2014年11月 2014年日記牽引 以前の日記牽引

 11月30日(日)
冬支度
 天気予報では、火曜日からしばらく雪マークが続く。例年ならば既に何度か降雪のある時期である。
 本格的な降雪に備え、タイヤをスタッドレスに交換や家の周りの片付け、除雪機械メンテナンスなどの冬支度。

 11月29日(土)
機関紙の配達
選挙事務所へ
なめこ感謝祭
なめこ  夜は友人たちで作る「なめこ生産組合」のなめこ感謝祭に参加。なめこ料理各種、そして、なめこ&天然鴨の突き立ての餅の雑煮などなど美味しものを沢山いただき、満腹で楽しい感謝祭であった。

 11月28日(金)
監査委員実務
「議会レポート ゆきしろNo.44」の配布
 友人・知人宅に「ゆきしろ」を持参。
機関会議

 11月27日(木)
監査委員実務
『地方消滅』学習会打ち合わせ
 表題の本の内容等について担当者で議論。
 「896の自治体が『消滅』するという危機意識と問題提起はセンセイショナルである。」「少子高齢化だけでなく『人口減少』は全体像を捉えている。」「自治体が消滅するとどうなるのか。」「非正規労働者の増大が大きな問題。同一労働・同一賃金の必要性。」「若者の将来不安から結婚→出産となっていないのではないか。」など様々な角度から感想や意見が続出。

 11月26日(水)
「議会レポート ゆきしろNo.44」の配布
 友人・知人宅に「ゆきしろ」を持参。
『地方消滅』〜東京一極集中が招く人口急減〜 『増田寛也』編著
 来月の中旬に表題の本を使っての党の学習会がある。その内容についての解説と議論の題材の提供が私の担当である。
 3時間ほどで一気に完読。集中して本を読んだのは久しぶりである。

 11月25日(火)
盛岡市→米沢市
 新幹線を乗り継いで昼に米沢へ到着。
監査委員実務

 11月24日(月) 振替休日
国労東北労働講座 国労東北議員団2014年度定期総会
労働講座  岩手県盛岡市つなぎ温泉で開催された「第11回国労東北労働講座」と合わせて行われた「国労東北議員団2014年度定期総会」に参加。
 労働講座では国労本部より問題提起、東日本本部からは、この間の取組みと課題の提起を受け、各地本から職場活動報告を受け討論。
 東北議員団総会では、今年選挙で当選・再選された方より挨拶を受け、来年の統一自治体選挙での必勝を誓い合った。

 11月23日(日) 勤労感謝の日
機関紙の配達
出張準備
 明日から1泊2日で「国労東北議員団総会」が岩手県盛岡市で開催される。

 11月22日(土)
交流会準備
 下段の「3団体交流会」の買い出しや交流会の準備など。
「協働事業推進田沢の会」総会
 今年度の事業も無事終了し、締めくくりの総会を開催。事務局として事業報告、収支決算、次年度に向けての報告などを提案。議案はすべて了承。
3団体交流会
 「協働事業推進田沢の会」「田沢地区史跡保存会」「花いっぱい運動」の3団体の交流会に参加。楽しい交流会であった。

 11月21日(金)
市政協議会
*当局から主な報告事項
一般財団法人米沢市体育協会の平成26年度事業計画の報告
12月定例会提出予定議案
市立米沢図書館等の指定管理者の指定
ふるさと納税制度の運用方法の変更
平成26年人事院勧告
所得税の源泉徴収漏れ
第2期地域福祉計画(案)に係るパブリック・コメント
敬師児童センター集団保育事業の廃止
興道南部保育園 分園「光」の閉所
産業用地(隣地)の譲渡
米沢市子ども読書活動推進計画(案)パブリック・コメント
米沢市立学校適正規模・適正配置等基本計画の見直し
 先の10月1日に一般財団法人化された「米沢市体育協会」の今年度の事業計画の報告があった。
 どうも納得がいかないので「市立米沢図書館等の指定管理者の指定」で何点か質問した。図書館の指定管理者については、12月議会に議案として上程され、総務文教常任委員会に付託される。多くの問題がある議案である。慎重に議論をしなければならない。
「協働事業田沢の会」の総会資料の印刷と製本
 22日に開催の「協働事業田沢の会」の総会の資料の印刷と製本。

 11月20日(木)
冬支度
霜柱  朝晩、めっきり冷え込むようになった。今朝は我が家の庭に霜柱が出現。降雪も近いのだろう。
 家の周りを片付け、車のタイヤをスタットレスに交換。
 今年は“カメムシ”発生が大分少なかった。米沢では“カメムシ”の発生の多さで降雪量の予想をする。
 この予想からだと今年は雪の少ないない年だが、さてどうなるか???
機関会議

 11月19日(水)
健康診断
 健診センターで米沢市の健康検査を受診。内容は計測(身長・体重・腹囲)、血圧測定、診察、血液検査、心電図、胃、大腸がんなど。オプション含みで料金は3,000円。時間的にも2時間ほどであった。
 結果は2・3週間後に自宅へ郵送されるとのこと。
「協働事業田沢の会」の総会資料の作成
 22日に「協働事業田沢の会」の総会が開催される。総会に提案する事業報告、決算などの資料を作成。
平成26年度「福島市・米沢市・相馬市・伊達市議会連絡協議会」全体会議
大泉氏講演  今年は、米沢市が会長市にあたるため全体も本市での開催となった。4市の議員82名が参加。
 全大会終了後の講演では「国土交通省東北地方整備局山形河川国道事務所 工務第二課長 大泉隆是氏」より「最近の国土交通省における取組について」の話を聞かせていただいた。
 
「米沢市立病院臨時職員労働組合」
 職場アンケート出だされた職場の問題点などについて、執行委員の方と協議。

 11月18日(火)
総務文教常任委員会協議会
 12月定例会提出予定議案、平成26年人事院報告、米沢市立学校適正規模・適正配置等基本計画の見直し〜今後の学制改革への対応〜、などについての説明を受ける。
 12月議会に「新図書館の指定管理者導入について」の議案が提出される。図書館の指定管理者導入にあたり@無料が原則創意工夫の範囲が限られる。A入館者が増えれば支出が増える。B人件費が抑制される。C負堰堤雇用の拡大などの問題を指摘してきた。しかし、これらの対策も示されないまま指定管理者を導入するのは大きな問題である。
総務文教常任委員会打ち合わせ
 10月に実施した「米沢市議会 第3回 議会報告会・意見交換会」において、総務文教常任委員会関係の意見・質問・要望について今後の対応等について協議。
「米沢市立病院労働組合」
 特別執行委員として交渉に参加。

 11月17日(月)
「議会レポート ゆきしろNo.44」の配布
 友人・知人宅に「ゆきしろ」を持参。
機関紙の配達
歯科医院へ
 2カ月に一度の定期検査を受ける。
 検査の結果、前回よりも少し改善しているとのこと。今日は歯石取りなどの治療を受ける。
学習会打ち合わせ
 仲間内の学習会について担当者で打ち合わせ。今年は『増田寛也』編著『地方消滅』〜東京一極集中が招く人口急減〜をテキストに使用する。
 このままでは896の自治体が消滅しかねないー。減少を続ける若年女性人口の予測から導き出された衝撃のデータである。若者が子育て環境の悪い東京圏へ移動した結果、日本は人口減少に突入した。多くの地方では、すでに高齢者すら減り始め、大都市では高齢者が激増してゆく。豊富なデータをもとに日本の未来図を描きだし、地方に人々がとどまり、希望どおりに子どもを持てる社会へ帰るための戦略を考える。(地方消滅より)

 11月15〜16日
私用で新潟県へ

 11月14日(金)
各種事務整理
 「協働事業田沢の会」の総会資料の作成や学習会の資料作成など
置賜地区都市監査委員連絡協議会研修会
 南陽市、長井市、米沢市の3市の監査委員会が米沢市役所内で開催された。研修会には監査員、監査事務局職員が参加。
 各市より研修議題が提案され、それに各市の取組み、やり方について答える方式で研修会が進められた。

 11月13日(木)
「市政クラブ」打ち合わせ
 代表者会議、議会運営委員会の報告と当面の活動の打ち合わせ
議会本会議
 「平成26年米価下落に対する金融支援」の補正予算を全会一致で可決。
「議会報告会第4班」打ち合わせ
 10月に実施した「米沢市議会 第3回 議会報告会・意見交換会」の4班受け持ち地区(南原、愛宕、三沢、北部)での質問、意見、要望等を確認。
米沢地区農業関係団体による農政懇談会
「米沢市農林業振興議員連盟」「米沢市農業委員会」「山形おきたま農業協同組合」「米沢市」の4団体による農政懇談会が開催された。
 懇談会では、価下落に対する支援策や米の需要拡大、学校給食の完全米飯実施などについて活発な意見交換が行われた。

 11月12日(水)
「議会レポート ゆきしろ」の発送準備
 友人たちに手伝っていただいて、タックシール貼りと封書詰め作業を行った。ほぼ1日がかりで何とか終了。
 ご自宅を直接訪問し、お話をお聞きしながら「ゆきしろ」(議会レポート)をお届けすれば良いのだが、日々の議員活動や監査委員として業務などで、その時間が取れず、郵送させていただいた。

 11月11日(火)
田沢の環境を守る会
牛舎 意見交換  『田沢地区の環境を守る会』の方々、農林課・環境生活課と共に、畜産農家の環境対策の現地視察。
 視察後、田沢コミュニティセンターで意見交換会を実施。
「議会レポート ゆきしろ」の発送準備

 11月10日(月)
「議会レポート ゆきしろ」の発送準備
 後援会に加入していだいている方々のお宅に、1年分の「ゆきしろ」を郵送させていただくこととした。
 加入者宅全てのお宅に手配りでお届けしたいのだが、日々の議員活動や各種行事の出席などで、その時間がなかなか取れない。
 タックシール作成などの発送準備。
監査委員実務
原稿の執筆
 週刊新社会地域版や、労働組合から要請・依頼のあった原稿を執筆。

 11月9日(日)
「大荒沢不動尊」の雪囲い
大荒沢不動尊  氏子の方の地区外への転居や高齢化により、田沢地区の方が維持・管理のお手伝いをボランティアで行っている。
 早朝の作業にもかかわらず、多くの方が集まってくださった。
「東側公民館」の雪囲い
 雪囲いの梯子である。3年に一度公民館の雪囲いが回ってくる。今年は我が隣組の番である。久しぶりの作業で、何をどうしてい良いか分からず、皆で相談しながらの作業であった。それがまた楽しく隣組の親睦ともなっている。
機関紙の配達

 11月8日(土)
鮭川さけ有効利用釣獲調査
サケ釣り サケゲット  お誘いをいただいたので、今年も鮭川で行われている「さけ有効利用釣獲調査」に参加。
 今年は好釣果に恵まれ、サケとのパワー勝負に腕、足がパンパン。まさに格闘!

 11月7日(金)
「木流し」(川をせき止めて木材を流した)跡地
木流し1 木流し2  八谷地内のR121の駐車場付近に、おそらく昭和の初期まで使われていた木流し跡地がある。
 現在、地元の方々の努力で、復元作業が行われている。
 実際に作業されている方の案内で現場を見せていただいた。
監査員実務
東北労働金庫米沢支店 支店開設60周年記念祝賀会
舟山委員長 鏡開き  労働者福祉協議会推薦議員として、表題の祝賀会に参加。
 労働組合関係や労金推進委員会役員、米沢支店の歴代支店長・職員の方など多くの人の参加で盛大に60周年の記念祝賀会が開催された。

 11月6日(木) バースディ
議会レポート ゆきしろNo.44」の家庭配布
 午前中だけであったが、三沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。訪問先の家庭で「消費税増税による支出増」「高齢でもう農業をやめる話」「サル被害対策」などについて、ご意見を聞かせていただいた。
 国の制度の問題もあるが、本市として何が出来るか?何をすべきか?
 共に考え、共に行動し、住みよいまちを作るのが私たちの役割である!
『(株)エコス米沢産業廃棄物最終処分』場現地見学会
産廃現地 産廃説明会  『(株)エコス米沢産業廃棄物最終処分場』現地見学会に三沢・田沢地区などから約15名の方が参加。
 現時点で埋立ての進捗率は50%弱。今年の搬入量から換算すると後10〜13年ほどで満杯になると予想される。
「置賜草木塔の会」
 「置賜草木塔の会」のいも煮会に参加。草木塔、地区づくり等の話題で大いに盛り上がった。

 11月5日(水)
市政協議会
 13日に臨時議会が開催されることとなった。
 臨時議会では、公用車の交通事故等のための専決処分の報告と、米価下落に対する金融支援策の補正予算が審議される予定である。
 米価下落に対する金融支援策は、農家への前払い金となる2014年産米の概算金が大幅に下落したことを受け、稲作の再生産及び経営の維持安定に必要な資金を「無利子」で融資するものだ。
 限度額は、個人が500万円、法人が2000万円となっている。
「議会レポート ゆきしろNo.44」を友人・知人宅に持参
 久しぶりにお会いする方が多くつい長話に...。

 11月4日(火)
冬支度
 朝晩冷え込むようになり、初雪も近いだろう。冬に備えて、家の周りの片付けをおこなった。
学習会打ち合わせ
HPにUP
 ゆきしろ 「議会レポート ゆきしろNo.44」(PDF)
 もうひとつの顔 「SHIMANO 2015 渓流カタログ」

 11月3日(月) 文化の日
平成26年度 米沢市表彰式
米沢市表彰式  米沢市表彰式(米沢市功績者、功労者、技能功労者、スポーツ特別顕彰者)に参列。
 本年は功績者1名、功労者6名、技能功労者1名、そしてスポーツ特別顕彰者1名の方が表彰の栄に輝いた。
 スポーツ特別顕彰者は、バンクバーオリンピックにスキークロス日本代表で出場された瀧澤宏臣氏が受賞された。
 また、昨年の11月〜本年9月までの叙勲・褒賞受賞者も参され、華やかな式典であった。
機関紙の配達
東側自治会役員会
 新春顔合わせ会などの当面の活動について打ち合わせ

 11月2日(日)
のんびりと
 久しぶりに行事・会議等もなくのんびりと...。

 11月1日(土)
新社会党山形県本部定期大会
 山形市で開催された表題の大会に出席。
第29回国労山形県支部定期大会
国労大会  午後は、同じ山形市で開催された国労山形県支部て定期大会に、組織内議員として出席。
 私は挨拶で「社会の生きにくさ、監視社会の問題」「地域労働運動再生」ついて話をさせいていただいた。
 大会での議論も聞かせていただいた。JRの現場を離れ11年半、変わらぬ仲間達の奮闘に、私も同じ仲間であることを誇りに感じ、力をいただいた大会であった。
 大会終了後の懇親会に参加。