2015年12月 2015年日記牽引 以前の日記牽引

 12月31日(木) 大晦日
東側自治会の新年会の準備
 私は東側自治会の事務局(会計)を担当している。行事の準備は事務局の担当である。顔合わせ会の買い出しなどの準備を行った。
 田沢地区の各地域では、1月1日に「新春の顔合わせ会」が開催される。地区選出議員として、4地域の顔合わせ会へ挨拶に参上する予定。
2015年が終わった
 多くの方々にご支援をいただいていることに、心より感謝申し上げます。
 4月の米沢市議会議員選挙では、厳しい状況の中、多くの方々の支援をいただき当選を果たすことができました。早速、6、9月定例会(議会)では、選挙で訴えてきたことを中心に一般質問を行いました。
 また、各種委員会等でも、市民の立場で様々な問題・課題に対して提案・提言(「議会発言」の項参照)を行いました。
 米沢市議会議員として、今年も活動のすべてを「今日の出来事」として毎日公開しました。また、各種委員会において、市民要望や環境保護、労働問題などについて、積極的に提案・提言を行いました。
 2016年も身近な議員として全力で走り続けます。
 ご支援、ご指導、ご鞭撻のほどをお願い申しあげます。
我妻 徳雄(わがつま とくお)

 12月30日(水)
「生活クラブやまがた生活協同組合」年末即売会
 連れ合いと「生活クラブやまがた生活協同組合」の年末即売会へ。
 地元の生産者が直接販売する企画で、会場は大盛況であった。我が家も野菜や数の子、チーズなど年末年始用の食材を購入。
つり人社「渓流2016春」の原稿執筆
 締め切りを大幅に過ぎてしまったが、ようやく4000字の原稿をほぼ書き上げた。出来上がった原稿を編集部へメールで送る。

 12月29日(火)
我が家の大掃除
 人並みに我が家も連れ合いと大掃除。
つり人社「渓流2016春」の原稿執筆
 何とかめどが立ってきた。あと一頑張り!

 12月28日(月)
教育委員会へ
 教育管理部長、社会教育・体育課長より教育施設建設の方向性についてレクチャーを受ける。
つり人社「渓流2016春」の原稿執筆
 締め切りは今日なのだが、筆が進まず悪戦苦闘。編集部に泣きつき、締め切りを今年いっぱいに...。とにかく頑張るしかない!
「田沢コミュニティセンター」御用納め
「田沢コミュニティセンター」御用納めに参加させていただいた。管理運営委員、推進委員、職員の方々が参加され盛会な御用納めであった。

 12月27日(日)
つり人社「渓流2016春」の原稿執筆
 「渓流2016春」に掲載の“寒河江川のヤマメ釣り”の原稿を執筆。それにしてもかけない。締め切りは明日である。何とかしなければ...。
 まだ、「渓流2016春」の原稿を書き上げていないいないというのに、「月刊つり人3月号」の原稿の依頼が届く。
 正月気分を味わうどころではなさそうだ!!!

 12月26日(土)
小野川スキー場 安全祈願祭
小野川スキー場  地元選出議員として小野川スキー場の安全祈願祭に出席。
 地元関係者や体協役員、スポ小役員などが参列し、盛大に開催された。
 今シーズンは、降雪が少なくまだ滑走ができない。雪が待ち遠しいところである。
機関紙の配達
党事務所の大掃除

 12月25日(金)
「田沢自彊会」へ
 「置賜自給圏推進機構」で進めようとしている、再生可能エネルギー&森林利用ついて田沢自彊会へ協力を要請。
「中川市長」へ要請
 「議会定数・報酬検討委員会」として、中川市長に『議員活動』の記録を付けていただくように要請。市長より快諾をいただいた。
 これで、市長と議員の活動比較ができることとなる。
「米沢9条の会」運営員会
 当面の活動などについて協議

 12月24日(木)
機関資料作成
「市民平和クラブ」勉強会
 『マイナンバー制度』について市民課、総合政策課からレクチャーを受ける。
 2016年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きでマイナンバーの利用がはじまる。
 「マイナンバー制度は、行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤」(総務省HPより引用)となっているが...。
 当初は行政機関のみでの利用だが、徐々に民間の取引でも活用が拡大されていく。個人情報の流出の懸念などの問題がある。

 12月23日(水)
つり人社「渓流2016春」の原稿執筆
 「渓流2016春」に掲載の“寒河江川のヤマメ釣り”の原稿を執筆。締め切りも迫っている。しかし、 終日パソコンに向かってはみたものの、書き出しが決まらずほとんど書けず!
 「議会レポート ゆきしろNo.49」も急ぎ作らなければならない。
 気持ちは急くばかり...。

 12月22日(火)
定数報酬委員会
 定数、報酬について全国の類似団体(人口8万5000人規模)並びに山形県内市との比較検討。
「議員インターンシップ」
 大学生の「議員インターンシップ」の受け入れについて、事務局(担当)と打ち合わせ
釣り仲間との忘年会

 12月21日(月)
議会本会議(最終日)
 各議案の採決。議案はすべて原案通りに可決
 本日で退任する安部市長に対し議会として、「安部三十郎市長の退任に伴う表敬決議」の特別決議を全会一致で採択。
市政協議会
 12/16に「病院建替特別委員会」で報告のあった米沢市立病院の新年度からの閉鎖について、改めて市政協議会を開催し全議員に対して、病院事業管理者(病院長)より報告があった。
広報広聴委員会
市民平和クラブ交流会

 12月20日(日)
各種事務整理
田沢地区委員会忘年会
 田沢コミュニティセンターで行われた田沢地区委員会の忘年会に地元選出議員とし参加。

 12月19日(土)
2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」街宣活動
 街宣車で表題の街宣活動
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
 憲法違反の戦争法(安全保障関連法)が、安倍自公政権のもと、大多数の世論を踏みにじり、国会内の多数の横暴で「成立」させられました。
 戦争法は、政府のこれまでの憲法解釈を180度転換した閣議決定(2014年7月1日)にもとづくもので、平和主義、立憲主義、民主主義を破壊するものであり、絶対に許せません。「戦争法は廃止せよ」の声は国内外に満ちています。
 戦争法を廃止するために、総がかり行動実行委員会は一緒に活動してきた諸団体とともに、「戦争法の廃止を求める統一署名」を2000万人以上集めることを呼びかけます。この2000万署名運動は、みなさんお一人ひとりのご協力がなければ成功しません。それぞれの知人・友人、地域、職場、学園などでの積極的な署名呼びかけをよろしくお願いします。
 署名の目標は2000万人以上です。ただちに取り組みましょう 
 署名にただちに取り組みましょう。
 全国の地域・街頭、職場、学園などいたるところ、草の根で、対話を重ね、署名を集める団体、個人をひろげ、「取り扱い団体」をどんどん増やし、力を合わせ、対話を重ね、20000万人以上の署名を実現しましょう。なお、請願には年齢制限はなく、定住外国人も請願できますし、非定住もネット署名は可能です。積極的に声をかけていきましょう。
 集約日は、2016年4月25日とします。5月3日憲法集会での発表をめざし、それまでの半年間に2000万人以上の署名を集めましょう。
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会HPより 

 12月18日(金)
雪化粧
雪化粧  木々に雪の花が咲いて、きれいな雪化粧の朝を迎えた。このくらいならば奇麗なものだが...、
 本格的な降雪・積雪も近いだろう。

←我が家近くの上屋敷橋から撮影。
産業建設常任委員会 打ち合わせ
 10月に実施した「米沢市議会 第4回 議会報告会・意見交換会」で、「産業建設委員会」に関する意見等のとりまとめ。
機関資料作成
 来春の旗開きの案内など
機関紙の配達

 12月17日(木)
議会運営委員会
 定例会(議会)最終日(21日)の運営について協議。
広報広聴委員会
 「議会報告部会」「企画政策部会」「情報部会」の各部会より報告を受け、今後の進め方などについて協議。
機関資料作成
土地開発公社理事会
 特別損出、補正予算について審議。
米沢市立病院労働組合大忘年会
市病忘年会1 市病忘年会2  組合推薦議員および特別執行委員として挨拶をさせていただいた。
 挨拶では、医師の確保と看護職部の労働条件改善について話をさせていただいた。
 大いに盛り上がり楽しませていただいた。

 12月16日(水)
市立病院建替特別委員会
 病院事業管理者(病院長)より、市立病院の神経・精神科について、常勤医師の確保が難しいため新年度からの閉鎖を念頭に、患者に対し転院などを要請しているとの報告があった。
 神経・精神科の常勤医師は山形大医学部から3人の派遣を受けている。内2名の医師が自己都合により来年3月末に退職予定。代替医師の派遣を同大側に打診したが、精神科の医師が不足のため、困難とのこと。また、東北大学、福島大学にも相談したが、派遣は難しいとの報告であった。
 現在、精神科はのベット数は70床だが、入院患者数は32人。外来患者は1500人超(14日現在)との報告であった。
 また、老朽化に伴い現在策定中の市立病院建替え基本計画については「練り直しが必要」との方針が示された。
 大変な事態である。何とか存続に向けて策はないだろうか?
市立病院建替特別委員会 打ち合わせ
 10月に実施した「米沢市議会 第4回 議会報告会・意見交換会」で、「米沢市立病院建替特別委員会」に関する意見等のとりまとめ。
機関会議資料作成

 12月15日(火)
「市民平和クラブ」打ち合わせ
 12/21で退任する安部市長に対し、議会として「安部三十郎市長の退任に伴う表敬決議」を行うこととなった。その内容について会派で協議。
 また、各委員会での議論などについても報告、そして意見交換。
予算特別委員会
 付託議案の審査を行った。議案は総て全会一致で可決。
各派代表者会
 「安部三十郎市長の退任に伴う表敬決議」の内容について協議。
「護憲ネット21米沢」理事会
 理事の方に集まっていただき「護憲ネット21米沢」の活動再開に向けての協議をしていただいた。
 また、 再開にむけて、2016年3月12日に芸人の『松元ヒロ』氏を迎えての公演会の実施についても承認していただいた。いよいよ、本格的始動である!

 12月14日(月)
産業建設常任委員会
 「アクティー米沢の指定管理者の指定」、「道路管理瑕疵による負傷事故に基づき生じた損害賠償の額の決定及び和解」「米沢市家屋等の安全管理に関する条例の一部改正」、「米沢市水道事業等の設置等に関する条例等の一部改正」など7議案を審議。
「アクティー米沢の指定管理者の指定」など指定管理者の指定に関するものが4議案あった。まず、公募に応じる業者が複数あったのは1案件のみ、他は1業者(単独)のみであった。
 また、指定にあたっては点数よって決定されるのだが、いずれの案件、業者とも指定管理料の部分では、点数が0点であった。
 これは、米沢市の予定額が安すぎるためではないか?と指摘。特に人件費にあたっては、米沢市の嘱託・臨時職員(年収で約180万円)をベースに積算している。
 これは、完全な『管制ワーキングプア』である!
「道路管理瑕疵による負傷事故に基づき生じた損害賠償の額の決定及び和解」では、市の道路パトロール体制について質した。本市では市道全線を約1カ月のスパンで実施している。問題は人員である。
 パトロールは車で1名で実施しているとのことである。これでは???。改めて、パトロールマニアル作成と1人体制の見直しを求めた。行き過ぎた合理化は、市民サービスの低下を招く!典型である。
「米沢市家屋等の安全管理に関する条例の一部改正」では、危険な状態になっている住宅の除却費用の8割(最大120万円)を市が補助する制度(米沢市不良住宅除却促進事業費補助金制度)がある。しかし、この制度で補助を受けようとするならば、市民税所得割が非課税の世帯に属する方などの制約が厳しく、しかも自己負担額が大きいことから改善を求める声が強い。
 また、H24年以降、全市の空き家等の調査をしていないことから、改めて全市の調査の実施し、空き家の利用、そして、危険家屋の早急な解体を要望。
 議案は全て全議員異議なく可決。
「護憲ネット21米沢」
 事務局として明日開催する理事会の資料作成。相変わらずの自転車操業...。。。

 12月13日(日)
機関会議出席のため山形市へ

 12月12日(土)
機関会議
憲法25、26、27、28条についての学習会
 半日の時間を掛けての徹底した学習会である。
・憲法25条:生存権の保障
・憲法26条:教育を受ける権利および義務教育について
・憲法27条:すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う
・憲法28条:勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利
 日本国憲法前文には、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3大原則が記されている。
 憲法は国の最高法規であって、国の根幹。時代の要請や情勢の変化が生じているからと言って、一内閣の判断で変えるべきものではない。
 日本の立憲主義がまさに危機に瀕している。

 12月11日(金)
民生常任委員会 傍聴
 市立病院の一般病床27床削減の議案についてでは、当局から来年に『地域包括ケア病床』設置するために削減するとの方向性が新たに示された。
 この議案のついて、議会運営員会、民生常任委員協議会、市政協議会で事前に説明があったが、『地域包括ケア病床』設置については、全く説明がなかった。どうして説明がなかったのか?説明できない理由はないはずである。議会の議論をどう考えているのか?議会軽視も甚だしい!
機関会議資料作成
機関紙の配達
米沢未来会議
 「米沢未来会議」は議会有志で作っている組織である。
 今日は山形県健康福祉部医療統括監を迎え「地域医療構想について」の勉強会を実施。
 国は、いわゆる「団塊の世代」の方々が全て75歳以上となり、高齢化が一段と進行する2025年を見据え、「病床の機能分化・連携」、「在宅医療・介護の推進」、「医師・看護師等の医療従事者の確保・勤務環境の改善」、「地域包括ケアシステムの構築」といった、「医療・介護サービスの提供体制の改革」を進めている。
 地域医療構想は、2025年に向け、病床の機能分化・連携を進めるために、医療機能ごとに2025年の医療需要と病床の必要性を推計し、定めるもの。
 高度急性期・急性期・回復期・慢性期の4機能ごとに、2次医療圏単位で推計するものだ。

 12月10日(木)
冬支度
 午前中は家の周りの片付けなどの雑用。
「護憲ネット21米沢」
 「護憲ネット21米沢」の活動再開に向けて関係者と協議。
 再開にむけて、まずは2016年3月12日に芸人の『松元ヒロ』氏を迎え、公演会を開催する。そして、本格的に活動を再開する予定である。
「学習部会」
 今週の12/12(土)に学習会が開催される。学習会は部員が勉強した内容をまもめ発表する形で進める予定。
 私の担当は『労働法制の空洞化』である。
 憲法28条「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。」
 戦後、憲法28条を元に労働法制が整備された。しかし、高度成長期を経て、徐々に労働法制の空洞化が進められてきた。労働基準法違反には、刑事罰を含む罰則があるにもかかわらず、それは使われず、「是正すれば」それで良いことになっている。
 例えば、国家的不当労働行為と言われた国鉄闘争では、不当労働行為が認定されたのに「JR経営者は、誰一人として責任を取っていない」のである。
 多くの地方労働委員会、そして中央労働委員会で、不当労働行為の事実が認められているのにである。

 12月10日(木)
冬支度
 午前中は家の周りの片付けなどの雑用。
「護憲ネット21米沢」
 「護憲ネット21米沢」の活動再開に向けて関係者と協議。
 再開にむけて、まずは2016年3月12日に芸人の『松元ヒロ』氏を迎え、公演会を開催する。そして、本格的に活動を再開する予定である。
「学習部会」
 今週の12/12(土)に学習会が開催される。学習会は部員が勉強した内容をまもめ発表する形で進める予定。
 私の担当は『労働法制の空洞化」である。
 憲法28条「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。」
 戦後、憲法28条を元に労働法制が整備された。しかし、高度成長期を経て、徐々に労働法制の空洞化が進められてきた。労働基準法違反には、刑事罰を含む罰則があるにもかかわらず、それは使われず、「是正すれば」それで良いことになっている。
 例えば、国家的不当労働行為と言われた国鉄闘争では、不当労働行為が認定されたのに「JR経営者は、誰一人として責任を取っていない」のである。
 多くの地方労働委員会、そして中央労働委員会で、不当労働行為の事実が認められているのにである。

 12月9日(水)
市政協議会
 当局より12月定例会(議会)への追加議案の説明を受ける。追加議案は一般会計補正予算案の1件。
各派代表者会
 米沢市議会では、市長が交代する場合に議会で決議を行い感謝等の気持ちを表すのが恒例となっている。長市長の交代の時には「感謝決議」として、高橋市長の交代の時には「表敬決議」として、12月定例会最終日に決議している。
 今回の安部市長の交代時にも、決議をする方向で調整に入った。
広報広聴委員会 全体会
 「議会報告・意見交換会」の意見の集約の仕方→政策提言に向けての方向性などについて全体で協議。
 前回までのやり方と違うので、議員間で混乱気味。調整が必要である。
米沢地区平和センター 幹事会
 今年度から平和センター推薦議員が特別幹事に就任することとなった。特別幹事として第1回目の幹事会に出席。

 12月8日(火)
議会運営員会
 12月定例会(議会)への追加議案の取り扱いについて協議。追加議案は一般会計補正予算案の1件。
「市民平和クラブ」打ち合わせ
 議案の検討、市長交代に伴う前市長に対しての決議についてなどについて検討・協議
「置賜自給圏推進機構」へ
 再生可能エネルギー&森林利用の進め方について協議
「議員インターンシップ」の手続き
 先月話をいただいた大学生の「議員インターンシップ」の受け入れについて、いろいろ迷ったが、事務局の熱い思いに打たれ「議員インターンシップ」の受け入れを決定。そして、諸手続きを!

 12月7日(月)
議会定数・報酬委員会
 9月から11月までの3カ月間、議会定数・報酬委員が試験的に議員活動に関するデーター付けを行った。その結果やデーターの活用などについて協議。
 また、議員定数に関してどのような角度から議論を進めるか?についても協議。
田沢コミュニティセンターへ
 来春の4月から実証実験の行われる「デマンド交通」について、コミュニティセンター館長、事務局長と打ち合わせ。

 12月6日(日)
国労山形県支部 全員集会
国労集会  小野川温泉で開催された国労山形県支部全員集会に参加。
 JR職場の現状や2016年春闘方針などについて議論。
「国労山形県支部」大忘年会
 引き続きで開催されたも参加。組合員はもちろん退職された先輩も多数参加された。
 久しぶりの再会に大いに盛り上がった。

 12月5日(土)
機関紙の配達
「我妻とくお後援会」役員忘年会
 後援会の役員の方々が忘年会を開催してくださった。師走となりしかも週末の忙しいなか、多くの方々に集まっていただいた。
 挨拶では、議会改革の一環として、『中学校出前市議会』、『議会報告会』や除雪対策などについて話をさせていただいた。
 皆さんに支えられての議員活動である。ただ感謝の気持ちで一杯だ。フットワークを良くしいっそう奮闘しなければ!

 12月4日(金)
各派代表者会
 人事案件について報告を受ける。
議会本会議 一般質問(初日)
 今日は完全に聞き役。
 市長交代のため今回の一般質問は4名のみである。今議会から一般質問の日程を3日から4日に延したのだが、一般質問は今日で終了。
米沢地区平和センター 第26回定期総会
平和C定期総会  総会の途中からになってしまったが、議会本会議終了後に平和センターの定期総会に参加。
 平和センター推薦議員『市民クラブ代表』として「安保関連法案阻止、脱原発、反基地の活動の先頭に立って活動してきた。また、組合と今まで以上に連携を強め、地域労働運動強化、労働者の権利向上のため活動していく」ことなどについて話をさせていただいた。
 大会終了後の懇親会にも参加させていただいた。

 12月3日(木)
田沢コミュニティセンターへ
 当面の活動や日程などについて館長・局長と打ち合わせ
現場調査
流雪溝  舘山地区の流雪溝について相談を受ける。
 流雪溝は家屋が密集する市街地内にある道路の除排雪対策として、流雪溝はたいへん有効な施設である。
 市内各地から流雪溝の設置要望が多数出されている。しかし、水の確保の問題などで、なかなか延長できずにいる。
 例えば札幌市では、下水処理後の水を再送、再利用する流雪溝システムを整備している。
 この方法ならば、新たに水源を求めることもなく、しかも資源を再利用した流雪溝ができる。研究する必要がある。
各種事務整理

 12月2日(水)
議会本会議
 12月定例会(議会)がはじまった。期間は12月21日(月)までの20日間。市長より上程の議案説明を受ける。また、請願1件を委員会に付託。
 現市長(安部市長)の任期は12/21まである。今定例会は議案の上程、一般質問等の答弁なども安部市長が行う。
「議会広報広聴委員会」全体会議
 10月に実施した「議会報告・意見交換会」の総括、次回のやり方などについて全体で協議。
 今回で4回目の「議会報告・意見交換会」であったが、過去3回に比べ参加人数が大きく減少した。何らかの対策が必要である!
「護憲ネット21米沢」
 「護憲ネット21米沢」の活動再開に向けて関係者と意見交換。
 憲法9条をはじめ、生存権を保証した憲法25条、子どもが教育を受ける権利を保証した憲法26条、労働者の権利を保障する28条などの改悪がなしくずし的に進められている。
 貧困と格差は広がる一方である。今こそ「民主主義を取り戻す」活動が重要性である。

 12月1日(火)
機関会議資料作成
JR山形保線技術センターから
 私は現在JRを公職休職であるが、55歳を迎え改めてJRから「発令通知」を受けた。休職中なのだ形だけだが...。
「米沢市立病院労働組合」打ち合わせ
 今12月議会に市立病院の一般病床数減の条例改正の議案が上程される予定である。しかし、当事者の組合には全く説明がなされていない。本来ならば、労働条件の変更に関連するので、労使の話し合いが必要である。
 議案は民生常任委員会に付託され議論される予定である。「市民平和クラブ」の民生常任委員会担当の小久保議員と、この議案の内容等について組合と協議、打ち合わせ。