2016年3月 2016年日記牽引 以前の日記牽引

 3月31日(木) 
「議会レポート ゆきしろNo.50」の作成
 紙面構成が決まらず苦慮。自分でも嫌になるほど筆が進まない。どうしたものか?
各派代表者会
 山形県後期高齢者医療広域連合議会議員の候補者推薦や当面の日程などについて協議。
議員研修会
 議会棟において議長主催の研修会が行われた。
 内容は、「山形大学 人文学部 法経政策学科」『 是川 晴彦』 教授より『地方議会における「議員定数・報酬のあり方」について』の講演。
 『 是川 晴彦』 教授は議員報酬について、「生活給としての議員報酬」の考え方も必要。議員活動をどのように捉え、どのように評価するか。
 議員には議会出席だけでなく、議会への準備、市民等との意見交換、調査、研究活動、自己研鑽などが求められる。
 幅広い層の人たちが、資質を持った人たちが議員になることが望ましい(多様な人たちが議員になっても生活できる)→生活給を基本に考える。
 同感である。そのためには、市民の方々に納得していただくように議員活動の数値化が必要である。

 3月30日(水) 
各種原稿の執筆
 溜まりに溜まった原稿の執筆や各種事務整理。
 「議会報告ゆきしろ」の編集(書かなければ)など、書かなければならない原稿が山積。しばらくはPCとのにらめっこが続きそうだ。
JRの先輩の葬儀に参列
 享年56歳、私よりわずか一つ上である。あまりにも早い死、言葉もない。
 先輩には国鉄入社以来、公私に渡り世話になった。先輩とは、最初の赴任地の長井市今泉で一緒になり、その後の米沢→山形でも共に働いた。読経を聞きながら、先輩との想い出が走馬灯のように蘇った。

 3月29日(火) 
春支度
 昨日に続き、我が家の片付けとなどの春支度。
 ほとんど出番のなかった除雪機械を簡単にメンテナンスし車庫奥に格納。今冬、除雪機械が出動したのは3回ほど。こんな年も珍しいのだが...。
機関紙拡大行動
「議会レポート ゆきしろNo.50」の作成
 定例会(議会)が終わると、まず「議会だより」の原稿を書き、次いで「ゆきしろ」の作成に入る。
 定例議会開催(3、6、9、12月)に合わせ、「ゆきしろ」を発行してきた。今号は節目の50号目である。編集委員の方々の協力を得ながら、何とか13年間続けて発行することができた。
 そして、発行後はできるだけ多くの家庭に持参するように心がけてきた。今後もこのスタイルを続けてい行くつもりである。
 紙面構成が決まらず筆が進まない!

 3月28日(月) 
生活クラブやまがた生活協同組合へ
 「さようなら原発米沢」の事務局長と、生活クラブやまがた生活協同組合へ6月に開催される「さようなら原発米沢」が主催する『原発と憲法』小出裕章講演会の協賛団体としての協力を要請へ。
 専務より即答で快諾をいただいた。
 『原発と憲法』小出裕章講演会は6/11(土)午後2時より、「伝国の杜 置賜文化ホール」で開催。チケットは500円。
*問合せ・申し込み 「米沢地区勤労者福祉協会」  0238−21−5250まで
春支度
 陽射しの強さが増し始め、ようやく春めいてきた。そろそろ春支度を始めてもよいだろう。
 連れ合いと私の車のタイヤ交換と家の周りの片付けなど。

 3月27日(日) 
機関会議出席のため山形市へ
議員インターンシップ SDP


山形市の「霞城セントラル」で開催された議員インターンシップ SDP」を見学。
SDPは議員インターンシップとして活動した学生が、それぞれの課題について報告し合うものだ。
 「我妻徳雄事務所」の二人は「地域ビジネスと環境から考える地域活性化」についての報告である。
 こちらまで緊張が移ってしまうほどに二人は緊張していているようだ。それでも何とか無事活動と課題について報告。
 今日で議員インターンシップとしての活動は全て終了。
 時間の制約もあり、私の活動のほんの入り口程度しか体験してもらえなかったのが少し残念である。
 2人には出来るだけ田沢地区に入って活動にしてもらった。「大学生が田沢に来た」(普段地区になじみのなかった若い人)というだけで、地区の雰囲気ががらりと一変した感じであった。
 過疎で悩む地区の活性化には、「何らかの形で交流人口を増やすことが大事である」と確信が持てた。
 私にとっても、刺激となり、大いに勉強になった2カ月間であった。
「議会だより」原稿執筆
 なかなか要点が絞れず苦労したが、何とかく書き上げた。早速、出来上がった原稿を議会事務局はメールで送る。
 議会だより141号は5/1発行予定。

 3月26日(土) 
「議会だより」原稿執筆
 「議会だより第141号」の原稿執筆。筆が進まず苦慮!
 代表質問の原稿は、一般質問の原稿よりも少し長いが、それでも1200字弱である。1時間30分の質問をこの字数にまとめるのは結構難しい作業である。
 締め切りは28日である。申し少し時間があるが…。
議員インターンシップ「田沢地区発表会」
田沢発表会  田沢コミュニティセンターで、議員インターンシップ「田沢地区発表会」を開催。
 田沢コミュニティセンター関係の方々が20名ほど集まってくださった。
 議員インターンシップとして、研究課題こをパワーポイントにまとめ各々が10分ほど発表。二人ともとにかく一生懸命の発表であった。
 発表会終了後に懇親会を開催。
 こちらも大いに盛り上がった。

 3月25日(金) 
「新文化複合施設」を見学
 議会として、ほぼ完成した「新文化複合施設」を見学。
 施設の設計を担当して山下設計事務所が、建物のコンセプトや使い方などについて直接説明してくださった。
 建物の中に入るとワクワクしてくるような感じのする施設である。特に2階の図書館部分から5階まで吹き抜けになり、3階から5階の窓際には、貴重書の書棚が並ぶ。
 30万冊の本が並ぶと、どんな雰囲気が作られるのだろうか?想像しただけでワクワクしてくる。7月の開館が待ち遠しいい
土地開発公社理事会
 事務局より、平成28年度事業計画、予算、資金計画の提案を受け→協議→承認
第2回米沢市市営住宅入居者選考委員会
 市営住宅入居者選考委員は、産業建設常任委員会副委員長としての宛て職となっている。
 公募結果や3月定例会で改正となった「市営住宅連帯保証人」の制度などについて説明を受ける。
 現行制度では、連帯保証人を米沢在住の方2名たてることとなっているが、それを米沢在住にこだわらないこと、そして1名でも良いことなどに変更。

 3月24日(木) 
議会運営委員会
 本日の本会議の運営の一部変更について協議。
議会本会議(最終日)
 議案の採決。追加議案となった副市長、教育長の人事案件は全会一致で可決。
 空席であった副市長には、農林水産省の「井戸将悟」氏。退任する原教育長の後任に「大河原真樹」氏を任命することに同意。
 2016年度一般会計予算案、各特別会計予算案、各企業会計予算案などの議案19件は、すべて原案通り可決となった。
 また、「安全保障関連法を廃止することを国に求める意見書の提出方請願」、「奨学金制度の充実と教育費負担の軽減を求める意見書提出方請願」は、賛成少数で不採択となった。
 また、
 市民の声は届いているのか?大いに残念である。
議会運営委員会
会派代表者
結いのき(たくろう所)へ
 理事の方とイベントの開催について打ち合わせ。

 3月23日(水) 
2015年度の政務活動費の収支報告書作成
 政務活動費は「米沢市議会議員への政務活動費の交付に関する条例」 により、議員個人へ月23,000円(年276,000円)の交付がある。
 政務活動費は議員の調査研究に必要な経費の一部を交付するものである。当然だが何にでも支出して良いというものではない。
 米沢市議会は山形県内各市のなかで、政務活動費の透明度No1である。米沢市議会のHPでも使途などを公表している。
議員インターンシップ
 26日に田沢コミュニティセンターでインターン生の発表会を開催する。その資料作成のアドバイス。
 発表会には田沢コミュニティセンター役員、関係者など20名以上の方が参加してくださる予定。2人とも、パワーポイントのスライドで15枚ほどである。発表は、各々10分を予定。
 さて、どうなるか?少し心配→そして、大いに楽しみである!

 3月22日(火) 
議会運営委員会
 24日の3月定例会(議会)最終日の運営について協議。
 各常任委員会報告、予算特別委員会報告、そして、今回は「市立病院建替特別委員会」の1年間の活動についても委員長報告が行われる。
各種事務整理
 溜まりに溜まった原稿の執筆や各種事務整理。
 「議会だより」、「市民平和クラブの機関紙」の原稿執筆や「政務調査費」の書類作成、そして「議会報告ゆきしろ」の編集(書かなければ)など、しなければならないことが山積している
 しばらくはPCとのにらめっこが続きそうだ。

 3月21日(月) 振替休日
議員インターンシップ
ボランティア山形  インターン生2人と生活クラブやまがた生活協同組合「結いのき」を訪れ、ボランティア山形の井上代表から、1995年1月に発生した「阪神淡路大震災」でのボランティア活動。
 そして、「東日本大震災」でのボランティアの受け入れ、そして活動のコーディネーターとしての活動などについての経験を話していただいた。
 また、「自助」「共助」「公助」についての考え方などについても話をしていただいた。
議員インターンシップU
 午後は26日に発表する課題についてパワーポイントを作成。
 発表は
@ お金に変えられない森林の役割 「山形の森林問題とその解決策」
A 田沢から発信 「新たな地域ビジネス」
機関紙の配達

 3月20日(日) 秋分の日
春彼岸
 今日は彼岸の中日である。連れ合いと親戚の家へ焼香に訪れた。

 3月19日(土) 
議員インターンシップ
インターン生  26日に田沢コミュニティセンターでインターン生の発表会を開催する。
 その資料作成のため、インターン生2人と田沢地区を散策。

←「道の駅 田沢」の草木塔の前で記念写真
田沢コミュニティセンター歓送迎会
コミセン送別会  田沢コミュニティセンターに9年間勤めた職員が今月いっぱいで退職することとなった。
 地区の関係者が多く集まり、新たな旅立ちの送別の宴の席が催された。
 参加者が多くその人柄がしのばれる。大変お疲れ様でした。 

 3月18日(金) 
「米沢市立三沢西部小学校」卒業証書授与式
卒業生見送り  米沢市内の各小学校の卒業式が執り行われた。市議会議員は出身学区の卒業式に臨席する慣行になっている。
 私は母校の三沢西部小学校の卒業証書授与式に来賓として臨席。
 「別れの集い」では、卒業生一人ひとりが将来の夢などについて、自分の気持ちを込めて話す様に“田沢っ子”の立派な成長に大いに感激。また、卒業生による『田沢太鼓』も披露された。小規模校の良さが随所に出ている素晴らしい卒業式であった。
スリッパで演奏  卒業式終了後に田沢コミュニティセンターで行われた「卒業祝賀会」「謝恩会」にも参加させていただいた。
 保護者によるアトラクションの「スリッパでの田沢太鼓」は、大変良い出来栄えで、ただただ感心。聞けば、2月の半ばから週1回のペースで練習を積んできたとのこと。

 3月17日(木) 
市立病院建替特別委員会
 当局より「精神科の休止により新病院建設に向けて計画策定のやり直しが必要」との報告があり、委員会としても当面その推移を見守ることとなった。
 そのため、月1回のペースで開いてきた委員会を定例会ごと(3カ月ごと)に開催することに
議員研修会
 議長主催で「山形大学大学院 医学系研究科生命環境医科学専攻 医療政策学講座」の『村上 正泰教授』を議会に招き、「置賜地域における病院経営について〜米沢市立病院の将来を考える〜」の話を聞かせていただいた。
 2次医療圏(置賜地方)、そして米沢の患者数等の将来像について、詳細な数値で報告をいただいた。
「市立病院建替特別委員会」打合せ
 3月定例会では、特別委員会の1年の活動等を報告をする。その内容等について委員で検討。
「米沢を良くする会」との意見交換会
 議会基本条例に基づき開催されたものだが...。
広報広聴委員会
 議会基本条例の運営規定と意見交換会について協議
市民平和クラブ交流会

 3月16日(水) 
米沢市立第三中学校卒業式に臨席
 明日に飛び立つ集い
明日に飛び立つ集い
 米沢市内の各中学校の卒業式が執り行われた。市議会議員は出身学区の卒業式に臨席する慣行になっている。私は第三中学校の卒業式に出席。
 生徒会主催の「明日に飛び立つ集い」では、多くの卒業生が目を潤ませていた。「本当に良い中学校生活を送ったんだ。」と、思わずうれしくなった。
 心に残る感動の卒業式だった。
 「広がる格差」「憲法改悪」「労働者の非正規化」など山積する社会問題。将来に希望の持てる社会にしていかなければ・・・。
機関会議資料作成
機関会議

 3月15日(火) 
全員協議会
 市立病院精神科の民間委譲の新聞報道について、市長より真意を聞くために、急遽全員協議会を開催。
 市立病院精神科の民間委譲について全く議会に話がないなかで、市長取材の記事が新聞に掲載された。精神科の存続については、3月定例会でも請願が出されるなど、市民が注目する大変な問題である。それが、突然のマスコミ先行での発表である。本来ならば民生常任委員会等で報告、そして議論があり、マスコミ報道となる。
 先の代表質問でも取り上げたが「上杉城下町マラソン」を従来の形に戻す件についても、議会に話がなく、いきなりの新聞報道であった。そもそも 「上杉城下町マラソン」は、議会でも様々な場で議論され、昨年ようやく実施となった。それがわずか1回で、市民や議会にも相談の無いままの変更である。
 市長の議会軽視と言わざるを得ない。
 2元代表制は、市長が政策を企画・立案し、議会が議論・承認して方向性を決める仕組みである。議会に対してきちんと説明が必要なのである!
各派代表者会
予算特別委員会
28年度一般会計予算  <特別会計・企業会計・27年度補正予算>
 1項目について質問
市立病院職員の処遇改善について
 質問は複数準備指定ののだが、質問時間の関係で1項目だけとなった。

 3月14日(月) 
予算特別委員会 28年度一般会計 <教育費・消防費・歳入>
 4項目について質問
北部小学校給食室の建て替えについて
小中学校の消防設備の劣化の対応について
学校司書の配置について
小学校プールの補修計画等について
<コメント>
 「学校司書」は、国の法改正により4月から配置を自治体の努力義務としている。国は小中学校学校司書を置いてもらおうと、2012年度から毎年150億円を市町村に交付している。おおむね毎年、週30時間働く職員を2校に1人置ける計算である。
 学校司書が配置された先進自治体の例をみると、本の貸出数が1.5倍以上に増え、「子供が本に親しむようになり、学力の向上につながる」などの成果が出ている。
 現在、本市は県の予算で1名配置している。新図書館が7月に完成し、その効果的な活用のために、学校図書館との連携も必要である。その役割が学校司書の仕事でもある。
 新図書館の積極的な活用のためにも、増員が必要である。
松元ヒロさんの「爆笑ひとり語りライブ」の後仕事
 音響設備の使用料、会場費などの支払いや、ご協力いただいた方々へのお礼など。

 3月13日(日) 
機関紙の配達
「東側自治会」定期総会
 自治会事務局として決算、予算、事業計画、などの議案を提案。総会は約1時間30分で終了。その後、懇親会にも少しだけ参加し、下段の祝賀会に移動。
鈴木新一氏「瑞宝双光章」受賞記念祝賀会
鈴木氏ご夫妻 アトラクション  元消防長の「鈴木新一」氏が昨年の秋に、「瑞宝双光章」の栄に浴された。
 その受賞を祝し、消防関係、地元三沢地区の方々など多くの方々が参列し、盛大に祝賀会が開催された。
 「鈴木新一」氏とは、現職時代から懇意に付き合いをさせていただいている。

 3月12日(土) 
松元ヒロさんの「爆笑ひとり語りライブ」の準備
ライブ準備  「護憲ネット21米沢」の事務局として、公演の総括的責任者を担当。
 松元ヒロさんを米沢駅に迎えに行き会場まで案内。
 その後、松元さんと会場の照明、音響についての打ち合わせ→リハーサル。
 ほぼぶっつけ本番で→公演へ
松元ヒロさんの「爆笑ひとり語りライブ」
ヒロさん登場 ヒロさんライブ会場 うた声
 松元ヒロさんの「爆笑ひとり語りライブ」に約170人の方がおいでくださった。
 約90分間、ほぼ笑いっぱなし。政治家などの時事ネタを繰り出して爆笑の舞台を展開。楽しく、そして考えさせられるライブであった。

 3月11日(金) 
各派代表者
予算特別委員会 28年度一般会計 <農林水産費・商工費・土木費>
予算委員会質問  3項目について質問
学校給食の地産地消の進め方
砂防ダムのスリット化について
サル被害対策について
「今日の出来事」更新
 先週の土曜日から今日まで1週間分もまとめて更新することに。
 今週は「松元ヒロ 爆笑ひとり語りライブ」の準備、予算委員会の発言準備、各種会議の準備と会議でほぼ分刻みのハードスケジュール。
 「今日の出来事」の更新する時間もままならず...。
 ようやく少し時間と気持ちに余裕が出て、何とか更新!

 3月10日(木) 
議会本会議
 一般会計、特別会計、企業会計の補正予算の採決。
 市長より追加議案@市職員の給与取扱い、A八幡原中核工業団地への企業の立地、B米沢ブランド戦略事業、C年金生活者等支援臨時福祉給付金事業、D保育所等の利用者負担軽減に係るシステム改修経費についての説明を受ける。
予算特別委員会 28年度一般会計 <民生費・衛生費・労働費>
 4項目について質問
環境保全協力金の地元還元について
可燃ごみの回収日(祝日)拡大について
千代田クリーンセンターへの一般ゴミ搬入手数料の値上げについて
「過労死等防止対策推進法」施行後の現状について
「松元ヒロ 爆笑ひとり語りライブ」の準備

 3月9日(水) 
予算特別委員会 28年度一般会計 <総括質疑、議会費・総務費>
 総務部長より予算の概略の説明を受け、いよいよ新年度予算の審議がスタート。予算委員会は本日から15日までの5日間。
 3項目について質問
中心市街地の活性化策について
公衆Wi-Fiの増設について
職員の適正化の数値化について
市政協議会
 予算特別委員会終了後に市政協議会を開催。
 当局より3月定例会に追加する@市職員の給与取扱い、A八幡原中核工業団地への企業の立地、B米沢ブランド戦略事業、C年金生活者等支援臨時福祉給付金事業、D保育所等の利用者負担軽減に係るシステム改修経費について、並びに米沢市建築物耐震改修促進計画(定案)に係るパブリック・コメン、「愛の商品券2015秋」実施状況などについて説明を受ける。
田沢コミュニティセンター管理運営委員会
 表題の委員会に「田沢コミュニティセンター建設委員会」委員長として出席。
 建設委員会として約1年間かけて検討した「田沢コミュニティセンター建替えに対する考えと方向性についての最終案」を報告。

 3月8日(火) 
産業建設常任委員会
●3月定例会(議会)付託議案、陳情の審査。
 付託議案3件は、全会一致で可決。
 米沢を良くする会から提出された「新文化複合施設の工期遅延に伴う損害金請求の件」は、賛成少数で不採択となった。
●委員会協議会
 3月定例会提出予定議案(追加)、 「愛の商品券2015秋」の実施状況、第3期米沢市観光振興計画(案)パブリック・コメントの実施結果などについて説明を受ける。
予算委員会質問項目の検討
 昨日、インターン生2人に「米沢の改善点、気になる点」をそれぞれ10項目考えてきてほしいと課題を提供。
 2人ともきちんと10項目考えてきてくれた。内容について報告を受け、3人で議論。
 @公衆Wi-Fiの設置、A冬期間の歩行の確保(消雪道路が水で歩くの大変)、B循環バスの新幹線乗り継ぎ、Cゴミの回収方法などについて、明日からの予算委員会で質問することに...。
「松元ヒロ 爆笑ひとり語りライブ」の準備

 3月7日(月) 
「議会レポート ゆきしろNo.49」の家庭配布
昆虫館  午前中はインターン生2名と三沢地区の家庭に「ゆきしろNo.49」を届けた。
 訪問先の家庭では、大学生が同行しているので...???。議員インターンシップとして活動をしていることなどを説明。

←三沢コミセンと併設されている「昆虫館」を見学・訪問。専門員の方よりインターン生に丁寧な説明をいただいた。
インターン生の課題の整理
 インターン生二人は、それぞれ課題をもっと私と活動している。
 一人は「田沢地区活性化策の提案」、具体的には徳島県の上勝町の葉っぱビジネスに学ぶ、そしてフットパス(歩くことを楽しむための道)の作成・提案である。
 もう一人は「森林資源の有効活用(地域からの産業育成)」である。具体的なナラ、マツ枯れ対策、そして森の役割の確認、重要さ地域に提案する予定である。
 二人ともそとう勉強したようで、資料はだいぶ出そろった。後はどのような提案するかだが?これがなかなか難しい。
機関会議資料作成
 夕方の会議の資料を急ぎ作成。まさに自転車操業!
機関会議

 3月6日(日) 
夏の参議院選挙に向けて関係団体で打ち合わせ
発言準備
 9日から始まる新年度の予算審議に備え、予算書を熟考し質問項目を検討。
 普段の予算特別委員会では特に発言時間の制限はないが、3月定例会では会派毎に時間が割り当てられる。
 限られた時間を有効に活用しなければならない。
「松元ヒロ 爆笑ひとり語りライブ」の準備

 3月5日(土) 
現場調査&町内会打合せ
 知人より市道認定についての相談を受け現場調査。その後に町内会の人に集まっていただき市道認定の概要と進め方について打ち合わせ。
東側自治会役員会
 13日に開催する東側自治会総会に向けて、会計監査を実施していただいた。また、今年度の事業報告、決算報告、そして、新年度の予算、事業計画などについて役員で検討。

 3月4日(金) 
総務文教常任委員会
 総務常任委員会に「安全保障関連法を廃止することを国に求める」意見書の提出方請願の紹介議員として出席。
 この請願は、昨年の9月に成立した集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法」を、廃止することを求める」ものである。
 国民の6割の方が反対し、8割の方は国会での説明不足を訴え、多くの憲法学者が憲法違反、または違反の疑いがあると指摘た法案である。そして、政府与党が数の力で、昨年の9月に強行採決した法案である。
 採決の結果は不採択。
 賛成と反対が真っ向から議論する展開であった。多様な考えや立場があるからこその議会なのだが、なぜその判断なのか?私には、その真意が伝わってこなかった。
 もっと住民目線で、掘り下げた議論がほしかった!
 どうして???残念である。
機関紙の配達
労働組合訪問
 3/12開催の「松本ヒロ」氏の公演会の成功に向けて労働組合へ再度の要請。

 3月3日(木) 
予算特別委員会
議会運営委員会
 追加議案の取り扱いについて協議
◆   市民平和クラブ打ち合わせ
 3月定例会(議会)上程議案・請願の検討・協議。

 3月2日(水) 
議会本会議 一般質問
 今日も完全に聞き役。9名の議員が質問を行った。3月議会の一般質問は、持ち時間が30分(通常の一般質問は1時間)である。
 今日で代表質問、一般質問は終了。明日は補正予算を審議する予算特別委員会、そして、総務→民生→産業建設常任委員会と続き、その後は新年度予算を審議する予算特別委員が15日まで続く。
会派代表者会
 人事案件、3月定例会(議会)に提出される追加議案などについての説明と協議。

 3月1日(火) 
議会本会議 代表質問・一般質問
 今日は、完全に聞き役。「公明クラブ」「日本共産党市議団」の2会派の代表質問に続き、5名の一般質問が行われた。
 3月定例会だけは代表質問という形で、会派の代表者が市政全般について質問を行う。
 我が会派を含めて現在の米沢市議会は5会派である。代表質問の質問時間は6名以上が2時間、5名以下が1時間30分である。
「護憲ネット21米沢」打ち合わせ
 3/12開催の「松本ヒロ」氏の公演会の運営の詳細ついて事務局で打ち合わせ