2014年7月 2014年日記牽引 以前の日記牽引

 7月31日(木)
家の雑用/恩師を囲む会の準備
小学校の恩師を囲む会
同級生  小学校の恩師を囲み同級生で焼肉パーティ。
 年に2回ほど恩師宅に集まり、ワイワイガヤガヤと楽しい飲み会を続けている。
 今年はお盆に小野川温泉で同級会を開く。参加者などの話題でいつも以上に盛り上がった。

 7月29〜30日
「つり人社」「渓流2015」の取材
取材  友人を案内し置賜地方で大ヤマメを釣らせ・釣る企画である。 梅雨明けでどこの河川も高温・高水温で釣りにくい状況であったが、それでも何とか・・・???
 朝から晩まで2日間みっちり釣りをした。高温と緊張でクタクタ...。
 「渓流2015」は来春発売予定。

 7月28日(月)
市政協議会
*当局から主な報告事項
米沢市まちづくり総合計画の評価・検証
株式会社天元台の経営状況と市の対応
市営住宅指定管理者の業務
「米沢市立病院建替基本構想(案)」に対するパブリック・コメントの実施結果
マイマイガの大量発生
米沢市立第四中学校増改築建築工事のインフレスライド
「議会報告会・意見交換会」の運営についての打ち合わせ
 市政協議会終了後に全議員で「第3回議会報告会・意見交換会」の運営方法について検討。
 米沢市議会として、昨年の10月から2回の議会報告会・意見交換会を実施した。その反省などを踏まえ3回目の議会報告会・意見交換会をどのように実施すべきか?
 第3回目も従来通り17地区全地域で開催し、報告する中身を変更し実施する方向に。「第3回議会報告会・意見交換会」を10月中旬実施予定。
議会図書室運営委員会
 平成26年度購入図書について検討。
総務文教常任委員会交流会

 7月27日(日)
家の雑用
 お座成りになっていた家の周りの草刈りなど。

 7月26日(土)
第24回田沢地区夏祭り」来賓出席
夏祭り挨拶 夏祭り出店 Ai−Girls
 今年も盛大に田沢地区の夏祭りが行われた。
 米沢のご当地アイドル『Ai−Girls』(写真右)が、オープニングで歌と踊りを披露してくれた。会場は大いにに盛り上がった。
 私は来賓として祝辞を述べさせていただいた。
 祝辞では、米沢市『老人レクレーション大会』での3連覇の達成。輪投げ大会優勝。先日行われた『消防団操法大会』で、12分団が4年振りに優勝したことなど、田沢地区の方々の活躍、頑張りを紹介させていただいた。
矢来町内会ビアパーティに参加
 例年、ご案内をいただいている「矢来町内会ビアパーティ」と「田沢地区夏祭り」が同日の開催となったため、夏祭りの梯子となった。
 挨拶で芝生のサッカー場の活用と効果、希望の持てる新文化複合施設にするために、そして、市立病院建設の方向性ななどについて話をさせていただいた。

 7月25日(金)
監査員実務
 9月議会に向けて、監査委員会として監査意見書などの作成・準備。
 9月議会は前年度の決算を審議する決算議会でもある。
  決算とは、会計年度(4/1〜翌年の3/31)の歳入歳出予算の執行実績を表示した計算表である。
 予算は一種の見積りであり、その予算執行の結果は、経済的又は社会的な事情等の予測しない変化のために、当初の見積額に不足又は余剰を生ずる場合があるので、これらについての精算をする必要がある。その精算表が決算である。

 7月23〜24日
(株)シマノ2015渓流カタログ撮影
 初日は薄曇りの天気で順調に進んだが、2日目は雨の影響で予定の場所(川)に入れずちょっと苦労させられた。
 生き物(魚)相手だけに、決められた日程のなかでの取材はなかなか大変である。それでも何とか...?

 7月22日(火)
市立病院建替特別委員会
 6月議会で設置した「市立病院建替特別委員会」の初めての委員会が開会された。委員は各常任委員長(総務・民生・産業建設)と各会派からの代表の総勢10名で構成。
 今日は委員会の進め方等について議論。
農業委員会へ
機関会議
(株)シマノDVD撮影の打ち合わせ
 明日からSHIMANOの2015渓流のカタログ撮影である。
 スタッフと撮影場所などの最終打ち合わせ。

 7月21日(月) 海の日
機関紙の配達
「議会レポート ゆきしろNo.44」の作成
 例年ならば配布活動に入っている時期だが、今年は出張等で作成の時間がとれず、未だ完成していない。完成にはもう少しかかりそうだ!

 7月20日(日)
平成26年度 米沢市消防団操法大会
操法整列 操法スタート 操法放水
 総務文教委員として「米沢市消防団操法大会」に来賓出席。
 一時的に雨が降り、肌寒いぐずついた天気であったが、各団員ともはつらつ・きびきびと壮快に練習の成果を披露してくれた。
 各分団とも相当に訓練(練習)してきたのだろう。素人目には、どのチームも甲乙付けがたい素晴らしい出来であった。
 さて、小型動力ポンプの部の優勝は、私の地元の第12分団(三沢・田沢田地区)。準優勝は第14分団(上郷地区)であった。
*写真は第12分団の操法の模様

 7月19日(土)
「草木塔との語らい2014」&平成26年度総会
草木塔の語らい2014  「草木塔との語らい2014」では、まず田沢地区の草木塔めぐりを実施。そして、午後は東北文教大学の菊地和博教授より「田沢地区『草木塔』初期建立の背景・目的」と演題に記念講演をしていただいた。
 私は、地元選出議員として「おいたま草木塔の会」の顧問を引き続き務めさせていただくこととなった。
 総会終了後の交流会にも参加。

 7月18日(金)
総務文教常任委員会協議会
 当局より、平成26年度米沢市職員採用試験、米沢市まちづくり総合計画の評価・検証、キャロライン・ケネディ大使訪米(沢)祈念W 「イザべラ・バードサミット」の開催、台風8号と梅雨前線の影響による大雨・落雷被害状況などについて報告を受ける。
監査委員実務
機関紙の配達
平成26年「椎の実会」実行委員会ご苦労様会
 6/21開催の「椎の実」会総会・懇親会の実行委員会のご苦労様会に参加。

 7月17日(木)
各種事務整理
家の雑用

 7月16日(水)
「総務文教常任委員会」行政視察 3日目
甲州市役所 ●山梨県/甲州市 「過疎集落等自立再生対策事業について」
 甲州市では、過疎債を充当して地区・地域の活性化事業を実施している。
 特にH23年に実施した「寄り合いワークショップ」は大変興味あるものであった。
 「寄り合いワークショップ」は地域の方々自らがアイデアを出し実行計画を策定し、そしてそれを実行していくものである。
 “地域住民が主体となり、自主的に事業を事業を展開することに、過疎対策のみならず、地域活性化につながる道があることに気付いた”とまとめられている。
 そして、現在も継続的に事業が進められている。

←写真(下)は、ショッピングセンターを改装した甲州市役所。

 7月15日(火)
「総務文教常任委員会」行政視察 2日目
茅野市 ●長野県/茅野市 「消防団確保対策について」
 茅野市では、消防団員の確保のため消防団員や家族が市内の店舗で料金割引などのサービスを提供し 、地域を守る消防団の活動を支援している。「消防団サポートカード」)を団員に配布し、趣旨に賛同する協賛店で提示すると、サービスが受けられる仕組みである。
 本市においても団員の欠員が生じている。さらに団員の高齢化も見られ、団員確保は多くな課題である。
甲府市 ●山梨県/甲府市 「甲府市公共交通体系基本構想(デマンド交通)について」
 午後は、長野県茅野市から山梨県甲府市に移動。
 甲府市の公共交通構想全体、並びにデマンド交通について説明を受ける。
 甲府市ではH22年秋に土日祝日除く40 日間、デマンド交通の実証実験を実施した。その結果、利用率が非常に低く採算面も勘案すると持続可能な公共交通手段として、将来に渡り運営するには課題が残る結果であった。

 7月14日(月)
「総務文教常任委員会」行政視察 1日目
中町通り ●長野県/松本市 「中心市街地活性化について」
 米沢市から東北→長野新幹線を乗り継いで松本市へ移動。それでも移動に5時間ほど要した。
 担当者より「中心市街地活性化について」について説明を受けた。松本市は中心市街地活性化に向けて、国ほ補助などもを使いながら多くの事業を組み合わせて実施している。
←写真は白壁と黒なまこの土蔵の風景に整備されている「中町通り」

 7月13日(日)
休養
 久しぶりに行事・会議等も無くのんびりと・・・。
「総務文教常任委員会」行政視察の準備
 明日から16日まで総務文教常任委員会の視察である。
*視察先と項目は
 ●長野県/松本市 「中心市街地活性化について」
 ●長野県/茅野市 「消防団確保対策について」
 ●山梨県/甲府市 「甲府市公共交通体系基本構想(デマンド交通)について」
 ●山梨県/甲州市 「過疎集落等自立再生対策事業について」

 7月12日(土)
「協働事業推進田沢の会」除草作業
除草  6/29に大雨で延期になった「協働事業推進田沢の会」の今年度2度目の除草作業実施。
 今日は19名の方に参加していただだき、前回と一転して好天に恵まれ作業も順調に進んだ。私は事務局として施工写真の撮影や雑務などを担当。
機関会議

 7月11日(金)
「総務文教常任委員会」打ち合わせ・検討
 議会だより133号(8/1発行)に「第2回議会報告会」の意見・要望に対して、議会(委員会)の対応等について掲載する。
 意見・要望に対して、常任委員会として現時点での対応、考え方などについて委員間で議論。
機関紙の配達
監査事務局歓迎会

 7月10日(木)
市政クラブ行政視察 移動日
 北海道釧路市から米沢市まで移動。
 帰路もたんちょう釧路空港→新千歳空港→仙台空港と飛行機を乗り継いでの移動であったが、流石に同じ機種ではなく、たんちょう釧路空港→新千歳空港間はプロペラ機、新千歳空港→仙台空港はジェット機であった。
 7月9日(水)
市政クラブ行政視察 2日目
◇北海道/釧路市
「生活保護自立支援プログラム」
釧路市役所 支援プログラム視察

 7月8日(火)
市政クラブ行政視察 1日目
◇北海道/根室市
 「交流促進事業について」
 仙台空港→新千歳空港→根室中標津空港と飛行機を乗り継いでの移動。新千歳空港の乗り換えた飛行機は、何と仙台空港から乗った飛行機(写真左)と同じ、しかも客室乗務員の方も同じでびっくり!
交流促進事業視察 プロペラ機

 7月7日(月)
監査委員実務
「市政クラブ」行政視察の準備
 明日から2泊3日の日程で市政クラブの行政視察である。
*視察先と項目は以下の通り
 ●北海道/根室市 「交流促進事業について」
 ●北海道/釧路市 「生活保護自立支援プログラム」

 7月6日(日)
各種事務
 「協働事業推進田沢の会」の作業案内の発送や各種事務整理、メールの返信など...。溜まりに溜まった各種事務を一気に済ませた。
機関紙の配達
 仕事の関係で休日に訪問することが多くなった。担当者の方々と顔を合わせることができずに申し訳ない気持である。

 7月5日(土)
「田沢自彊会」「田沢地区委員会」「田沢コミセン」合同視察研修会 2日目
白米の千枚田  羽咋市から移動し、石川県輪島市に宿泊。
 輪島市の「白米の千枚田」を見学。
 能登は里山・里海を中心に守られてきた能登の持続的な農林水産業と、一体的に維持・保存されてきた伝統的な農村文化の姿が認められ、「能登の里山・里海」が“世界農業遺産”に認定さた。
 帰路は七尾市で昼食を摂り、その後米沢まで一気に移動。帰りも8時間ほどの時間を要した。
 ほぼ2日間、座りっぱなし、流石にお尻が痛くなった。

 7月4日(金)
「田沢自彊会」「田沢地区委員会」「田沢コミセン」合同視察研修会 初日
バスのなか  「田沢自彊会」「田沢地区委員会」「田沢コミセン」の合同視察研修会に参加。参加者は総勢で40名である。
 初日は大型バスで石川県羽咋市まで一気に移動。米沢市から羽咋市まで、北陸自動車道を通り約7時間30分ほどを要して到着。
 羽咋市では「活性化計画」について、仕掛け人の市の職員よりパワーポイントを使っての説明を受ける。
 昨日も記したが、神子原地区は米のブランド化による農業所得の向上、さらに空き農地の活用による移住者(UIJターン)の受け入れなどの施策を実施している。
 米のブランド化によって@高所得者になれば離村しない。Aサラリーマン並みの所得の確保。B生産意欲、自立・自活促進。CUIJターンの若者確保。D生産者となれる農業。E生産・管理・販売サイクルを目的にマスコミを使いながら戦略的に行っている。
 神子原地区の取組みは、大変興味深い内容で、田沢地区の活性化にも活かせることが多く含まれていた。大いに勉強になった研修であった。
神子原研修

 7月3日(木)
私用で長井市へ
「田沢自彊会」「田沢地区委員会」「田沢コミセン」合同視察研修会の準備
 明日から1泊2日で石川県の羽咋市の神子原地区の視察である。参加者は全体で41名の予定。
 石川県羽咋市神子原地区は、全国の農業関係者からの視察が絶えない画期的な米作りが行われている。その米作りというのは、自然栽培農法である。その土地で収穫した稲藁・米ぬかだけを肥料にした完全無農薬の農法とのこと。
 原子地区はかつて住民の54%が65歳以上の高齢化が進む地域であった。神子原地区の米をブランド化すれば限界集落を脱する突破口になると、バチカン市国の大使館に出向き神子原米を献上。
 北陸の小さな町の快挙はすぐに様々なメディアに大きく取り上げられた。こうして神子原米は通常の2倍の価格ながら全国から注文が殺到する程の人気を獲得。
 さらに12世帯35人がが神子原地区に移住。限界集落から脱することに成功。農業に興味のある若者も頻繁に訪れ活気のある集落に生まれ変わった。
 視察が楽しみである。

 7月2日(水)
議会レポート ゆきしろNo.44」の作成
 相変わらず筆が進まない。半日パソコンに向かったが、ほとんど書けなかった。とにかく頑張るしかない!
各種事務
 協働事業推進田沢の会の報告書や、東側自治会の会計の整理などの各種事務
歯科医院
 6/26の定期検査を結果を受け、歯石取りなどの治療を受ける。今回は今日で無事終了。
腰痛症
 先日からどうも腰が重い。とうとうパソコンに向かっていたら固まって動けなくなってしまった。
 高校の同級生の「春日接骨医院」で治療を受ける。おかげで大分楽になった。

 7月1日(火)
市政クラブ打ち合わせ
 議会運営員会の報告、7/8〜10の日程で実施する会派視察の確認、当面の活動などについて協議・打ち合わせ。
第49回 田沢地区青空地区委員会
青空地区委員会  地区選出の議員として挨拶をさせていただいた。
 挨拶では、@交流人口の拡大と、A北海道根室市で実施している「移住体験住宅」について話をさせていただいた。
 6月の住民基本台帳人口は、総数で85,217人である。本市の人口は減少傾向にある。
 また田沢地区の人口は675人と、こちらも減少が著しい。
 委員会終了後の懇親会にも参加。地区の方々より様々な意見を聞かせていただいた。