2012年8月 2012年日記牽引 以前の日記牽引

 8月31日(金)
平成24年度「三沢・田沢合同慰霊祭」
 来賓として表題の慰霊祭に参列。
 戦後67年が経過し、日本の人口の4分の3が戦後生まれとなった。今を生きる私たち責務は、「戦争の悲惨さ」をしっかりと後世に語り継ぐこと。そして、平和な世界を作ることである。
議会運営委員会
 9月定例会(議会)の運営と一般質問の順番を決定。質問順は抽選で決定される。今回の一般質問者は16名である。2期目、3期目とも一般質問の最終日に登壇することが多かったが、今回は珍しく中日に出番となった。
*9月定例会の一般質問の順番は
会    期 9月5日(水)〜9月28日(金)までの24日間
一般質問  
9月7日(金) @工藤 正雄 議員 A木村 芳浩 議員 B遠藤 正人 議員 
C小久保 広信 議員 D斎藤 千惠子 議員 E島軒 純一 議員
9月10日(月) F高橋 壽 議員 G我妻 コ雄 議員 H堤 郁雄 議員 
I白根澤 澄子 議員 J山村 明 議員
9月11日(火) K佐藤 忠次 議員 L山田 富佐子 議員 M橋 義和 議員
N渋間 佳寿美 議員 O中村 圭介 議員
*我妻徳雄の一般質問は9/10(月) 午前11時頃からです。
会派代表者会議
一般質問の聞き取り調査
 当局より一般質問の聞き取り調査を受ける。
 今回は3項目(8/29記参照)について質問をする。関係課は農林課、環境生活課、建築住宅課、土木課、高齢福祉会、社会福祉課、総合政策課、教育総務課、社会教育・体育課と9課にもなる。
 通常の聞き取り調査では会派控室を使うことが多いのだが、今回は人数も多いことから委員会室を使用。
 関係課は多いが、事前に質問原稿(粗原稿)を書き上げたので、当局に質問原稿を渡し、聞き取りはごく短時間で終了。
機関紙の配達

 8月30日(木)
9月定例会(議会)一般質問の準備
 質問原稿を書き始めた。
 終日、パソコンに向かい何とか全体の2/3ほどを書き上げた。
 明日は一般質問の聞き取り調査である。私は、質問時間を有効に使い当局から明確・的確な答弁を引き出すために、質問の論点を整理しペイパーで渡すようにしている。もっとも、今回は既に質問原稿を書き始めたので、原稿そのものを渡すつもりだ。

 8月29日(水)
9月定例会(議会)一般質問質問通告
 今日は9月定例会一般質問質問通告の締め切り。私は昨日のうちに通告したので、締め切りは関係ないが...。
*9月定例会 一般質問要旨
1. 鳥獣被害対策について
(1) 鳥獣被害ついて
(2) サル被害対策について
2. 雪害対策について
(1) 崩壊が懸念される空き家等の対策について
(2) 「高齢者等雪下ろし援助員派遣事業」の拡充について
(3) 地域ボランティア等の育成について
(4) 通学路の確保について
3. 市民総合体育大会について
一般質問の準備
 「鳥獣被害対策について」では、ツキノワグマの目撃や被害が急増していることから、その実態と対策について質す。クマの目撃が多いのは、例年は冬眠に向け体を太らせる夏の終わりから秋にかけてである。しかし、今年は春から急増している。異常なペースである。秋以降、どれだけクマが出没するか、注意が必要である。
 また、サル被害対策では、今年度から「鳥獣被害対策実施隊」の活動などについて質問する予定。

 8月28日(火)
8月臨時会(議会)
 新文化複合施設の建設を「まちの広場」に変更するための一般会計補正予算と西部小学校の耐震補強工事の契約変更の2議案に審議。
 新文化複合施設の建設を「まちの広場」に変更するための一般会計補正予算は、賛成12、反対10、退席1で可決となった。市政クラブとして総合点に検討協議し、議案に賛成。
 この間、新文化複合施設の建設地をめぐって、集中的に議論を重ねてきた。国土交通省の『都市再生整備計画事業』として40%の補助が受けられ、2014年度末までの完成が見込まれることなど、改めて「まちの広場」に建設する(案)が提案された。
市政協議会
 本会議終了後に市政協議会が開会された。
*主な当局からの報告事項
9月定例会提出予定議案について
米沢市人口定住促進ビジョンについて
輝くわがまち創造事業について
市民バス廃止代替路線上限運賃化実証実験の実施等について
山形県ドクターヘリの運航について
(仮称)まちなか歴史公園整備計画概要について
財務会計システムの更新に伴う予算書、決算書のスタイル変更について
平成23年度教育委員会事務の点検・評価について
米沢市立学校適正規模・適正配置等基本計画(案)について
 私は「9月定例会提出予定議案」では米沢市人工芝サッカー場グラウンド建設工事請負契約の一部変更でサッカー場に日よけ等の設備がないことを指摘し、その設備とテント等を設置場合の具体的ルールを作ることなどを提案。また、雷の対策も検討する必要があることを指摘。
 「市民バス廃止代替路線上限運賃化実証実験の実施等」は、バス運賃を上限300円にし、実証実験するとのことであった。市民バスの利用促進をはかる意味からも有意義と考える。地域住民の方にそのことをきちんと周知徹底を図ることを提案要望した。
 また、「米沢市立学校適正規模・適正配置等基本計画(案)」では、デリケートな問題だけに学校関係者はもちろん地域住民の方々に丁寧な説明をはかり合意形成を図りながら進める必要があることを指摘。
「原発いらない」置賜講演会/実行委員会
 10/13(土)に開催される表題の講演会実行委員会に出席。
 講演会は国学院大学教授の「菅井益郎」氏を招き、3.11後の福島の現状や事故調査委員会の検証結果、チェルノブイリ原発事故の教訓をいかに活かすかなどについて、公害問題や原発事故の専門的知見をご教授いただくものである。
 講演会は10/13(土)午後2時から、置賜弁化センターホール。参加費は資料代込みで300円。

 8月27日(月)
悪臭特別委員会
 当局から悪臭苦情件数、モニタリング結果、堆肥製造事業者の臭気指数検査結果の報告を受ける。
 委員会終了後に委員で7/19・20に実施した『専門家による堆肥製造業者の調査』結果の取り扱いなどについて協議。調査結果を有効に活用するために、全議員を対象に調査を依頼した専門家より結果報告会を開始し、その後具体的活用について悪臭員会等で検討することとなった。全議員対象の報告会は9月中旬に議長主催で実施で調整。
 また、7月の悪臭特別委員会でおこなった『専門家による堆肥製造業者の調査』の中間報告受けて、8/10に山形県が堆肥製造業者への立ち入り検査を実施。その結果と指導内容について次回委員会で報告を受けることとなった。次回悪臭特別委員会は9/25(火)。
機関会議
 『脱原発』運動のをさらに広めるためにどうすればようか?新たな運動形態の模索中。

 8月26日(日)
『池田満寿夫』展

喜多方市美術館
 友人のブログに喜多方市美術館で開催されている『池田満寿夫』展に行ってきたことが記されてあった。『池田満寿夫』か〜〜〜、テレビにもよく出ていたな。「ヨシ行ってみるか!」
今日は幸い行事等の予定もない。
 『池田満寿夫』は版画家、陶芸家、作家、映画監督、書など芸術のあらゆる分野で活躍したマルチアーティストである。エロティシズムと風刺を詩的に昇華した独自の作風により、パリ青年ビエンナーレ展で優秀賞、ベネチア・ビエンナーレ展で国際版画大賞ほか受賞多数。
 また、1977年に小説『エーゲ海に捧(ささ)ぐ』で芥川賞を受賞している。
9月議会一般質問の準備
 ようやく発言骨子が決まった。8/16記には「サル被害対策について」と「市民総合体育大会について」の2点を質問予定と記したが、勉強しているなかで「鳥獣被害対策について」「雪害対策について」「市民総合体育大会について」の3点とすることとした。
 「雪害対策について」は、昨冬、今冬の2年続けての豪雪を経験し多くの課題が浮き彫りになった。この時期に質問、提案すれば次冬に活かすことができ。改善点を提案するつもりである。

 8月25日(土)
現場調査
●水路の整備
 前日24日の夕方にの集中豪雨で、民家近くの沢が氾濫し土砂が流入。畑や田んぼ、一部家屋が一時水につかる被害が発生した。
 昨日は時雨量(1時間)で30mmほどであったが、数字が示す以上に短時間に降ったため、沢水が一気に流入したものと考えられる。
 用水路の整備など早急な対策が必要である。
●道路改修
 国道121号線の痛みがひどく一部道路に凹凸が発生している。段差は目測で40mmほどある。写真で分かり難いが、矢印の箇所が窪んで水がたまりやすくなっている。
 写真左側が歩道。小学生などの通学路でもある。雨の日は車が通るたびに、溜まった水が勢いよく跳ねて子供らに水が掛かるなどで大変とのことであった。
 地区でも県に対して道路改修の要請をおこなっているが、なかなか進まない箇所である。学校などの関係個所とも協議し粘り強く県に働きかけていかなければならない。

 8月24日(金)
産業建設常任委員会
 産業建設常任委員会所管の9月定例会(議会)提出予定議案、(仮称)まちなか歴史公園整備計画概要、市道女子高東通り中央三丁目線整備計画概要、(株)天元台について、東北中央自動車道相馬福島道路などについて説明を受ける。
 (仮称)まちなか歴史公園整備計画については、新文化複合施設(図書館)建設の候補地の一つとなっていたため計画が止まっていたが、8/28開催の8月臨時会(議会)にまちの広場に建設の方向で上程するのを受けて、改めて整備計画が公表された。
 新計画では遊具等の設置を止め、まちの広場の代わりの施設として、イベントなどが開催できるスペースを確保する。
議会基本条例検討委員会 傍聴
 米沢市議会議会基本条例素案(24年8月6日現在)ができたことで、当初から御教示いただいている法政大学法学部教授の『廣瀬克哉』氏を招き、その素案に対してのコメント等などについて話を聞かせていただいた。
 廣瀬氏は、今回の素案を概ね合格との感想であった。そして、市民へのメッセージの発し方や議会基本条例の運営形態の確認、議会報告会、請願者の意見陳述機会、議員間討議網羅されている点など5点についてコメントされている。
 また、検討会にあたって市民委員を入れたことは、全国で300ほどの議会が基本条例を制定しているが、会津若松市議会について2例目であるとし、高い評価をいただいた。
機関市の配達
田沢地区有志の集い
 田沢地区コミュニティセンター関係の役員を中心とした有志が集い、『地区づくりに』について、酒を酌み交わし膝を突き合わせ語り合った。楽しく、そして大いに勉強させていただいた。

 8月23日(木)
「議会レポート ゆきしろNo.37」の家庭配布
 今日も午前中の2時間ほど「議会レポート ゆきしろNo.37」をもって三沢地区の家庭を訪問。
 
←写真上段は三沢東部小学校と三沢コミュニティセンター
手前は訪問先の家庭菜園である。時折サルが出没するらしいが、何とか被害を阻止しているとのことであった。
 鳥獣被害は営農意欲の減退や耕作放棄地の増加など、被害額として数字に現れる以上に、中山間地に深刻な影響をもたらしている。
各種事務整理

 8月22日(水)
「議会レポート ゆきしろNo.37」の家庭配布
 三沢地区の家庭に「議会レポート ゆきしろNo.37」を持参。
 午前中の2時間ほど配布活動を行った。午前中の涼しいうちにと考えていたが、朝から暑い!明日は24節季の『処暑』(暑さの終わり)だというのに・・・
←戸倉山を望む
 左側の三角の山が標高は663mの戸倉山である。この山はどの方向から見ても三画に見えるのが特徴である。
 地元では『三角山』とも呼ばれている。
9月議会一般質問の準備
 各種資料を集め勉強。質問の骨子が決まらず苦慮。。。
米沢地区平和センターとの打ち合わせ
 9月議会にむけて「市政クラブ」と平和センターで打ち合わせをおこなった。
 『MV22オスプレイ配備と飛行訓練の中止を求める』ことを議会請願とするか、米沢市への要請とするかを協議。
 オスプレイは、これまで6回にわたり墜落事故が発生し、36人が死亡している。構造的に危険極まりないオスプレイの飛行訓練の「航法ルート」に、山形県の上空も含まれている。市民の生命と・安全に直接関る重大な問題である。
 また、米沢市立病院の慢性的な医師、看護師不足の解消の具体的取り組みや、脱原発に向けた議会活動など、平和センターより各種要請があった。

 8月21日(火)
市政協議会
 8/28(火)に開催される8月臨時会(議会)の「新文化複合施設の建設に係わる補正予算」と「米沢市立西部小学校校舎耐震補強その他工事請負契約の一部変更事」の2案件について当局から説明を受ける。
 『新文化複合施設(図書館)』建設予定地について、集中的に議論を重ねてきた。そして、8月臨時会に『まちの広場に建設する』ことを正式提案することとなった。
 この間の議論の経過、そして将来の米沢を考え、我々議員も厳しい判断を迫られる。
議会運営委員会
 9月定例会(議会)の招集、告示について協議。9月定例会は9/5から
機関会議

 8月20日(月)
産業建設常任委員会
 8月臨時会(議会)にかかる産業建設常任委員会関係の議案の説明を受ける。
 8月臨時会は8/28(火)に開催される。
 議案は「新文化複合施設の建設に係わる補正予算」と「米沢市立西部小学校校舎耐震補強その他工事請負契約の一部変更事」についての予定である。
 産業建設常任委員会の所管議案は、「米沢市立西部小学校校舎耐震補強その他工事請負契約の一部変更事」である。耐震補強工事の一部変更により外装、内装工事が追加される。約5900万円の増額となる。
 私から改めて「議会で議決した内容を変更する場合は十分な理由がなければならないと考える。その点についてはどうなっているか?」と質したところ、
 当局から「この種工事の性格上、一定の解体が進まないと全体像が見えない。工事の進捗にともない、結果として追加工事が必要となった。」との回答であった。
 また、「同様に工事が進められている三沢西部小学校も追加工事が必要のため、こちらは12月定例会で補正をお願いする予定」とのことであった。
機関紙の配達

 8月19日(日)
私用で福島県いわき市へ
 いわき市に行って買い物と言えば『いわき・ら・ら・ミュウ』というぐらいに有名な観光物産館である。
 しかし、東日本大震災での津波被害により1階部分がほぼ壊滅し営業停止状態となっていた。その後、復旧し同年11月にリニューアルオープンしたとのことである。
 施設外観はリニューアル前とほぼ変わりないが、1階に新たに東北最大級の子供向け室内型遊び場『わんぱくひろば みゅうみゅう』が作られたあった。
 午後2時頃に来場したのだが、駐車場がほぼ満杯。多くの来場者で大盛況であった。我が家も、少しながら海産物を購入し売り上げに貢献。

 8月18日(土)
休暇

 8月17日(金)
休暇

 8月16日(木)
9月議会一般質問の準備
 9月議会では「サル被害対策について」「市民総合体育大会について」の2点を質問する予定だ。
 「サル被害対策について」ついては、これまでも何度か質問し、効果的な対策の提案をしてきたつもりである。拡大傾向にあるサル被害をいかに食い止めていくか?改めて何点か対策を提案するつもりである。
 「市民総合体育大会について」は、田沢地区体育協会会長より、実施状況と今後の方向性などについて意見を聞かせていただいた。

 8月15日(水) 終戦記念日
休暇
 特別予定もなくのんびりと・・・

 8月14日(火)
伯父の法要
 伯父の33回忌の法要であった。
 法要は、故人が設けてくれた人と人との縁、「この人がいたから自分がいる」というつながりを再確認し、故人への感謝の思いを新たにする場でもある。

 8月13日(月)
のんびりと・・・
 日中は連れ合いとお盆の準備などをしながら比較的のんびりと...
墓参り
 まずは連れ合いの実家と親戚の墓参り、そして、我が家のお墓へ。
 夕方に叔父・叔母、いとこ家族が墓参りに来てくれた。久しぶりに顔を会わせた人たちの話題は、尽きることがない。

 8月12日(日)
お盆の準備
 日中は連れ合いとお盆の準備など・・・。
少し早い墓参り
 夕方、長男夫婦が墓参りに訪れた。明日は仕事&夜勤とのことで、1日早く訪れたとのことであった。
 食卓を囲みながらの歓談。少し飲みすぎ・・・

 8月11日(土)
家の雑用
 忙しく飛び回っているせいか、家の事はほとんど母と連れ合いに任せきりである。今日は家の周りの除草や庭木の手入れなど、私の担当?を済ませた。

 8月10日(金)
「議会レポート ゆきしろNo.37」の家庭配布
 三沢地区の家庭に「議会レポート ゆきしろNo.37」を持参。
 話題は少雨とサル被害である。「いや〜〜、雨ふんねくて、畑カラカラだ!ポンプで水揚げで、畑に水くっちぇだ。」
 「先日、サル来ておらえの芋みな掘っていった。トウミギもやらっちゃ」というぐらいで、サル被害は相当深刻である。
 7/31も記したが、モンキドーックのパンドラ―の方を米沢市の「鳥獣被害対策実施隊」に委嘱した。成果に期待である!
←小野川の田んぼアート
 今年は米沢藩中興の祖である『上杉鷹山公』である。地元特産米と色彩の異なる古代米を植え付けて描いたものだ。
機関紙の配達

 8月9日(木)
「なめこ生産組合」早朝作業
 昨日に続いて「なめこ生産組合」の共同作業。約2時間ほど除草作業を行ったが、ようやく予定の半分の作業が終了。来週にもう1日作業をする予定である。
「米沢9条の会」街宣
 街宣車をまわして「米沢9条の会」の街宣を行った。

 8月8日(水)
「なめこ生産組合」早朝作業
 早朝に友人たちで作るなめこ生産組合の除草作業があった。
 私も草刈り機を持って作業に従事。作業を進めるとわき腹付近に“チクッ”とあの針で刺されたような痛さが走った。ハチに刺されたのだ!
 幸いアシナガバチだったようで、大事にはいたらなかったが...
「議会レポート ゆきしろ」の発送準備
 友人たちに手伝っていただいて、タックシール貼りと封書詰めを行った。ほぼ1日がかりで何とか終了。
 後援会に加入されている方を訪問し、お話をお聞きしながら「ゆきしろ」(議会レポート)をお届けすれば良いのだが、日々の議員活動や各種行事などで訪問の時間が取れず、郵送させて頂くこととした。
機関会議

 8月7日(火)
「国土交通省東北地方整備局」(仙台市)へ
 会派代表者として、「福島市・米沢市・相馬市・伊達市議会連絡協議会」の、「国土交通省東北地方整備局」に『東北中央自動車道(相馬〜伊達〜福島〜米沢)整備促進について』要望活動に参加。
 この活動も今年で20年目とのことである。8/3も記したが、東北中央道の福島〜米沢間(延長28.0km)は、29年度に供用開始の予定である。まさに継続は力なり!

 8月6日(月)
米沢地区平和集会
平和集会1

平和集会2
 早朝に米沢地区原水爆禁止運動実行委員会主催の米沢地区平和集会」が北村公園で開催された。平日の早朝にも係らず多くの皆さんが集まってくださった。
 時間の関係等で私から、平和センター推薦議員を代表して挨拶をさせていただいた。
 挨拶では、福島原発事故の避難者の実態、『さようなら原発1000万人 アクション』として集めた脱原発の署名約780万筆もの署名運動、大飯原発再稼働の問題、それに伴う政府の対応『あじさい革命」などの運動の盛り上がり、そして、「この狭い日本列島に54基もの原発を許してきた責任と、30年も活動しながら1基も止めれなかった非力を痛切に感じている。
 『脱』(反)原発の活動をいっそう盛り上げ、子や孫の次世代のためにも、原発の廃炉、核のない世界を実現しなければならない。」と話をさせていただいた。
「議会レポート ゆきしろNo.37」の家庭配布
 今日も午前中の比較的涼しい時間に、2時間ほど田沢地区の家庭に「議会レポート ゆきしろNo.37」を持参。
 今日で田沢地区は終了。暑ッ、汗’’’
第50回山形県市議会議長会議員研修会 山形市/ビックウイング
議長会講演  山形市のビッグウィングで行われた「山形県市議会議長会議員研修会」に参加。
 中部大学教授の「武田邦彦」氏より、「私たちがすべき環境対策とは〜次世代の子供達のために」の講演を聞かせていただいた。
 地球温暖化問題、エネルギー政策などの根底の常識を覆す持論の展開に、考えさせられるものであった。
小学校の恩師を囲む会
焼肉の会  小学校の恩師を囲み同級生で焼肉パーティ。
 年に3・4回、いつものメンバーが集まり、ワイワイガヤガヤと楽しい飲み会を続けている。

 8月5日(日)
「協働事業推進田沢の会」除草作業
協働事業 作業前打ち合わせ  早朝に今年度3度目の「協働事業推進田沢の会」の除草作業を実施。16名の方が参加。

←作業前の打ち合わせ
「議会レポート ゆきしろNo.37」の家庭配布
ビラ配布  連れ合いの運転で田沢地区の家庭に「議会レポート ゆきしろNo.37」を持参。
 午前中の2時間ほど配布活動を行ったが、とにかく暑い!汗が噴き出してくる。
 
東側自治会臨時総会
 公民館の屋根の補修方法について協議。

 8月4日(土)
暑い、熱い!
 特段行事などの予定もないので、久しぶりにのんびりと・・・。
 それにしても暑い!
 そして、熱く盛り上がっているのが4年に一度のスポーツの祭典、ロンドンオリンピック。毎晩、一流アスリート達の熱戦に興奮し、テレビ観戦で寝不足がち・・・。
 昨晩(今日)も「なでしこジャパン」のサッカーを最後まで観戦。完全な寝不足である。
東側自治会臨時総会資料作成
 明日、公民館の屋根の補修に関しての臨時総会を開催予定。総会に提案する業者の見積りなどの資料を準備。

 8月3日(金)
『東北中央自動車道(相馬〜伊達〜福島〜米沢)整備促進について』要望書提出
 福島市・米沢市・相馬市・伊達市議会連絡協議会の活動として、米沢市議会としても「国土交通省東北地方整備局山形河川国道事務所」へ『東北中央自動車道(相馬〜伊達〜福島〜米沢)整備促進について』要望書提出。
 要望会には議長・副議長、会派代表が参加。
 東北中央自動車道の早期建設を求める要望会は、私が議員となる以前から行われていた。当時は福島市・米沢市・相馬市議会の3議会で行っていたが、数年前に伊達市も加わり4市議会で行うようになった。
 東北中央道の福島〜米沢間(延長28.0km)は、総事業費1,549憶円の大事業である。進捗状況は用地:99%、事業:55%である。29年度に供用開始を目指して工事が進められている。
機関紙の配達

 8月2日(木)
「議会レポート ゆきしろNo.37」の家庭配布
玄関先  田沢地区の家庭に「議会レポート ゆきしろNo.37」を持参。
 それにしても暑い。朝から気温がどんどん上がり、田沢地区神原地内のR121に設置された温度計は、午前11時の時点で31℃の表示であった。

←訪問先の家庭の玄関に飾られた花達
全員協議会
 午後、新文化複合施設についての全員協議会が開催された。市は建設候補地を「まちの広場」にする方針を示した。
 まちの広場については都市再生整備計画事業として国より40%の補助が受けられることと2014年度に完成が見込めるなどの利点を考慮してとのことである。
 今後、まちの広場の再設計費、測量費などの補正予算が議会に上程されるこことなる。

 8月1日(水)
健康診断
 健診センターで米沢市の健康検査を受診。
 内容は計測(身長・体重・腹囲)、血圧測定、診察、血液検査、心電図、胃、大腸がんなど
 検査結果は2週間ほどで自宅に郵送されるとのこと。
「議会レポート ゆきしろNo.37」を友人・知人宅に持参
 久しぶりにお会いする方も多くつい長話に・・・。