2013年9月 2013年日記牽引 以前の日記牽引

 9月30日(月)
朝焼け
朝焼け  きれいな朝焼けで週初めを迎えた。今週はぐずついた天気の日が多いようだ。
 稲刈りも最盛期を迎えており、天気が心配である。

←撮影は連れ合い
機関紙の配達
決算委員会打ち上げ

 9月28〜29日
国鉄労働組合仙台地方本部第68回定期地方大会
国労大会  宮城県松島で行われた「国鉄労働組合仙台地方本部第68回定期地方大会」に国労議員団として出席。
 JR北海道が多数の線路異常を放置していた問題や、JR四国の鉄道橋梁未補修問題など、JRグループでの安全意識の欠如が大きな社会問題となっている。
 このことについては、国鉄分割民営化当時から国労が危惧していた問題である。極めて大切な「安全」がないがしろにされた原因や背景は何だったのか。
 残念ながらJR北海道・四国とも国労の組織率は極めて低い。労働組合のチェック機能はきちんと働いているか?労働組合の社会的責任は求められる時である。
国労仙台地方本部議員団総会
 大会と並行して議員団総会を開催。震災からの復興やエネルギー政策の転換、只見線・仙石線の復旧、地域公共交通などについて意見交換。
 特に只見線・仙石線の復旧については、周辺自治体からも強い要請がある。国労議員団としても国労本体と連携を取りながら、積極的に運動を進めることを確認。

 9月27日(金)
議会本会議(最終日)
 各委員長(決算、総務文教、民生、産業建設、予算、悪臭特別委員会)報告の後、議案の採択。
 会派として「後期高齢者医療費特別会計歳入歳出決算」「特別職と職員給与の引き下げ」に反対、その他の議案については総て賛成。
 2012年度一般会計決算、特別会計決算、企業会計など14件を認定。一般会計補正予算案などの議案15件、発議3件を可決、採択。
 6月議会で否決となった「特別職と職員給与の引き下げ」は、賛成多数と解決となった。そのことを受け、議員報酬も削減の発議が行われ、こちらには会派として賛成。議員報酬の削減は、賛成多数で可決。
監査員実務
『草木塔の詩』発表会
毛利治郎さん

草木塔の詩発表会
 シンガーソングライターの「毛利治郎」さん作詞作曲の『草木塔の詩』のお披露目・発表会が田沢コミュニティセンターで開催された。
 作詞作曲の毛利治郎さんは、何と山口県岩国市在住とのこと。地元ケーブルテレビに『草木塔』の番組が放映され、興味を持ち田沢に訪れて、この歌を作ったとのことである。
 発表会には、地元の方々や『おいたま草木塔の会』方が多数参加され、地元のいも煮などの手作り料理が用意され、酒を酌み交わしながらの会であった。
 毛利さんに『草木塔の詩』だけでも5回(おそらく)ほど、その他の持ち歌も披露していただき、大いに盛り上がった会であった。

 9月26日(木)
『ばんだい餅』と『草木塔祭』
ばんだいもち
 田沢コミュニティセンターでは、『草木塔祭』の準備が進められている。
 『草木塔祭』は、9月28・29日に松が岬公園・伝国の杜周辺で開催される『なせばなる秋まつり』のなかで、28日(土)の正午から行われる。
 草木塔は田沢地区が発祥の地である。お祭にも多くの方々がボランティアで参加される。
 注目は『ばんだい餅のふるまい』である。ばんだいも餅とは、山仕事の際の食事である。木の切り株を利用して調理されたようだ。
 ふるまわれる『ばんだい餅』のパックに写真上のシールが貼られている。イラストは、草木塔のマスコット“こだまちゃん”。
 『ばんだい餅のふるまい』は新着100名、お早めに・・・!
 写真下は木材で作成された草木塔のコースター。こちらは会場で販売予定。
米沢市立病院労働組合
 特別執行委員として組合の話し合いに参加。

 9月25日(水)
支持労組・団体訪問
 支持をいただいている労働組合・団体に「後援会総会」&「いも煮会」の案内を持参。
 役員の方々と行政や労働環境、脱原発などについて意見交換。
   「我妻とくお後援会」総会&いも煮会
日時 10月20日(日) 午後5時〜
場所 田沢コミュニティセンター
   ※ 誰でも参加できます。お気軽においで下さい。

 9月24日(火)
悪臭問題特別委員会
 委員長より「堆肥製造事業所の代表者との意見交換について」の報告を受ける。「堆肥の運搬は進んでいないが、新たなに事業展開予定の飼料用作物栽培地の確保のめどが立ちつつある。」との報告であった。
 また、当局より悪臭苦情件数等の報告もあった。。
 悪臭苦情件数は減少傾向にあり、養豚事業者周辺に限られてきたとのことである。堆肥製造事業所は堆肥の製造、運搬を実施していないこともあり、8月・9月とも苦情は寄せられていない。
機関会議

 9月23日(月) 秋分の日
山の幸
 今年も恵みをいただいた。
小野川温泉観光協議会
 会長より『小野川温泉のまちづくり』プランについて相談を受ける。
 小野川温泉は、「小野川温泉 ほたるまつり」など、そのなかで培われたまちづくりのDNAがある。旅館だけじゃなく商店や住民も一緒に、知恵を出しあって「まちづくり」に取り組んでいる。
 そして、温泉は泉質・効能とも抜群で、温泉の定義の溶存物質やリチウムイオン(精神安定)、メタケイ酸(美肌効果)など八つの満たしている。お肌にやさしい中性の湯である。また、“健康を守る水”として引用もできる。
 小野川温泉は、『住みよいまちこそ、訪れたいまち』を目指して奮闘している!

 9月22日(日)
秋彼岸
 彼岸ということで連れ合いと親戚の家々に焼香に・・・。
 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものた。朝晩はめっきり気温が下がり肌寒さを覚えるほどだ。秋は食欲の秋、運動の秋、そして、“読書の秋”である。 
 私も、一昨日、昨日の2日間で村上春樹著「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を一気に読んだ。
 この物語は、主人公多崎つくるの、喪失と回復の物語である。高校時代の親友から突然絶縁されて、そのショックで翌年まで自殺のふちをさまよった。そんな過去と直面すべきだと恋人にうながされ、16年ぶりにかつての仲間を訪れる、彼の『巡礼』の旅である。
 久しぶりに読む村上作品は、巧妙なタッチで私を小説の世界に引き込んでくれた。痛みを抱えつつも、前に進んでいこうとする姿に感動!

 9月21日(土)
機関紙の配達
HPの更新
 議会発言に「3月議会 質問項目」 、ゆきしろに 「ゆきしろ No.41 (PDF)」を追加

 9月20日(金)
予算特別委員会
 付託議案の審査を行った。 
 審議に時間を要した予算委員会であった。
 制度改正により米沢市が中小企業基盤整備機構から、オフィスアルカディア団地と八幡原工業団地の未分譲地を買い取ることにかかわる予算にたいして質問が集中。
 私は「保育士等への援助金」「市道除草の委託方法の改善」「米沢市立病院の労働条件引き下げの問題点」の3項目について質問。
 議案は全て全会一致で可決。
市政協議会
 9月議会に新たに提案される「愛知県西尾市との姉妹都市締結」についての議案の説明を受ける。

 9月19日(木)
現場調査
 市道の補修要望箇所の調査。
監査員実務
「米沢市立病院労働組合」定期大会に来賓出席
 米沢市議会議員(特別執行委員)として挨拶をさせていただいた。
 挨拶では、職員の給与減額が提案されているが、米沢市立病院の24年度決算では1億8000万円の黒字、一昨年の23年度は1億3000万円強の黒字である。経営的には賃金の引き下げをする理由がない。むしろ職員の努力、頑張りに報いる必要がある。
 また、国から地方交付税の人件費削減の分が減額公布されているが、この減額にも適応されていない。減額する理由は「米沢市の職員が給与削減されるから」とのことである。全く理不尽な提案である。
 公営企業法全部適用となり労働組合法の適用である。“労働条件の引き下げには労使合意が必要”である。
 賃金引き下げは看護師等の医療従事者の確保が更に難しくなる。また、経営的にも賃金引き下げは必要ない。この提案の撤回に向けて共に頑張る!

 9月18日(水)
事務整理
 10/20(日)の「後援会総会&いも煮会」の案内文・チラシの作成や「後援会女性のつどい」の準備などの事務処理や打ち合わせ。
家の雑用

 9月17日(火)
監査事務局へ
総務文教常任委員会
 「基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正」「特別職と職員給与の引き下げ」の議案2件と「新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書提出方請願」の審査。
「基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正」は、中小企業基盤整備機構が保有している「米沢八幡原中核工業団地」「米沢オフィス・アルカディア」の土地を米沢市が購入するため議案である。
 米沢市が保有し土地を企業に売却することができるのか?そのための方針は?などに議論が集中。採決の結果賛成多数で可決となった。
「特別職と職員給与の引き下げ」の議案は、6月に一度否決されたものを再上程したもの。この間、職員組合と交渉などを重ね一定の理解を得たとのことであった。
 私は職員の給与については『人事院勧告』により行われるものであること、職員給与削減は地域経済の大きな影響があることなどから反対したが、賛成多数で可決となった。
「新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書提出方請願」では、私は消費税の増額に反対のである。従って消費税増税を前提にした軽減税率の適用に賛成はできない。
 賛成、反対、継続の3種類の意見が出、採決の結果、いずれも過半数に達せず“審議未了”となった。
 また、9月定例会に新たに『西尾市との姉妹都市締結』の議案が追加上程されるとのことであった。
 時間を要したい委員会であった。時間が掛っても納得するまで審議・議論することは大変重要である。詳細に検討することで当局との緊張感を生み、議会改革にもつながると考える。
小野川スキー場【NPO法人おのがわ】と打ち合わせ

 9月16日(月) 敬老の日
横浜市→米沢市
 強風で目が覚めた。横浜市は台風の影響で早朝からものすごい風が吹き荒れた。早々に朝食を済ませ帰路についたが、台風の影響で途中で運転打ち切りになったりと、東京駅に辿り着くのが大変であった。
 東京駅からの山形新幹線は、定時で順調に運行。台風が日本列島を縦断するなか、無事に米沢に到着。まずは一安心!

 9月15日(日)
甥の結婚披露宴
挙式 披露宴  横浜市で行われた甥の結婚披露宴に連れ合いと出席。
 台風で天候が心配されたが、挙式が始まるころには雨も上がり晴れ間が覗くほどまで回復。天気も二人の門出をお祝いするようであった。
 手前味噌かもしれないが、アットホームのなかにも凛とした感動の披露宴であった。

 9月14日(土)
機関紙の配達
つり人社 「月刊つり人11月号」の原稿執筆
 今日が締め切り。雑誌に穴をあけるわけにもいかず、約3000字の原稿を一気に書き上げた。我ながら突貫工事である。早速、出来上がった原稿を編集部へメールで送付。何とか間に合った。
 今回は飯豊町の中津川地区を流れる白川について書いた。「つり人11月号」の発売は今月25日。

 9月13日(金)
決算委員会(4日目)
 企業会計の審議。水道事業会計、米沢市立病院事業会計2件を、全会一致認定。
 今日で決算委員会が終了。
監査事務局交流会

 9月12日(木)
決算委員会(3日目)
 一般会計と国民健康保険事業勘定特別会計や介護保険事業勘定特別会計、下水道事業費特別会計などの審議。
 一般会計、各特別会計13件を、全会一致または賛成多数で認定となった。
地域担当主幹と打ち合わせ
「我妻とくお後援会」役員会
 役員の皆さんに「後援会総会&いも煮会」のご相談をしていただいた。
 今年も会場の関係などで、夕方(5時〜)の屋内での開催と決まった。
   「我妻とくお後援会」総会&いも煮会
日時 10月20日(日) 午後5時〜
場所 田沢コミュニティセンター
   ※ 誰でも参加できます。お気軽においで下さい。

 9月11日(水)
現場調査
新屋敷案内石碑  8/28に記した「草木塔の案内石碑」の工事が終了したとのことであったので、一応、現場を確認。案内石碑の工事が丁寧に行われていた。
決算委員会(2日目)
 民生費、衛生費、労働費、商工費の審議。
 2日目となって座る位置にも少し慣れてきたが...。
つり人社 「月刊つり人11月号」の原稿執筆
 とにかく昨日依頼のあった原稿に取り掛かったが、構成が決まらず一行も書くことができなかった。何を書くかだが...。
 3年連続の大雪のことか、それとも大雨の影響にするか???相変わらず優柔不断で決め切れない!

 9月10日(火)
決算委員会
 今日から決算委員会がスタート。
 議会選出の監査委員の座る席は、当局(行政)側である。質問があれば、答える立場である。普段(議員)との目線の違いに幾分緊張気。どうもお尻のあたりがむずむずする感じである。
 午前中は当局から一般会計、特別会計、企業会計の概略説明を受け、総括質疑と帳票検査。午後から一般会計の議会費、総務費の審議。
市政クラブ交流会
つり人社 「月刊つり人11月号」の原稿依頼
 今年の渓流釣りの想い出をエッセイ風に、3000字でほどで書いてほしいとの依頼を受ける。締め切りは今週末の14日。どう考えても無理である。丁重にお断り申し上げたが、編集者に泣かれ、結局、引き受けてしまった!
 想い出といわれても...。どこの河川のどんな出来事を書けばいいのか???

 9月9日(月)
文化課へ
議会本会議 一般質問(3日目)
 5名の議員が一般質問を行った。今日で一般質問は終了。

 9月8日(日)
映画「少年H」
 第45回米沢市民総合体育大会「陸上競技大会」の開会式に大会参与として、さらに、田沢地区民として「50代の60m走」に出場する予定であったが、雨のため競技会は中止。ぽっかりと1日時間が空いた。
 そこで、以前から見たかった『妹尾河童』氏原作の『少年H』を鑑賞。
 『少年H』は『妹尾河童』氏の大ベストセラーである。確かJRに勤めていた当時に、通勤電車の中で読んだ。自伝的小説を実写化したヒューマン・ドラマである。。
 物語は、太平洋戦争下という時代に翻弄されながらも、勇気や信念を貫いて生きた家族の激動の20年間を描いたものだ。
 作品のなかで、戦争後の大人の変容に戸惑う少年Hの姿が描かれている。私たち大人は、今の時代でも真実を見つめているのか。子供たちに何を教えているのか。深く考えさせられた。
 ラストは感動で目がうるうると...。
縁起物完成
縁起物  昨日、発見した蛇の抜け殻で『寿』の字が完成。縁起物として我が家に掲額。
 これで我が家も金運UPか〜〜〜???

 9月7日(土)
発見
蛇の抜け殻  我が家の軒先で蛇の抜け殻を発見。それもほぼ完ぺきな姿で...。体調は約140cm、おそらく青大将では?
 ヘビは弁財天の使いとされ、豊穣の神、雨の恵みをもたらす天候の神として有名である。
 また、抜け殻が示すとおり、へびは脱皮を繰り返して成長していくことから、古来からへびは“再生”や“無限”のイメージを持ち、無限の知恵や金運を生み出すと考えられてきた。
 自然からの贈り物である。ありがたく頂くこととした。
機関紙の配達
新社会党米沢支部定期大会

 9月6日(金)
総合政策課へ
 地域担当主幹と打ち合わせ
議会本会議 一般質問(2日目)
 今日も聞き約。5名の議員が一般質問を行った。
市政協議会
 本会議終了後に市政協議会が開会された。昨日、総務文教常任委員会に説明があった、『特別職と職員給与の引き下げ』の議案について市政協議会の場で改めて議論。

 9月5日(木)
議会本会議 一般質問(初日)
 完全に聞き役。議会選出の監査委員は、職務上「一般質問」を行わない申し合わせである。
 今日は5名の議員が一般質問を行った。
総務文教常任委員会
 6月定例会で否決となった『特別職と職員給与の引き下げ』の議案を追加い議案として再上程される予定。議案内容や職員組合との交渉経過などについて説明を受ける。
小野川スキー場【NPO法人おのがわ】と打ち合わせ

 9月4日(水)
夜明け
田沢の夜明け  放射線状に光が伸び、とても奇麗な夜明けであった。
 季節は着実に移ろい秋の気配が漂ってきた。もう少し経てば稲刈りも始まるだろう。農家の方に話をお聞きすると、作柄は平年並みとのことであった。
家の雑用

 9月3日(火)
議会本会議
 9月定例会(議会)が始まった。期間は27日(金)までの25日間。9月議会は前年度の決算を審議する決算議会でもある。決算委員会は10〜13日の4日間。一般会計、特別会計、企業会計の順に審議される。
 決算委員会では、監査委員として当局側である。当然、質問があれば答弁もする。
「議会レポート ゆきしろ」を友人・知人宅に持参
 友人・知人宅に「議会レポート ゆきしろ」を1年分まとめての持参。今日で予定していた分を何とか終了。
米沢市立病院労働組合
 特別執行委員として話し合いに参加。

 9月2日(月)
「議会レポート ゆきしろ」を友人・知人宅に持参
 友人・知人宅に「議会レポート ゆきしろ」を1年分まとめての持参。久しぶりにお会いする方も多く、つい長話に...。
監査委員実務
 市長に24年度決算監査意見書の概要について代表監査委員より説明。
 明日から9月定例会(議会)が開会される。9月定例会は『決算議会』ともいわれ、決算特別委員会が開会され24年度の決算が審議される。
 9月定例会の会期は、9月3日(火)から9月27日(金)までの25日間。

 9月1日(日)
田沢地区委員会・田沢コミュニティセンター合同視察研修
南相馬市 視察研修  田沢地区委員会・田沢コミュニティセンターの視察研修で福島県南相馬市を訪れた。
 東日本大震災から2年6ケ月が経過し、現状等について現地の方の案内で視察させていただいた。
 海岸近くの道路では、まだ津波の被害を受けた建物が残されたままになっていた。