2012年1月 2012年日記牽引 以前の日記牽引

 1月31日(火)
雪下ろし
 今シーズン5回目の雪下ろし。屋根にはフカフカの雪が1mぐらいもあった。下すのに半日、後片付けに半日と1日がかりの重労働であった。
 明日から茨城県に出張である。今日中に終了させなければと、ちょっと頑張りすぎか?病み上がりもあってか、クタクタの疲労困憊である!
つり人社 月刊「つり人 3月号」
 「もうひとつの顔」に先日届いた月刊「つり人 3月号」を追加。
 「つり人3月号」には、アドバイスロッドの「テクニカルゲーム翠隼ZI」の特徴などと「渓流釣バリ選び」について電話取材を受けたものが載っている。
 まだ、冬本番、大雪の最中であるが、雑誌の世界では渓流釣り解禁である。春が待ち遠しい今日この頃である。

 1月30日(月)
雪いじり(除雪)
 風邪のため、ここ何日か家の周りの除雪もほとんどできなかった(しなかった)。おかげで我が家の周辺は雪の山。何日か分をまとめて除雪。
 米沢市の積雪量はついにメーター超え、今日現在で123cm(山形県雪情報システムより)である。
 私が住む田沢は市内よりもはるかに多い。おそらく2mは優に超えているのでは?
  しかし、この雪はいつまで続くのか?今日の午後は晴れ間も出て少し落ち着いたようだが・・・、明日からしばらくは雪の予報である。
機関紙の配達
 いつもならば1時間ほどで終了するのだが、今日は大雪の影響でいつもの倍近くの時間を要した。
 裏道に入ると道幅が狭く、車のすれ違いが大変であった。一方、大通りは除雪作業でノロノロ運転。結局、市内全体が雪に覆われ、どこも渋滞気味であった。
風邪のその後
 昨日の休養でだいぶ良くなった。まだ、喉の調子が本調子ではないが、熱も下がり、鼻水も止まった。明日から全開で行けるのでは?

 1月29日(日)
風邪でダウン
 山形市での「新春の集い」に参加予定であったが、風邪気味のためキャンセルをさせていただいた。
 週の半ばからカゼ気味ではあったのだが、すぐに治ると高をくくっていたのが悪かった。いよいよ体の節々が痛く、微熱+鼻水+セキが止まらい。1日安静で休養。

 1月28日(土)
「原発事故避難 会津小高会」
 福島第一原発事故によって米沢市に避難されている方々と「原発事故避難 会津小高会」の話し合いに参加させていただいた。

 1月27日(金)
各派代表者会議
市政協議会
 「新米沢市行財政改革大綱(案)」「外国人住民に係る住民基本台帳制度の概要」「米沢市暴力団排除条例の制定」「米沢市立病院中長期計画(案)」などについて当局の説明を受ける。
新社会党2012年旗開き
 厳しい社会状況のなかで、スタートした2012年。
 脱(反)原発、米軍基地撤去、消費税増税やTPP、雇用問題の抜本的改善など、課題は山積している。
 今、私たちにできることを一つ一つ積み重ね運動を作っていく以外にない。

 1月26日(木)
悪臭問題特別委員会
 午前中は当局より悪臭苦情件数などの報告を受け議論。
 午後は県の「農業振興課」と「環境課」に来ていただき意見交換をおこなった。「農業振興課」には養豚事業所の現状や指導、畜産振興の立場での考えなどを質問。
「環境課」には堆肥製造事業所の現状と悪臭の減収に対する指導方法、許可権者としての考えなどについて意見交換。。
 県当局と膝を交えての総直な意見交換は初めてである。有意義な意見交換会であった。
米沢地区平和センター「第3回労働講座」

 「大鵬薬品工業労働組合」前執行委員長の「北野静雄」氏を講師に招き、米沢地区平和センターの「第3回労働講座」が文化センターで開催された。
 演題は『労働組合の社会的使命』である。
 労働組合を結成し「大鵬薬品工業」の薬害問題を摘発。会社の弾圧に抗して『地方労働委員会』『裁判闘争』、そして勝利した。
 労使協調のなか闘う労働組合が激減している。もっとも労働者の組織率も大きく減少している。
 会社を守るために消費者(利用者)を危険にさらしていいとはならない。労使協調の会社を守ろうとする行為が、逆に会社を危うくすることもある。
 例えば「薬害エイズ事件」で問題になった『ミドリ十字』は会社も存在していない。例はまだまだある・・・
 本当に会社のことを考えるならば、会社の利潤追求を後押しするだけでなく、安全軽視、行き過ぎた合理化を監視することも労働組合の大きな役割である。
 企業の社会的使命をきちんと果たすためにも、労働組合の強化は大変重要である。

 1月25日(水)
産業建設常任委員会
「議会レポート ゆきしろNo.35」の家庭配布
 遅くなったが、ようやく配布活動を始めた。
 産業建設常任委員会が午前中で終了したため、午後は田沢地区の家庭に「ゆきしろ」を持参。訪問先の話題は雪と低温の話である。今年は雪の多さもさることながら、気温の低い日が異常に多いように感じている。ラニーニャの影響のようだ。
 気象庁によると、日本に厳冬をもたらすとされる「ラニーニャ現象」の影響により日本周辺で偏西風が南に蛇行、寒気が南下しやすくなったとのこと。
カゼ気味
 どうも朝から体がだるい。のどの調子もおかしい。カゼをひいてしまったようだ。幸いに今日は夜の予定がない。夕食を早めに済ませ就寝。

 1月24日(火)
「議会レポート ゆきしろNo.35」の印刷と仕分け
 「議会レポート ゆきしろNo.35」を輪転機で約3000枚を印刷。A4版の両面印刷となると結構な時間を要した。
「議会レポート ゆきしろNo.35」を労働組合・団体に持参
 早速、刷り上がった「ゆきしろ」を支持をいただいている労働組合・団体に持参。
米沢市立病院臨時職員労働組合へ
 運動の進め方についてアドバイス
小学校の恩師を囲む会
 小学校の恩師を囲み同級生で鍋の会。
 年に3・4回、いつものメンバーが集まり、ワイワイガヤガヤと楽しい飲み会を続けている。

 1月23日(月)
各種事務整理
「護憲ネット21米沢」事務局打ち合わせ
 活動の中止している「護憲ネット21米沢」の再開にむけて、事務局で打ち合わせ。
 福島第一原発事故により住み慣れた地を離れ、避難しなければならない状況は、まさに憲法25条が保証する『生存権』に直結する問題である。原発が抱える問題を深刻かつ重大な「憲法問題」ととらえ、『脱原発』とエネルギー政策の未来について様々な立場から議論していくことが重要である。
 護憲ネット21米沢として『脱原発』に向けての活動を企画→実施していくことを確認。当面、事務局を私が担当することとなった。また、忙しくなるな〜〜〜
「なめこ生産組合」総会
 ここ2〜3年なめこの出が悪い。原因を探るために事務局が生産農家などから情報を収集。事務局からの提案では、“連作障害”を起こしているとのことであった。
 確かに、始めたころは採りたてならないほどになめこが出た。そして、5〜6年前にホダ木(なめこの菌を打った木)を交換しはじめてから出が悪くなった。
 新たなホダ木置き場を確保し、生産を続けることを確認。

 1月22日(日)
「議会レポート ゆきしろ No.35」の作成
 延びに延びていた「ゆきしろ」の作成作業を再開。1日がかりでほぼ完成。後は編集委員の方に校正をしていただけば完成である。

 1月21日(土)
「大荒沢不動尊」雪下ろし
 保存会による大荒沢不動尊の雪下ろし。保存会の方約20名が参加。
 屋根に推定で2mもの積雪があった。滑り止めが設置されていないので、暖冬の年は雪が自然落下するはずなのだが、今年は寒さで積もり続けたようだ。

 1月20日(金)
悪臭問題特別委員会打ち合わせ
 委員長・副委員長と議会事務局で、今後の悪臭特別委員会の運営について打ち合わせ。
 悪臭問題も大詰めに迫ってきた。そのため、委員会としても専門的な知見が今まで以上に求められる。それには活動にあてる予算も必要となってきた。
議会運営委員会「行政視察報告会」
 昨年の10/31〜11/2に実施の「議会運営員会」の行政視察の報告会を開催。
 今回の報告会は議会運営委員会以外の議員に対して行うものである。先進的に議会改革・活性化を行っている議会運営について、きちんと議員に報告し、その情報を共有し、そして、米沢市議会の改革・活性化につなげていく必要がある。
 私は、そうした“おもい”で資料を作成し、報告させていただいた。
*担当は
(1)大津市議会/高橋嘉門副委員長、遠藤正人委員
(2)生駒市議会/我妻徳雄委員、高橋壽委員
(3)柏市議会/海老名悟委員長 相田克平委員
機関紙の配達

 1月19日(木)
歯科医院へ
 歯周病の治療のため、昨年の春から月に1〜2回通院していた。今日でようやく治療が終了。
議会運営委員会「行政視察報告会」資料作成
 明日の報告会に向けて資料の最終チェック。資料に一部誤りを発見。やはり、見直しは必要だ。

 1月18日(水)
議会運営委員会「行政視察報告会」資料作成
 表題の視察報告会が1/20(金)に開催される。
 私は高橋壽議員とコンビで生駒市議会の担当である。高橋壽議員が生駒市議会の視察を文書にまとめ、それを元に私がパワーポイントを作成。スライドは全体で11枚ほど。ぎりぎりになって何とか完成。
 当日の説明は高橋壽議員にお願いした。
『市民の力で東北復興』ボランティア山形著
 ボランティア山形より本をいただいた。ほんの木より1/15に出版されたものだ。
 本書は東日本大震災におけるボランティア山形の支援活動の記録である。4名の対談方式で“新しい時代への災害ボランティア論”が書かれている。
【著者紹介】
  綾部 誠  (山形大学工学部准教授)
  新関 寧  (ボランティア山形 事務局長)
  井上 肇  (生活クラブやまがた前理事長)
  丸山 弘志 (株式会社日本復興支援機構)
「渓流9条の会」
 友人より「渓流9条の会」のホームページ完成の連絡を受ける。
 「渓流9条の会」は“平和でこそできる渓流釣り・山遊び 右手に釣り竿、左手に憲法を!”を合言葉に2008年3月に「沢登り」「渓流釣り」「キノコ・山菜採り」などの愛好家で結成された組織である。
 私も発足にあたって発起人を務め、現在は世話人の任にあたっている。

 1月17日(火)
各派代表社会
 3月定例会上程予定の人事案件と「着物議会」についての説明を受ける。
 例年、3月定例会の初日は「着物議会」として、議場へ出席する議員、市長をはじめ当局も全員が着物を着用して臨む。
 今年の着物議会は2/27(月)の予定。
機関会議資料作成
 夕方の会議の資料をぎりぎりになって作成。日々、自転車操業のようだ。少し時間に余裕がほしい。
機関会議

 1月16日(月)
今シーズン4回目の雪下ろし
 早くも今シーズン4回目の雪下ろし。結構の雪の量で、下しと片付けに相当の時間を要した。日ごろの運動不足解消には、少しハードすぎる。明日は間違いなく筋肉痛だろう。
 昨秋はカメムシの大発生であった。米沢ではカメムシの多い年は大雪との説がある。確かに今年は大雪・・・。今週はその雪もひと段落のようだ。さて、俗説はあたるのか?

 1月15日(日)
機関会議出席のため山形市へ
 山形市にはJR時代の山形新幹線開業(1992年)から10年ほど通勤していた。1月中旬にこれほど雪があっただろうか?

 1月14日(土)
雪下ろし『ボランティア隊』
 今年の大雪で、民生委員を中心にした地区の高齢者宅の雪下ろしと雪片付けの『ボランティア隊』が出動。
 私も隊員として参加。
 家、車庫とも落下式の屋根なのだが、雪がつかえて落ちないようになっていた。
 8人で2時間ほどで作業は無事終了。
 高齢者が安心して暮らすためには、雪の問題を何とかしなければならない。
「田沢地区新春顔合わせ会」兼「受賞者祝賀会」来賓出席
 田沢地区の全体の顔合わせ会と昨年度各種表彰を受賞された方々の受賞祝賀会が、田沢コミュニティセンターで行われた。
 地区選出の市議会議員として、
 「ないものねだりではなく、ある物探し『草木塔』『道の駅』などを活用した地区づくりを一層推進していく」旨で祝辞を述べさせていただいた。

 1月13日(金)
各種事務整理
機関紙の配達
米沢地区平和センター・勤労者福祉協会「2012年新春旗開き」
 2012年米沢地区平和センター・勤労者福祉協会合同の「新春旗開き」に、米沢地区平和センター推薦議員として参加。
 平和センター推薦議員を代表して、以下のような挨拶をさせていただいた。
 『福島第1原子力発電所』の原発事故から、私たちはかつて経験したことのない放射能との戦いが始まりました。(中略)。
 東京電力の利益優先、安全軽視の企業体質に大きな問題があります。本来、労働組合は企業の体制・体質をチェックする機能を有しています。しかし、東京電力では、そのチェックが十分に機能していなかったと考えられます。
 労働組合が弱体化し企業の安全軽視、行き過ぎた合理化の推進が、結果として企業に大きな損失を与えています。
 企業の社会的責任をきちんと果たすためにも、労働組合の強化は大変重要です。(後略)

 1月12日(木)
つり人社 「渓流2012 春号」の原稿執筆
 3日間で何とか3500字の原稿を書き上げた。早速、編集部へメールで送る。
総務課へ
 労働基準法と地方公務員法の関係などについてレクチャーを受ける。
悪臭問題特別委員会打ち合わせ
 次回の委員会の進め方などについて副委員長、担当書記(議会事務局職員)と打ち合わせ。
 次回は県当局を委員会に招いて県の考えをただす予定である。
米沢市立病院臨時職員労働組合
 療食(病院給食)部門の一部民間委託について当局と協議。

 1月11日(水)
総務部へ
 1/9に相談を受けた福島市からの避難されている方の要望等に対する進め方などについて総務部長、危機管理室長と協議。
 とにかく行政と自治会等との話し合いを要請。まずは話し合いからである。
つり人社「渓流2012 春号」の原稿執筆
 昨年の7月に秋田県の河川でのヤマメ釣りの記事である。思い出しながら筆を進めている。
米沢地区労働者福祉協議会「2012 新春のつどい」に来賓参加
 今年初めてお会いする方も多く、まずは新年のご挨拶である。

 1月10日(火)
つり人社「渓流2012 春号」の原稿執筆
 いつものことだが、書き出しが決まらずなかなか筆が進まない。とにかく頑張るしかない!
新春懇談会
 市長、副市長と議長、副議長、各派代表者との懇談会に出席。

 1月9日(月) 成人の日
福島から避難


 「福島第一原発の事故」の関係で福島市から避難されている方の相談を受ける。
 万世の雇用促進住宅では約80世帯が避難生活をしておられる。避難者の方々は『雇用促進住宅万世宿舎 自治会』を組織し、地域のコミュニティーづくりと、行政との連絡調整を務める努力を行っている。
 具体的相談は駐車場の消雪の不備についてである。しかし、話をお聞きして感じたのは、米沢市の対応の不十分さである。
 避難者の方々は雪の少ない、またはほとんど降らない所から避難されてきている。雪に関する知識・経験が皆無といって言い。
 だから、捉え方が違うのである。この点を考慮しながら相談、話し合いを行う必要がある。
 まずは、行政と自治会等の話し合いをきちんと行う必要がある。

 1月8日(日)
寒河江市へ
電話取材
 アドバイス開発ロッドテクニカルゲーム 翠隼(すいしゅん) ZI について、つり人社より電話で取材を受ける。今月末発売の「月刊つり人3月号」の新製品紹介で、取り上げるとのことであった。
 山形県の渓流釣りの解禁は3月1日である。解禁の待ち遠しき時期となってきた。

 1月7日(土)
私用で仙台市へ

 1月6日(金)
早くも3回目の雪下ろし
 まだ下すほどの積雪量でもないのだが、今シーズン3回目の雪下ろしを行った。雪下ろしは短時間で終了したが、下ろした後の雪片づけが大変であった。心地よい疲労である。

 1月5日(木)
「議会レポート ゆきしろ No.35」の作成
 レタリングが決まらず苦労。
 今回も「福島第一原発の事故」問題を一般質問で取り上げた。原発に関するデーターや解説を載せるかと、いろいろと試したがなかなかおさまりが悪い。あれも書きたいこれも書きたいでは、A4版の両面刷りに入りきらない。記事の厳選が必要である。
 当面、試行錯誤が続きそうだ。
JRの先輩の母の葬儀に参列
私事と仕事の区別
 この仕事をしていると、私事と仕事の明確な区別がない。
 一日中自宅でパソコンに向かって仕事をしていることもある。そんな時、来客の方に「今日は休みが〜?」と尋ねられることがある。
 私は何と返答をしていいものか、言葉に窮することがある。自宅事務所でパソコンに向かっていると、叔母から「正月休みいづまでだ。」と、尋ねられた。
 叔母に仕事の内容を細かく説明しようか〜〜〜?

 1月4日(水)
私用で南陽市へ
「議会レポート ゆきしろ No.35」の作成
 ようやく「ゆきしろ」の作成に入った。「ゆきしろ」は定例議会開催(3、6、9、12月)の都度、議会発言を中心に作成している。それにしても筆が進まない。
 何とか週明けまで完成させたいものだ。

 1月3日(火)
親戚・知人の訪問 U
 今日も親戚・知人など多くの来客であった。

 1月2日(月)
親戚・知人の訪問
 実家ということもあり、親戚の方々が多数新年の挨拶に来てくださった。話題はこの大雪、大震災から復興、原発事故などなど。
 今年こそ絶対に良い年に・・・

 1月1日(日) 元旦
初日の出
 宮城県石巻市で初日の出を拝んだ。自宅以外で新年を迎えたのは、人生で初めである。
 キーンと音が出るほどに冷え込んだ朝、大津波で甚大な被害のあった石巻港から初日の出を見ている。
 今年が笑顔で暮らせる年であることを願わずにはいられない。