2015年8月 2015年日記牽引 以前の日記牽引

 8月31日(月)
早朝作業
 今晩は地域で祭っている「薬師堂」の秋祭りである。氏子の方々が集まって東側公民館(地域公民館)・薬師堂の清掃を行った。
議会レポート ゆきしろNo.48」の家庭配布
蕎麦の花  三沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。
 農作物の生育状況や猿被害などについて話を聞かせていただいた。廻っていると地域の方々の貴重な意見を頂けるのはありがたい。

←蕎麦の花が咲き始めた。
機関会議
薬師堂の秋祭り
 薬師堂のお祭りは春と秋に催される。秋は別名“風祭”として、雑節の二百十日に台風の時期に、作物を風害から避けようとする祈願する祭りである。

 8月30日(日)
9月議会一般質問の準備
 質問原稿の半分ほど書き上げた。もう一頑張りだ!
*我妻徳雄の一般質問は9/8(火) 午前9時からです。
「戦争法案は廃案に!」 8.30国会10万人、全国100万人大行動 「米沢集会」
 「戦争法案廃案!国会10万人、全国100万人大行動」に呼応して、米沢市でも集会・デモが開催された。
 雨模様の天気であったが、300名の市民の方が参加していくださった。多くの市民の方々も、安保関連法案に反対や不安を持っておられる。子や孫を戦場に送るようなことがあってはならない。 

 8月29日(土)
9月議会一般質問の準備
 質問原稿を書き始めたが、なかなか筆が進まない。しばらくパソコンとのにらめっこが続きそうだ。
*我妻徳雄の一般質問は9/8(火) 午前9時からです。
戦争させない・9条壊すな スタンディング・アピール
平和センター街宣  米沢地区平和センターは、安保関連法案の廃案に向けて、平日は朝、土日は夕方にスタンディング・アピールを行っている。
 私もマイクを握り、平和の尊さ、平和憲法の大事さ、安保関連法案の矛盾などについて訴えた。
「戦争法案は廃案に!」
8.30国会10万人、全国100万人大行動 「米沢集会」

 8月30日午後2時から、北村公園で全国の集会・行動に連動して、米沢地区集会が開催されます。
 多くの方々の参加をお願いします。

 8月28日(金)
議会運営委員会
 9月定例会(議会)の運営と一般質問の順番を決定。質問順は抽選で決定される。今回の一般質問者は20名である。おそらく米沢市議会始まって以来の一般質問者数である。
 一般質問は3日間だが、質問人数が増え、一般質問の日を増やして4日間にするか、質問時間を短くするかなどの対処必要となり、12月議会まで結論を出すことに...。
*我妻徳雄の一般質問は9/8(火) 午前9時からです。
一般質問の聞き取り
 当局より一般質問の聞き取りを受ける。
 聞き取りでは質問趣旨を説明、そして当局と簡単な意見交換。全体で30分ほどで終了。
機関紙の配達

 8月27日(木)
平成27年度「三沢・田沢合同慰霊祭」
 来賓として表題の慰霊祭に参列。
 戦後70年が経過し、日本の人口の4分の3が戦後生まれとなるなか、戦争の記憶は確実に薄れている。
 今を生きる私たち責務は、「戦争の悲惨さ」をしっかりと後世に語り継ぐこと。
 子や孫を二度と戦場に送るようなことがあってはならない。”安保法案阻止“に向けて、全力を尽くすことである。
「議員定数・報酬検討委員会」会津若松市視察
会津若松市議会  議会改革度全国2位の会津若松市議会を訪れ、議員定数・報酬の検討の進め方などについて、「会津若松市議会制度検討委員会」委員長より話を聞かせていただいた。
 会津若松市議会では、@議会活動及び議員活動の見えるかを推進し市民等の情報共有を図る。A活動の検証・総括を行い、問題・課題の整理を行う。B今後の議会のあり方の認識を深める。Cあるべき議会活動や議員活動を進めるうえでの条件整備である議員定数及び議員報酬のあり方について議論を重ね、方向性を示した。とのことである。
「戦争をさせない1000人委員会」街頭宣伝・署名活動
 表題の活動に夕方の1時間ほどであったが参加。私もマイクを握り、平和の尊さ、平和憲法の大事さ、そして、下段の8/30の「米沢集会」への参加を呼びかけた。
「戦争法案は廃案に!」  8.30国会10万人、全国100万人大行動 「米沢集会」
 8月30日午後2時から、北村公園で全国の集会・行動に連動して、米沢地区集会が開催されます。多くの方々の参加をお願いします。

 8月26日(水)
9月定例会(議会)一般質問質問通告
 今日は9月定例会一般質問質問通告の締め切り。私は昨日のうちに通告したので、締め切りは関係ないが...。
*9月定例会 一般質問要旨
1. マツ枯れ、ナラ枯れ対策について
(1) マツ枯れ及びナラ枯れの現状は
(2) 酸性雨及び雪の状況と傾向は
(3) 土壌phの状況と傾向は
(4) 具体的対策は
2. 住民参加型の公共事業の推進について
(1) 簡易な公共事業を地区または地域に発注する制度について
(2) 建設資材支給事業について
(3) 助け合いの除雪システムの確立について
(4) 通学路の確保について
3. 悪臭問題の全面解決に向けて
(1) 悪臭苦情件数について
(2) 旧堆肥製造事業所及び養豚事業所の現状は
(3) 両事業所の今後の方向性について
議会広報広聴委員会
 議会報告会、企画政策提言、情報の各部会で、事前に当面の活動などについて方針を協議。その報告を受け、委員会としての方向性を決定。
 まずは、10月に各地区で開催する「議会報告・意見交換会」、そして市内中学校へ出向いての「出張委員会(私的に仮称)」と続く。
田沢コミュニティセンターへ
 コミュニティセンター建設委員会の視察について打ち合わせ

 8月25日(火)
市政協議会
*主な当局からの報告事項
9月定例会提出予定議案について
健全化判断比率及び資金不足比率について
新文化複合施設の新設工事の契約変更について
乗合タクシ−について
米沢市内小中学校校務用PCの整備計画について
(仮称)道の駅よねざわ整備事業について
(仮称)米沢市新総合計画(案)に係るパブリック・コメントの実施結果等について
個人番号法施行に伴う通知カードの送付及び個人番号カードの交付申請
平成26年度教育委員会事務の点検・評価について
 新文化複合施設の新設工事の契約変更について質問が集中し、この項目だけで3時間ほど要した。
つり人社 月刊「つり人」10月号
つり人10月号  先日、記事を寄せた月刊「つり人」10月号が届く。
 特集『大イワナんの滝壺』“快哉を叫んだ邂逅の滝”「裸足で不意打ち!増水後の40cm」
 2001年に富山県黒部の北又谷を訪れ時の回顧記事である。
 私たちは急な増水で動けず停滞をした。そして、様々ラッキーが重なり、偶然に出会うことができた大イワナ。

 8月24日(月)
産業建設常任委員会協議会
 当局より9月定例会(議会)提出予定議案、新文化複合施設の新設工事の契約変更、(仮称)道の駅よねざわ整備事業、「米沢美味しい宿泊パック」(市内泊食推進事業)、農業体験等プロモーション事業(旅の発見)などについて説明を受ける。
 とにかく時間のかかった委員会であった。
 (仮称)道の駅よねざわ整備事業では、総事業費を22億円と資産。内訳は県などが6億円を負担、交付税や補助金で2億5000万円、残りの13億5000万円を起債と一般財源で市が負担する。
 国土交通省の「重点道の駅」に選定され、国の補助金等も期待をしていたのだが、財政的支援はほとんどないようだ。
 市の市の持ち出しが13億5000万円にもおよぶとは...。
 これほどの支出をするからには、まちの特産物や観光資源を活かして交流人口を増やし、地域に仕事を生み出す核として、米沢の経済に大いにプラスになるものにしなければならない。
建築住宅課へ
 土砂災害警戒区域内の住宅の使いなどについてレクチャーを受ける。
土木課へ
 昨日、相談を受けた市道要望についての打ち合わせ
サギソウ
サギソウ  友人からいただいたサギソウが可憐な花を咲かせた。まさにシラサギが飛んでいるようである。

 8月23日(日)
現場調査
私道  町内から私道から市道への認定の相談を受け現場調査。
戦争させない・9条壊すな スタンディング・アピール


スタンディングアピール
 昨日に引き続き、米沢地区平和センターの安保関連法案の廃案に向けてのスタンディング・アピールに参加。
 私もマイクを握り、平和の尊さ、平和憲法の大事さ、そして、下段の8/30の「米沢集会」への参加を呼びかけた。
 わざわざそばに来ていいただきて、女性の方より激励をいただいた。また、信号待ちの車の窓を開けて、私たちの訴えを多くの方が聞いていくださった。
 多くの市民の方々も、安保関連法案に反対や不安を持っておられる。子や孫を戦場に送るようなことがあってはならない。”安保法案阻止“に向けて、一層の踏ん張りが必要だ。
「戦争法案は廃案に!」
8.30国会10万人、全国100万人大行動 「米沢集会」

 8月30日午後2時から、北村公園で全国の集会・行動に連動して、米沢地区集会が開催されます。
 多くの方々の参加をお願いします。

 8月22日(土)
9月定例会(議会)一般質問の準備
 本、雑誌、ネット等を使いながら資料の収集。
「さようなら原発 米沢」のつどい 第27回
さようなら原発  今回は「美味しいお茶とお菓子で語り合いましょう 」と題して、市内のレストランで開催された。
 これまでは、講演会や学習会、映写会など事務局が企画し訴えることを中心であった。
 今回は趣向を変えて、会員の“おもい”を聞く、そんな内容で開催。発言が相次ぎ、あっという間の2時間であった。
戦争させない・9条壊すな スタンディング・アピール
平和C安保反対  米沢地区平和センターは、安保関連法案の廃案に向けて、平日は朝、土日は夕方にスタンディング・アピールを行っている。
 私もマイクを握り、平和の尊さ、平和憲法の大事さ、安保関連法案の矛盾などについて訴えた。
「戦争法案は廃案に!」
8.30国会10万人、全国100万人大行動 「米沢集会」

 8月30日午後2時から、北村公園で全国の集会・行動に連動して、米沢地区集会が開催されます。
 多くの方々の参加をお願いします。

 8月21日(金)
「福島市・米沢市・相馬市・伊達市議会連絡協議会」幹事会
 福島市で開催された幹事会に出席。議長が会長。副議長、会派代表者が幹事を務めている。
 「福島市・米沢市・相馬市・伊達市議会連絡協議会」は『東北中央自動車道(相馬〜伊達〜福島〜米沢)』の整備促進を大きな目的として活動している。
 東北中央道の福島〜米沢間(延長28.0km)は、平成29年度の供用を目指し、直轄高速として整備が進められている。
歯科医院
 歯茎が大部弱っているとのことで、定期的に検査と治療を受けている。
 釣り師の宿命か?仕掛けの振込み、魚とのやり取りなどで強く歯を食いしばることが多い。必要以上に歯茎に負担をかけているようだ。
 とにかくまめに歯磨き(ブラッシング)するように指導を受ける。
機関紙の配達

 8月20日(木)
社会教育・体育課へ
 「米沢鍼灸按マッサージ師会」より「米澤上杉城下町マラソン」でマッサージのボランティアの申し出があり、担当者とテントやベットの設置などの具体的な中身について打ち合わせ。
「市民平和クラブ」打ち合わせ
 会派視察や9月議会に向けての調整、当面の日程の確認など
機関会議資料作成
農業委員会へ
 私には先祖から受け継いだ農地が少しある。その農地(水田)を近所の方に耕作していいただいている。この契約は、5年後とに更新することとなっている。
 借人と農業委員会を訪れ、農地の賃貸契約の更新手続き。
「戦争をさせない1000人委員会」街頭宣伝・署名活動
 安倍政権は衆議院で戦争法案を強行採決し、そして参議院で議論が行われるという緊迫した状況のなか、多くの仲間と”戦争法案阻止、脱原発“の街頭宣伝・署名活動を再開。
 この国は海外で戦争する国への道を急速に走りだそうとしている。私たちは戦後70年、平和憲法のもとで戦争をしない、出来ない国としての道を歩んできた。
 しかし、戦争法案は、集団的自衛権行使をはじめ、いつでも、どこででも海外で自衛隊が武力行使する道を一気に拡大するもので、名実ともに日本を戦争のできる国に変えようとしている。
 子や孫を戦場に送るようなことがあってはならない。”安保法案阻止“に向けて、一層の踏ん張りが必要だ。
生活相談
 知人より住居の問題について相談を受ける。
 私では専門的な知識不足で、難しい問題であった。改めて建築住宅課と協議し対応することに...。

 8月19日(水)
議会運営委員会
 9 月定例会(議会)の招集について協議。また、当局より9月定例会提出予議案の概要の説明を受ける。
第1中学校へ
 広報広聴委員会「情報部会」として、小中学校生を対象とした事業の実施を検討している。中学校の校長会会長より、生徒向けの事業の可能性について意見を聞かせていただいた。
機関会議資料作成

 8月18日(火)
議会レポート ゆきしろNo.48」の家庭配布
ススキ  三沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。
 道行くとススキの穂が目立つようになってきた。
 ここ数日、朝夕めっきり涼しくい。立秋も過ぎ、季節は夏から秋へと移ろい始めた。
「市民平和クラブ」の機関紙作成
 例年、春に会派(市民平和クラブ)の機関紙を発行してきたが、今年は選挙で発行が延び延びとなっていた。先日、各議員の原稿の担当を決め、大方の原稿がそろった。
 今回は私が編集の担当である。遅くなったが、ようやく編集に入った。8月下旬には平和センターの組合員の方々の手に届けられるだろう。
機関会議

 8月17日(月)
議会レポート ゆきしろNo.48」の家庭配布
ヤマユリとサルビア  田沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。配布活動も順調に進み、今日で田沢地区は終了。
 今日は朝から雨。久しぶりのまとまった雨である。植物(生き物)にとって、まさに恵みの雨であろう。
←訪問先のお宅のヤマユリ(手前)とサルビアの花も、この雨でみずみずしさを取り戻したようだ。
機関紙の配達
機関会議資料作成

 8月16日(日)
休暇
 さすがに行事等の予定も無くのんびりと・・・。

 8月15日(土) 終戦記念日
伯母の法要
 伯母の13回忌の法要であった。
 法要は、故人が設けてくれた人と人との縁、「この人がいたから自分がいる」というつながりを再確認し、故人への感謝の思いを新たにする場でもある。

 8月14日(金)
現場調査
側溝 側溝のふた  「市道に架かる側溝のふたの劣化・破損がひどいので早急に改修してほしい」との地域要望を受け現場調査へ。
 狭隘(きょうあい)の市道で、しかも交通量が多いため、側溝のふたの部分も道路のように往来があるとのこと。
 早速、土木課へ調査、改修を依頼。
親戚宅へ
 お盆の焼香に親戚宅を訪問。
お盆の来客
 昨日に続き、長男家族、弟家族、義兄、叔父、叔母など、多くの親戚が我が家に焼香に訪れてくれた。
 盆と正月は親戚が集まり、楽しい語らいの場ができる。どこの家庭もそうだろうが、主役は、幼児、子供である。
 この子らが大きくなっても、安心、安全で、平和な世の中でなければならない。そのためには、安保関連法案の阻止は、当面の最大の課題である。

 8月13日(木)
お盆の準備
 日中は連れ合いとお盆の準備など・・・。
墓参り
 夕方に叔父・叔母、いとこ家族が墓参りに来てくれた。そして友人も。
 久しぶりに顔を会わせた人たちの話題は、尽きることがない。少し飲みすぎ・・・!!!

 8月12日(水)
議会レポート ゆきしろNo.48」の家庭配布
配布活動1  午前中の1時間半ほどであったが、田沢地区の家庭に「ゆきしろNo.48」を持参。
市長と「市民平和クラブ」の昼食会
 定例会終了後に安部市長と議会の会派毎の昼食会が行われる。市長と率直な意見交換を行う趣旨で開催されている。
 意見交換会では、「市の職員力を高めるために」と「これ以上の職員数の削減は、マイナス面が多い」などについて議論が集中。
 本会議さながらの激論を交わした。
社会教育・体育課へ
 「米澤上杉城下町マラソン」のボランティア、コミュニティセンター建設の方向性について、課長、担当者と意見交換。

 8月11日(火)
家の雑用
 忙しく飛び回っているせいか、家の事はほとんど連れ合いと母に任せきりである。今日は家の周りの除草や掃除など、私の担当?を済ませた。
粗大ごみの搬入
 家の片づけ出た粗大ごみを千代田クリーンセンターへ搬入。
 お盆が近いせいか、千代田クリーンは一般の搬入車で込み合っていた。

 8月10日(月)
議会レポート ゆきしろNo.48」の家庭配布
出穂  今日から「ゆきしろNo.41」の配布を開始。田沢地区の家庭を訪問。
 「あっついごと」、話題はこの猛暑と少雨についてである。
 こんなに雨の少ない年はなかったのではないだろうか?畑もカラカラで作物の生育に影響が出ている。
←水田の稲は出穂もはじまり順調に生育しているようだ。
機関紙の配達
「議会レポート ゆきしろNo.48」を支持をいただいている労働組合・団体に持参
機関会議資料作成

 8月8〜9日
ガイド兼アシスタント
朝日の渓 ダイブ  つり人社「月刊つり人」の取材のガイドを依頼され朝日の渓に入渓。
 泳ぎで突破しなければならない本格的な渓の遡行は久しぶりである。
 仕事ではあったが、天候にも恵まれ、渓と戯れ、仲間と語りあった、楽しい2日間あった。

 8月7日(金)
各派代表者会
 人事案件等について協議
第53回山形県市議会議長会議員研修会 山形市/ビックウイング
市議会議長会  山形市のビッグウィングで行われた「山形県市議会議長会議員研修会」に参加。
 研修では、防災・危機管理ジャーナリスト、『株式会社まちづくり計画研究所 代表取締役所長』の『渡辺実』氏より「天地動乱の時代を生き抜く」の演題で講演を聞かせていただいた。
田沢浄水場施設整備事業概要説明会
 田沢コミュニティセンターで開催された表題の説明会に参加。
 田沢浄水場施設は昭和61年12月に建設され、建設から30年近く経過しており、機械、電気設備の老朽化が進み更新時期を迎えている。
 施設の更新に伴い『急速ろ過処理方式』から『膜ろ過処理方式』に変更し、豪雨時の高濁度の対応ができるなどの強化策を講じる。
 新施設は大荒沢入口から旧三沢西部小学校入田沢分校跡地に移設される予定。

 8月6日(木)
米沢地区平和集会
平和集会

平和トーク
 早朝に米沢地区原水爆禁止運動実行委員会主催の「米沢地区平和集会」が北村公園で開催された。平日の早朝にも関わらず多くの皆さんが集まってくださった。
 私は“平和トーク”で、原水禁は、「核と人類は共存できない」との理念のもと、福島第一原子力発電所事故からまだ4年しかたっていません。
 それがいつの間にか、原発事故がなかったような風潮になっています。原発事故は現に進行中です。
 多核種除去装置(ALPS)も運転停止を繰り返し、凍土遮水壁の工事も困難を極めています。原子炉内部の状況も不明のままです。
 政府は原発輸出を成長戦略の目玉として掲げ、インドやトルコに原発の輸出を進めようとしています。原発輸出に対しては、原発の危険性とともに核拡散の面からも追及し、中止を求めていいかなければなりません。
 「第二、第三のフクシマ」を許さず、脱原発の運動の強化を進めましょう。との話をさせていただいた。
機関会議
田沢コミュニティセンター建設委員会
 田沢地区はコミュニティセンターを中心に地区・地域の活力を生み出して生きた。さらに新コミュニティセンターを通じ交流人口を増やし地区の活性化を図ることを目標に進める。
 そして、田沢産の木材を使い地区のシンボル的な建物にしたいと夢が広がる。新コミュニティセンターは“夢と希望が持てる地区の総合施設”となる予定だ。

 8月5日(水)
衆議院議員会館へ
 新幹線で上京し、会館内で開催された『国土交通省 市街地整備課』『厚生労働省 地域医療計画火』『総務省 財政局』『林野庁 木材利用課』の勉強会に参加。
つり人社 「月刊つり人10月号」原稿執筆
 約2500字の原稿を一気に書き上げた。
 今回は、テーマは『思い出の滝壺』である。長い釣り人生のなかで、一番思い出に残っているのは、2001年に訪れた富山県黒部の北又谷である。当時の記憶をただりながらの執筆。
 早速、出来上がった原稿を編集部へメールで送付。
 「つり人10月号」は今月25日発売

 8月4日(火)
「原水爆禁止米沢地区平和集会」街宣
 米沢地区平和センターの街宣車で約2時間「米沢地区平和集会」への街宣活動を行った。米沢地区平和集会はヒロシマの「原水爆禁止被爆70周年世界大会」に連動し開催される。
 米沢地区集会 8/6(木)AM7:40〜 「北村公園」
「米沢市立病院臨時職員労働組合」執行委員会
 特別執行委員として執行委員会に参加。運動の進め方などについてアドバイス。

 8月3日(月)
「議会レポート ゆきしろ」の発送
 議会任務、諸行事などの関係で配布の時間がとれず、日頃配布している地域も郵送させていただくこととした。
吉村知事との懇談会
吉村知事と  山形市で開催された吉村山形県知事との懇談会に参加。

←吉村県知事と「市民平和クラブ」のメンバー

 8月2日(日)
つり人社 「月刊つり人10月号」原稿執筆
 先月の24日に、来月発行の「つり人10月号」の『思い出の滝壺釣行記』の原稿依頼を受けるていたのだが、仕事の都合等で執筆の時間が取れなかった。
 今日は行事・会議等の予定もなく、いよいよ書き始めたが・・・。何をどう書いてよいものか?構想が決まらず苦慮。締め切りまでにはもう少し時間がある。じっくりと構えるしかないようだ。

 8月1日(土)
神原・八谷花壇の花摘み作業
花摘み  早朝に地区のボランティア方々と国道121号線沿いの神原、八谷地区の花壇の花摘み作業。
 早朝にもかかわらず多くの方々が参加。
 R121の通行者を和ませてくれるだろう!
新社会党米沢市部定期大会