務局として決算、予算、事業計画などについての議案を提案。また、役員改選では引き続き事務局を担当することとなった。
 総会終了後の懇親会にも参加。地域の方々とゆっくりと懇親させていただいた。

 3月11日(土)
「東側自治会」総会の準備
 資料の印刷、製本など
「田沢の環境を守る会」総会
 「環境を守る会」では、産業廃棄物処理業者の事業の監視、ならびに地区の環境問題に取り組んでいる。
 産業廃棄物処理業者に対しては、米沢市が実施している春と秋の見学会・意見交換会に多数が参加。
 田沢の環境問題についても、定期的な見学会や意見交換会を実施し、一定の歯止めとなってきた。引き続き監視を強めることを確認。

 3月10日(金)
予算特別委員会 29年度一般会計 <総括質疑、議会費・総務費>
 副市長より予算の概略の説明を受け、いよいよ新年度予算の審議がスタート。予算委員会は本日から17日までの5日間。
 3項目について質問
乗り合いタクシーの受付け時間などについて
「地域おこし協力隊」の活動目的と定住化ついて
山林の「地籍調査」について
<コメント> 乗り合いタクシーは利用する前日の午後4時まで、申し込みしなければならない。また、当日の乗車時間の変更はできないシステムになっている。したがって、病院での診療時間が長引いた場合などは、「乗り合いタクシー」を利用することができない。
 利便性を考えれば、当日の受付時間を延ばし、止むを得ない場合は当日でも乗車時間が変更できるシステムにする必要がある。
 なぜできないのか?委託料が少なく人員的に難しいのか?「機械的システムを導入すると解決できるのか?その予算にいくら必要か?」検討進める必要がある。
市政協議会
  3月定例会提出予定議案(追加)の市職員の給与の取扱い、米沢市新道の駅新設工事請負契約締結の内容について説明を受ける。
 また、@米沢市公共施設等総合管理計画 A地域子育て支援センターなかよしるーむの廃止 B米沢牛の地理的表示(GI)保護制度の登録 C米沢市立病院改革プラン D米沢市立北部小学校煙突石綿飛散状況調査結果の報告を受ける。
「市民平和クラブ」打ち合わせ

 3月9日(木)
産業建設常任委員会
 付託議案の審査。「市有財産(米沢オフィス・アルカディア用地)の処分について」の議案は全会一致で可決。
 委員会終了後の協議会では、3月定例会提出予定議案、米沢牛の地理的表示(GT)保護制度の登録、置賜広域水道料金改定についてなどの報告があった。
機関会議

 3月8日(水)
各種事務整理
発言準備
 10日から始まる新年度の予算審議に備え、予算書を熟考し質問項目を検討。
 普段の予算特別委員会では特に発言時間の制限はないが、3月定例会では会派毎に時間が割り当てられる。
 限られた時間を有効に活用しなければならない。

 3月7日(火)
機関会議資料作成
「東側自治会」総会資料の作成
 土曜日の役員会で協議した内容を与し、総会資料の修正、加筆。

 3月6日(月)
予算特別委員会 補正予算
議会運営委員会
 追加議案の取り扱いについて協議

 3月5日(日)
休暇
 日中は好きなことに没頭。
確定申告書作成
 国税庁のHPの確定申告策定コーナーを利用し、確定申告書を作成。マイナンバー制度が始まって、確定申告にも記入、証明が必要になった。昨年度と変わったためか、作成に妙に時間を要した。

 3月4日(土)
私用で山形市へ
機関紙の配達
東側自治会役員会
 12日に開催する東側自治会総会に向けて、会計監査を実施していただいた。また、役員で協議事項や決算、予算、事業計画などを検討。

 3月3日(金)
今日も完全に聞き役。8名の議員が一般質問を行った。
 今日で代表質問、一般質問は終了。明日は補正予算を審議する予算特別委員会、そして、総務→民生→産業建設常任委員会と続き、その後は新年度予算を審議する予算特別委員が17日まで続く。
「東側自治会」役員会・総会の資料等の作成
 明日の監査、役員会で使う収支計算書、事業報告、会計報告、予算(案)、事業(案)などの資料が何とか完成。

 3月2日(木)
議会本会議 代表質問/一般質問
 今日は完全に聞き役。午前中は昨日に引き続き2会派の代表質問。午後からは一般質問がスタート。
 3月定例会の一般質問の持ち時間は30分(通常の一般質問は1時間)である。今日は5名の議員が一般質問を行った。
市政協議会
 3月定例会提出予定議案(追加)についての説明を受ける。
「東側自治会」事業会計の整理と予算書等の作成
 東側自治会の事務局を担当している。
 自治会の会計年度は、3/1〜翌年の2月末まで。今週末の役員会・監査にむけての会計事務処理。

 3月1日(水)
議会本会議 代表質問


 私の所属する「市民平和クラブ」をはじめ、3会派の代表質問が行われた。3月定例会だけは代表質問という形で、会派の代表者が次年度の市政運営方針について質問を行う。
 市民平和ラブの代表質問では、@市政運営方針等について、A財政健全化計画の見通しについて、B市職員の定員適正化計画と職場環境について、C米沢市公共施設等総合計画の推進について設、D米沢市立病院の将来像についての5点について質問。
 B市職員の定員適正化計画と職場環境についてでは、学校給食現場で“公務災害の増大”の要因とその対策について質したが、十分な回答は得られなかった。学校給食でのアレルギー事故の問題。そして、多発している職員の公務災害にたいして、教育委員会がその要因を把握していないというのはどういうことか?
 いち早く要因を把握し、対策を講じることが何よりも大切と考える。