2014年1月 2014年日記牽引 以前の日記牽引

 1月31日(金)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
啓翁桜  今日は突風が吹く吹雪模様の天気であったが、三沢地区の家庭を訪問。
←吹雪の中、訪問した家庭の玄関に『啓翁桜(けいおうさくら)』が飾られていた。
 啓翁桜は中国のミザクラと彼岸桜を交配したもので、独特の生産技術を用い冬に咲かせるものだ。置賜地方の冬の風物詩である。
「いっぱいあるからもてっけ〜」と“春”と“暖かい気持ち”をいただいた。
 そして、我が家の玄関にも冬の風物詩を...。
新社会党2014年旗開き
新社旗開き  脱(反)原発、米軍基地撤去、消費税増税やTPP、雇用問題の抜本的改善など、課題は山積している。
 今、私たちにできることを一つ一つ積み重ね運動を作っていく以外にない。
 『良い年でありますように』から、自らが動き『良い年にしなければならない!』

 1月30日(木)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
 今日も三沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。多くのお宅で「お茶飲んでけ〜」と声をかけていただき、何軒かのお宅に上がらせていただいた。
 話題は降雪が少なく過ごしやすいこと、サル被害対策や中山間地の活性化など、多岐にわたり様々な提案や提言をいただいた。これまたありがたいことである。地域と行政を結び貴重な提案・提言を市政に反映させるのは、私たち議員の大事な役割である。
映画「永遠の0」
 どうしても「永遠の0」が見たくて、夕方映画館へ。
 百田尚樹さん原作の「永遠の0」はすでに読破した。文庫本で600ページの大作である。
 「永遠の0」の映画は、零戦で出撃に向かうパイロットの若者が主人公の物語である。映画はほぼ原作どおりのストリーで、2時間半ほどの時間に、内容がうまくまとめられてあった。
 零戦搭乗員の悲劇を祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていくストリーである。
 中盤から結構周りの人が泣いていた。私の涙腺もうるうると...。なかなかの感動である!

 1月29日(水)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
戸倉山  今日も三沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。
 朝は小雪が舞ったが、徐々に天候も回復。配布活動も順調に進んだ。

←写真は簗沢の「戸倉山」を綱木ダム方面から撮影したもの。「戸倉山」は地元では“三角山”と呼ばれている。どの方向から見てもほぼ三角に見える。
「結いのき」へ
 「生活クラブやまがた生活協同組合」前理事長と市政全般にわたり意見交換。
米沢地区労働者福祉協議会「2014 新春のつどい」に来賓参加
 働く人の賃金の低下と労働条件の悪化に歯止めがかかっていない。非正規雇用が、労働者の3人に1人、若者と女性では2人に1人にまで広がっている。低賃金で不安定な働き方の非正規雇用の拡大は、正規雇用の労働者の賃金と労働条件の低下、長時間労働にも拍車をかけている。
 賃上げと雇用の安定は、デフレ不況の打開のためにも待ったなしの課題である。労働者の所得が増えてこそ、民間消費と国内需要を活性化させることができる。今春闘では、賃上げと安定した雇用の拡大を、労働者の要求としてかかげ運動を進めなければならない。

 1月28日(火)
市政協議会
 当局より「新文化複合施設」建設地の地中からコンクリート残存物が見つかり、追加工事費として1億6500万円の追加補正、並びに工期が約5カ月半延びるとの報告がああった。
 また、市長から議会・市民に迷惑をかけた責任を取って自ら減給する方針が示された。
 さらなる増額補正と工期延長に、委員より様々な角度から疑問・意見が出、ほぼ1日間集中的に議論を行った。しかし、まだ不十分とのことで、改めて4日に市政協議会を開催することとなった。
 市民説明会については、多くの委員会ら開催を求める声を受けて、臨時議会の開催前に開くこととなった。
 「新文化複合施設」の追加補正予算を審議する2月臨時会(議会)は2月5日に開催。

 1月27日(月)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
三沢東部小学校  三沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。
 午前中は小雪もちらつく不安定な天気であったが、午後は青空が望む好天となった。配布活動も、ほぼ順調に...。

←写真は三沢東部小学校の昇降口から校舎を撮影したもの。今年は雪も大分少ないようだ。
歯科医院
 2カ月に1度の歯周病の定期診察。

 1月26日(日)
休暇
 今日は行事・会議等もなく久しぶりの全1日休暇。のんびりと・・・。

 1月25日(土)
機関紙の配達
さようなら原発 米沢のつどい(第9回)
第9回つどい 高橋先生 「さようなら原発 米沢」代表、山形大学名誉教授の『高橋寛』氏より「原発、風車そして安心の技術」と題して、講演をいただいた。
 講演では実体験に基づいて、原発のない社会実現に向けての私たちの暮らし・考え方などについて話をしていただいた。
 大変興味深く勉強になる内容であった。

 1月24日(金)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
栂峰 霧氷  昨日に引き続き田沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。
 今日は特別“感じた”朝であった。我が家周辺の木々は霧氷でドレスアップ。
 日中は、穏やかな天気で配布も順調に進んだ。今日で田沢地区は終了。
「議会レポート ゆきしろ No.42」を労働組合・団体に持参
 「ゆきしろ No.42」を支持をいただいている労働組合・団体に持参。

 1月23日(木)
監査員実務
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
R121  午後の2時間ほど、田沢地区の家庭を訪問。やや風があったものの穏やかな天気であった。話題は、今冬の雪の量。
 昨年と比較すると半分ほどの積雪かも?現在のところ「雪が少なくてたすかる」との意見が多かった。同感である!

←写真は国道121号線。圧雪もなくアスファルトが出ている。

 1月22日(水)
総務文教常任委員会協議会
 「Jアラート自動起動装置の運用開始」、「米沢市体育協会の法人化」などについて説明をうける。各報告とも簡単な議論で終了。
 また、委員会終了後に、昨年秋に実施した『議会報告会』に寄せられた意見・要望等を検討。総務委員会として3項目を選び政策提言に向けて継続的な検討をすることとなった。
 尚、各委員会での検討事項等については、3月15日の『議会だより』の臨時号でお知らせする予定。
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
 午後は、昨日に引き続き田沢地区への「ゆきしろ」の配布活動。
 今日は、晴れたと思ったら、急に猛烈に雪が降りだしたりと、いわゆる“ダシ荒れ”の天気であった。それでも順調に配布活動が進み、田沢地区の約半数を終了。

 1月21日(火)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の家庭配布
神原の雪  田沢地区分の250枚を輪転機で印刷し、早速、配布活動開始。
 今日は比較的穏やかな天気で、配布も順調に進んだ。


←写真は神原地内。昨年と比較すると大分雪も少ない感じである。おそらくこの程度が平年並であろう。
小学校の恩師を囲む会
 小学校の恩師を囲み、同級生で年に2回ほどワイワイガヤガヤと楽しい飲み会を続けている。昔話&世間話で大いに盛り上がった。

 1月20日(月)
市政協議会
 「米沢市まちづくり総合計画第5期実施計画」「米沢市新文化複合施設新設建築工事の経過及び進捗状況について」報告を受ける。
「米沢市まちづくり総合計画第5期実施計画」では、2014〜15年度の第5期に実施より事業の概略と財政予想について説明を受ける。新規は74事業。継続事業を含めると370事業である。
 「米沢市新文化複合施設新設建築工事の経過及び進捗状況について」では、新文化複合施設の建設現場の土中から大規模なコンクリート残存物が発見され、その撤去費用に新たに1億6000万円の追加予算が必要。また、工期が4カ月ほど延びるとのことであった。
 コンクリート残存物は、地下7.5m付近に厚さ1mほどコンクリート底盤が相当の範囲で残って、簡単に掘削できる状態ではなく、“ケーシング工法”という特殊な工法を用い、地中の残存物に円柱状の穴を空けそこにコンクリート柱を建て(打ち込み)地盤の強化するとの内容であった。
25年度 置賜二市二町議会議員親善交流会
山形DC  記念講演会では、JR東日本(株)仙台支店営業観光課長の『杉山史則』氏より、「山形デスティネーソンキャンペーン(DC)に向けて」との演題で講演をいただいた。
 山形DCは今年6/14〜9/13の間で実施。多くの観光客が本県を訪れてくださるだろう。
 この、取組みを一過性のものでなく、いかにリピーターを増やすかが、課題である。
機関会議

 1月19日(日)
事務所の整理
 原稿の執筆等が続き、仕事の書類、釣り関係の書籍・雑誌が所狭しと広がっている。整理しなければとは思っていたのだが、なかなか片付けれれずにいた。
 結構な時間を要して事務所を整理。
親戚の葬儀に参列

 1月18日(土)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の作成
 例年よりも大分遅れたが、何とかく完成。コラムの執筆と校正をしていただくため、編集委員の方にメールで送付。
 来週から配布活動開始!
気分転換
訪問者は誰 ミズナラ  「ゆきしろ」作成の合間に、気分転換に近所を散策。

←写真右は、この家に訪ねた客は?猫でしょうか、狸でしょうか?
 写真左は、寒風を受け雪を付けたミズナラの大木を青空をバックに撮影。

 1月17日(金)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の作成
機関紙の配達
米沢地区平和センター・勤労者福祉協会「2014年新春旗開き」
労働歌 ガンバロウ  米沢地区平和センター推薦議員として参加。
 私はスピーチで、“労働組合の社会的責任”について話をさせていただいた。
 労働組合が自らの企業を監視し、意見を言い、安全を確保させることも労働組合の大きな役割である。

 1月16日(木)
「議会レポート ゆきしろ No.42」の作成
ハンの木  ようやく調子が出てきた。今日は何とか表面が完成完成。


←作成の合間に近所を散歩。
 雑木の間から陽が差し、青空と白銀のコントラストが奇麗だった。
機関会議

 1月15日(水)
早くも3回目の雪下ろし
栂峰  まだ下すほどの積雪量でもないのだが、天気も良いので今シーズン3回目の雪下ろしを行った。
 雪下ろし、その片付けでちょうっと疲れた。明日は筋肉痛だろうか?(明後日かも?)

←写真は我が家の2階の屋根から栂峰を撮影したもの。
「監査委員会」交流会

 1月14日(火)
つり人社「渓流2014」の原稿執筆
 昨日、書き上げた原稿を校正し、早速、編集部へメールで送る。
「議会レポート ゆきしろ No.42」の作成
 例年なら、とうに出来上がり配布活動に入っている時期だが、忙しく作成する時間が取れなかった。早く作らなければと気は急くが、紙面の構成が決まらず苦慮。

 1月13日(月) 成人の日
つり人社「渓流2014」の原稿執筆
 終日パソコンに向かい、何とか4000字の原稿を書き上げた。「渓流2014」は2月上旬発売予定とのこと。
 次は「議会レポート ゆきしろ No.42」。もうひと頑張りである!

 1月12日(日)
第34回 消防出初式
分列行進
分列行進
一斉放水
一斉放水
 第34回「消防出初式」に出席。
 出初式は、「本市の無災害を祈念し消防団員の士気を高め、あわせて市民の防火思想の高揚を図る」ことを目的に毎年この時期に開催されている。
 今日は穏やかな天気であったが、それでも肌寒い天気の中、分列行進、観閲式、一斉放水と見事な出初式であった。

 1月11日(土)
「田沢地区新春顔合わせ会」兼「表彰受賞者祝賀会」
草木塔の詩  田沢地区の全体の顔合わせ会と、昨年度各種表彰を受賞された方々の表彰受賞祝賀会が、田沢コミュニティセンターで行われた。
 今年は『草木塔の詩』(作詞・作曲 毛利治郎さん)「CD・踊り発表会」も行われた。シンガーソングライターの「毛利治郎」さん作詞・作曲の『草木塔の詩』に『田沢なでしこ会』の皆さんが、振付を付けし踊りが初披露された。
 大変好評で早速安部市長から、秋の『草木塔祭』での出演依頼があった。
 
 私は式典で地区選出の市議会議員として、祝辞を述べさせていただいた。
 祝辞では、草木塔の里づくりについて、人工芝サッカー場建設の効果、新文化複合施設(図書館)建設などについて話をさせていただいた。
田沢なでしこ会

 1月10日(金)
機関打ち合わせ
機関紙の配達
「米沢市立病院労働組合」旗開き
松ヶ崎神社  和気あいあいと大変盛り上がった旗開きであった。


←写真は松ヶ崎公園の夜景。
 表題の旗開きに参加のために「松が岬公園」を通ったら、雪が降り雰囲気が良かったので携帯で撮影。

 1月9日(木)
つり人社「渓流2014」の原稿執筆
 昨日、『東北の渓流ガイド本』の原稿を脱稿したばかりで、直ぐに「渓流2014」の原稿に取りかかる。
 「渓流2014」の原稿は、昨年の初夏に岩手県でのヤマメ釣りを取材したもの。一応、旅行記風に書くつもりだが...頭の切り替えができずなかなか筆が進まない。
「議会レポート ゆきしろ No.42」の作成
 こちらも筆が進まない。

 1月8日(水)
つり人社『東北の渓流ガイド本』の原稿執筆
 何とか原稿を書き上げた。後は若干の校正をすれば完了。16,000字の原稿を10日ほどで書き上げた。
「議会レポート ゆきしろ No.42」の作成
 ようやく「ゆきしろ」の作成に入った。「ゆきしろ」は定例議会開催(3、6、9、12月)の都度発行してきた。しかし、昨年の9月議会の報告は作成に入ったが、出張等が重なり完成・させることができなかった。初めてのことであった。大いに反省である。
 2013年12月議会報告は何としても完成させ、そして、皆様のところに届けなければ...。

 1月7日(火)
ウォーキング
朝焼け  運動不足解消のため、早朝にウォーキング。東の空が奇麗な朝焼けに染まった。

←構図、色ともいまいち。携帯では・・・?
監査委員実務
税務課へ
 水窪ダム、綱木川ダム関係の市税等についてレクチャーを受ける。
 水窪ダムは農林省(現・農林水産省)東北農政局が建設したかんがい用ダムで、現在は米沢平野土地改良区が受託管理を行っている。
 綱木川ダムは、洪水による被害を防ぎ、また水道用水確保のため建設されたもので、山形県が管理している。
つり人社『東北の渓流ガイド本』の原稿執筆

 1月6日(月)
平成26年 新春名刺交換会
市長挨拶 アトラクション  「米沢市」「米沢商工会議所」「米沢繊維協議会」「山形おきたま農業協同組合」「米沢市芸術文化協会」の5団体が主催する『新春名刺交換会』に出席。
 多くの方々の出席で盛大に開催された。
つり人社『東北の渓流ガイド本』の原稿執筆

 1月5日(日)
つり人社『東北の渓流ガイド本』
 終日、自宅でパソコンに向かい表題のガイド本の執筆。ようやく2/3(約10,000字)ほど書き進んだ。もうひと頑張りというところまで来たが...
「渓流2014」
 「つり人社」編集部から突然の電話。『渓流2014』の原稿の執筆依頼であった。締め切りは15日だという。おそらく他の執筆者の都合なのだろうが、時間が少なすぎる。しかも、ようやくガイド本の目処が立ったてきたばかりである。
 丁重にお断り申し上げた。しかし、編集者に泣かれ、結局執筆を了承。

 1月4日(土)
田沢の山を散策(トレッキング)
冬なめこ  カンジキを履いて田沢の山を散策(トレッキング)。立ち枯れの木にナメコとムキタケが出ていた。トレッキングから急遽、キノコ採りに...
 収穫したナメコを鍋に入れ「ナメコ鍋」にしていただいた。味が濃く大変美味であった。
 しかし、この時期にナメコが取れるとは、人生初の経験である。
つり人社『東北の渓流ガイド本』の原稿執筆

 1月3日(金)
年始の挨拶
 連れ合いと親戚に年始のご挨拶
つり人社『東北の渓流ガイド本』の原稿執筆
小野川温泉へ
 東京の釣り仲間が、夫婦で小野川温泉に湯治に来ている。私よりも若いのに湯治?「秋に交通事故に合い、むち打ちがひどいので小野川温泉に湯治に来た。」とのことであった。
 久しぶりに釣り・渓流・山の話に花を咲かせた。

 1月2日(木)
親戚・知人の訪問
 実家ということもあり、親戚の方々が多数新年の挨拶に来てくださった。話題は安部のミックス、特定秘密保護法、消費税増税など日本はどこに向かうのか?
つり人社『東北の渓流ガイド本』の原稿執筆

 1月1日(水) 元旦
2014年の活動開始
 田沢地区の6地域の「新春顔合わせ」で挨拶をさせていただいた。
東側 上の町
神原 下中原