2011年7月 2011年日記牽引 以前の日記牽引

 7月31日(日)
反核・反原発 東北・東日本ブロック交流会(2日目)
 2日目は実際に南相馬市に行き被災地を視察。
 福島第1原発から半径20キロ圏内が警戒区域はバリケードがされ、立ち入り禁止となっている。(写真右)
 飯館村あたりから農耕地は耕作されず雑草が生い茂っていた。(写真左)
「放射能のない福島を返せ!原発のない福島を求める県民集会」
 福島第一原発事故を受け、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)世界大会が31日、初めて福島市内で開かれた。
 原水爆禁止世界大会を前に福島市内で行われた県民集会に参加。集会には全国各地から約1700名が参加。
 福島県でも震災の被害は深刻である。福島第一原発の事故による放射能被害は多くの人々からふるさとを奪い、くらしや仕事を奪っている。
 東京電力と政府に対し事故の一刻も早い収束と、すべての被害者に全面的な補償をおこなうよう求めるとともに、「核兵器も原発もいらない」の声を広く、大きく運動を進めていかなければならない。

 7月30日(土)
反核・反原発 東北・東日本ブロック交流会
 福島市で開催された表題の交流会に参加。
 東日本大震災・原発事故の被災地から@地震被害の現状A被災自治体での活動B放射能被害(避難者と生活・補償問題)について現状の報告があった。
 また、新潟柏崎原発、浜岡原発、横須賀米核空母から反核・反原発運動の報告があった。
 そして、全体で反(脱)原発について討論。今後の運動の方向性を確認し合った。

 7月29日(金)
豪雨
 午前中は「議会レポート ゆきしろNo.33」の配布活動を予定していたのだが、あまりにもすごい豪雨で配布活動を断念。入田沢の雨量計では、6時から10時の4時間で43mmを記録。米沢(気象)では、同時刻で33mmを記録。
 新潟県、福島県では甚大な被害も発生しているようだ。
 地球温暖化が進むと地球上の水の循環が活発となり、豪雨などの被害が起きやすくなるのとこと。ここ最近、ゲリラ豪雨などの傾向が強まったのではないだろうか?
 CO2削減も大きな課題である。
機関紙の配達
「米沢市立病院臨時職員労働組合」ビアパーティに参加

 7月28日(木)
市政協議会
 第4中学校の耐震強度不足→仮設校舎建設→校舎新築にあたり、この間の経過なども含めて議論が集中。
 三沢西部小学校体育館も耐震強度不足で2学期から使用停止となる。児童のために出来るだけの耐震補強工事の前出しが必要と考える。
友人父の葬儀に参列

 7月27日(水)
悪臭特別委員会
 悪臭苦情件数、悪臭モニタリング結果などについて報告を受ける。委員から悪臭モニタリングの範囲とモニタリング数についての意見があった。今後検討しなければならない課題である。
 委員会終了後に、7/13に南原コミュニティセンターで開かれた「悪臭問題に関する懇談会」での議論(地元南原地区では『悪臭の発生源の業者の移転を求める』)を受けて委員会の方向性を協議。
 9月定例会(議会)に発生源の2業者を議会に呼んで質すことになっている。この時に地元では「移転を求めている」どうしたら移転できるか、なぜ移転できないのか?はっきりさせたいと考えている
「議会レポート ゆきしろNo.33」の発送準備
 スタッフの方に手伝っていただいて、市内の後援会加入者宅へ「ゆきしろNo.33」の発送の準備をしていただいた。
 議会任務、諸行事などの関係で家庭配布の時間がとれず、日頃配布している地域も郵送させていただくこととした。次号からはできるだけ自分で配布するようにするつもりだ。
「後援会」女性有志の集い
 後援会に加入されている方々が「女性有志の集い」を開催してくださった。楽しい飲み会であった。

 7月26日(火)
会派代表者会議
 第4中学校耐震診断の結果、強度不足が判明し直ちに校舎の使用を中止し、早急に仮設校舎を建設する方針を教育委員会として決定。
 仮設校舎の完成までは、米沢市営体育館を使用する。
 急遽、8月臨時会(議会)に仮設校舎建設及び市営体育館使用に伴う予算が上程される。
 第4中学校耐震診断の結果および今後の方針について説明を受ける。
議会運営委員会
 第4中学校移転関連予算の追加議案の取り扱いについて協議。











産業建設常任委員会
*主な当局からの報告事項
仮称)中部コミュニティセンター新築工事請負契約の締結について  
米沢市立西部小学校校舎耐震補強その他工事請負契約の締結
有機エレクトロニクス・イノベーションセンター(仮称)整備事業
放射性物質を含む稲わらへの状況及び対応
(株)天元台の圧雪車の購入
中国における「米沢牛」の商標登録出願
下水汚泥の放射能濃度測定結果
「放射性物質を含む稲わらへの状況及び対応」では、全頭検査の処理能力について、(株)天元台の圧雪車の購入では、策道(ロープウェイ、リフト)の人員不足、安全対策などについて、下水汚泥の放射能濃度測定結果では、放射能汚泥の処理。関連して水道汚泥の放射能状況と処理について質問。
小学校の恩師を囲む会
 小学校の恩師を囲み同級生で焼肉パーティ。
 年に3・4回、いつものメンバーが集まり、ワイワイガヤガヤと楽しい飲み会を続けている。

 7月25日(月)
現場調査
 地元の方より「先日の局地的な雨の影響で、堰の水の上げ口が土砂で埋まってしまい取水できなくなった。」とのこと。
 その都度、土砂上げをしているのだが、まとまった雨が降る度に同じことの繰り返しのようである。根本的な対策が必要である。
 現場に確認し、対策について協議。
 取水堰など農業施設は、補助があるものの受益者負担が原則である。しかし、農家(受益者)が減少し、堰組合等での維持管理も難しくなっている。
 相談をいただいた堰の受益者はわずか1軒である。
 
「議会レポート ゆきしろNo.33」の家庭配布
 天気が不安定のため、今日も車を使って田沢地区の家庭を訪問。
 何人かの方より「今日も自転車が〜」と声を掛けていただいた。この間、冬季以外はほとんど自転車で訪問させていただいた。
 環境負荷を考えれば自転車は、CO2を排出しない究極のエコカーである。健康も考えて田沢地区は自転車で頑張ろう!
米沢市議会学童保育推進議員連盟と米沢市学童保育連絡協議会との懇談会
 議会棟で行われた表題の懇談会に参加。懇談会には議員16名が参加。
 米沢市学童保育連絡協議会が米沢市に提出する要望事項などを中心に懇談。
「国鉄闘争支援置賜地区共闘会議」役員会議
 6月24日に開催された国鉄闘争共闘会議と原告団中央会議総会において、成果を確認し、雇用の確保は困難との判断がなされ、闘いの幕を閉じる決定がされた。
 置賜支援共闘会議として総括をし、今後の方向性を出さなければならない。

 7月24日(日)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の配布
 友人、知人宅に「ゆきしろ」を持参。久しぶりに会う方がほとんどで、つい長話に・・・。

 7月23日(土)
SHIMANO 2012年発売予定の釣竿のテスト
 梅雨が明けまとまった降雨がほとんどないため、米沢市周辺河川はどこも超渇水。魚の警戒心が強く、条件としてはかなり難しい状態であった。


←撮影は連れ合い
矢来1丁目町内会のビアガーデンに参加
 町内会のビアガーデンの案内をいただいたので連れ合いと参加。年に何度も顔を出しているわけではないが、毎回暖かく迎えてくださる。例年楽し会である。

 7月22日(金)
議会運営委員会
 8/9開催の臨時会(議会)の運営について協議。
会派打ち合わせ
 当面の日程、会派の行政視察などについて打ち合わせ
悪臭特別委員会
 7/13の「南原地区悪臭懇談会」の議論を受けて、悪臭特別委員会としての運営の仕方なについて副委員長と協議。
機関紙の配達

 7月20・21日
「つり人社」「渓流2012」の取材のため秋田県へ
 台風の影響で急遽、秋田県内の河川での取材となった。初めての川でポイント(魚の生息地)が分からず、とにかく良さそうな所に竿を出し、そして、車で移動を繰り返すロスの多い取材となった。
 それでも何とか・・・。
 夜に帰宅。初めての地での釣りと車での移動でクタクタである。
 「渓流2012」は来春発売予定。

 7月19日(火)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の家庭配布
 今日から「議会レポート ゆきしろNo.33」の家庭配布を開始。
 田沢地区内の家庭を車で訪問。昨年までは自転車で配布をしていたのだが、今年は暑さで・・・。

←配布先の家庭の庭に、見事に咲いていた「ガクアジサイ」(おそらく)。
機関会議資料作成
機関会議

 7月18日(月) 海の日
なめこ生産組合
 秋の収穫に備え、なめこのホダ木(なめこの菌が植えてある木)置き場の除草を行った。
 草が背丈ほどもあり、しかも、フジツルなどが絡まっているためなかなか大変な草刈りであった。しかも、この暑さである。
 クタクタである!
「おいたま草木塔の会」平成23年度総会
 地元選出議員として「おいたま草木塔の会」の顧問を務めさせていただいている。
 会員約70名の参加で23年度の総会を開催。
 総会終了後の懇親会にも参加。草木塔の話で大いに盛り上がる。  

 7月17日(日)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の印刷と仕分け
 「議会レポート ゆきしろNo.33」を輪転機で約3000枚を印刷。A4版の両面印刷となると結構な時間を要した。
 来週から配布に入る予定。

 7月16日(土)
SHIMANO 来年春発売予定の釣竿のテスト

 7月15日(金)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の作成
 ようやく完成。校正のために編集委員の方にメールで送付。来週から配布活動だ!
機関紙の配達
各種事務整理
 溜まりに溜まった書類の整理。
 私は基本的にきれい好きだと思う。連れ合いに言わせれば几帳面すぎるらしいが・・・。しかし、仕事が忙しすぎたり、疲れているときなどは、つい乱雑に・・・。
 今日は少し仕事と気持に余裕ができたので、各種書類整理とメールの返信などを丹念に済ませた。

 7月14日(木)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の作成
 ほぼ出来上がった。後は細かな点の修正をすれば完成である。
 遅くなったが、来週から配布活動だ!
機関会議資料作成
連日の真夏日
 米沢市も真夏日が続いている。私の住む田沢は、標高の関係で市内よりも1・2度低いだろう。それにしても暑い!
 わが家にはエアコンがない。今まであまり必要と感じたなかった。
 例年ならば7月末から8月中ごろまでの何日か「クーラーがほしい」と感じるのだが、扇風機で何とかしのぐことができた。
 しかし、今年は今からこんなに暑いのでは・・・。

 7月13日(水)
除草
 家の周りの雑草が気になりだした。議会日程、行事などもないことから午前中は家の周りの除草を行った。今日の午前中は比較的涼しい感じだが、半日も動いたら全身から汗が噴き出してきた。
 余談だが、国鉄時代のこの時期の仕事といえば線路の除草が多かった。温度が上昇すると線路の工事が出来ないからである。当時はまさに汗だく、作業服に潮が吹いているなどというのは、当たり前であった。
 炎天下の下、草刈りをしたら国鉄入社の頃を想いだした。
悪臭問題に関する懇談会
 南原コミュニティセンターで「悪臭問題に関する懇談会」が開催された。南原地区自然環境保全協議会、県会議員、悪臭特別委員会委員、山形県、米沢市など関係者が一堂に会しての懇談会である。
 意見交換に先立ち、悪臭特別委員会委員長として挨拶をさせていただいた。
 挨拶では、悪臭問題特別委員会の方針として、定例会(6,9,12,3月開催)時に関係業者を議会に招致し、直接悪臭の根絶を求めること、また、県に対して、県議、悪臭問題特別委員会も含めた県と米沢市との協議のテーブルを設置を求めた。
 南原地区自然環境保全協議会からは、「400年の歴史のある住宅地の南原地区で操業していること自体がおかしい。とにかく業者の移転を強く求めていく」との方針が示された。
 今後、委員会としても住民の方々の意向に沿うように何ができるのか、研究し努力していかなければならない。
機関会議

 7月12日(火)
機関会議資料作成
 夕方の会議に備えて資料を作成。
歯科医院
 5月末から歯科医院に通院している。
 朝晩しっかりと歯磨きをしてきたつもりだが、歯槽膿漏になってしまった。この際、徹底的に直していただくことにした。しばらく通院が必要とのこと...
機関会議
 会議は約1時間で終了。久しぶりに自宅で夕食を摂る。

 7月11日(月)
田沢地区畜産環境問題に関する打ち合わせ
 地区の畜産農家の環境問題の解決に向け「田沢の環境を守る会」と米沢市農林課、生活環境課、山形県農業振興課での打ち合わせが行われた。私も地元選出議員として同席。
議会基本条例に関する学習会
 全議員を対象にした「議会基本条例」に関する学習会が行われた。学習会では、以前に議会運営委員会として、視察研修した@北海道栗山町議会A京都府京丹後市議会B福島県会津若松市議会の先進事例について3議員よりそれぞれ報告があった。
(1)栗山町議会: 島軒純一議員 
(2)京丹後市議会:海老名悟議員 
(3)会津若松市議会:小久保広信議員
悪臭問題 畜産業者と地元の方の話し合い
 安倍市長、市民環境部長、環境生活課長立会いの元、畜産業者と地元の方の話し合いが行われた。私も『悪臭問題特別委員会』委員長として同席。
 養豚業者に対する2度の『改善勧告』に基ずいて、業者も脱臭装置の新設や施設の改善などを進めてきた。結果、それなりに悪臭は減少してきたとの認識を持っていたが、地元の方の話ではまったく改善が見られないとのことであった。
 検証を進める必要があるようだ。
機関会議資料作成

 7月10日(日)
機関会議出席のため山形市へ
「今日の出来事」4日分まとめて更新
 ここ4日ほど「今日の出来事」の更新が滞ってしまった。反省!ハンセイ!(言い訳なしです)
 今後、出来るだけ毎日更新します。引き続きご覧ください。

 7月9日(土)
佐藤ひさし氏「米沢市議会議長就任を祝う会」
 表題の祝賀会が盛大に開催された。私も市政クラブ代表として発起人として名を連ねた。
 佐藤ひさし氏は“議会改革”を訴え、第63代米沢市議会議長に就任した。
 『議会基本条例』の策定に向けて『議会基本条例検討委員会』を設置し、地方議会としてあるべき姿、本市議会のさらなる活性化の議論を進めている。
 佐藤ひさし議長の下、一層の議会改革を進めていかなければならない。

 7月8日(金)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の編集
 昨日に続き「ゆきしろNo.33」の作成。何とか1面は出来上がった。
国労山形連合分会「退職者激励会」
 長く懇意にしていただいたJRの先輩が退職された。56歳での早期退職である。
 秋田から配転され、山形で24年間も単身生活を強いられた。あまりにも長い単身生活である。
 出向や配転が当たり前となり、仕事優先の世の中が作りだされた。その一方で、年間の自殺者は3万にを優に超え、ギスギスした暮らしにくい世の中となった。
 家庭も大事、仕事も大事、社会の仕組みを変えていかなければならない。
 ○○先輩、長年ご苦労様でした!

 7月7日(木)
「議会レポート ゆきしろNo.33」の編集
 遅くなったが、6月議会の議会レポート「ゆきしろ」の作成にはいった。「ゆきしろ」は定例議会開催の都度、議会発言を中心に発行してきた。3期目も定例議会の発行していく。
 そして、配布は、出来るだけ自分の足で家庭を訪問し、直接手渡すように心がけている。訪問の折には、行政に対する意見や質問などを聞かせていただければ幸いである。それにしても筆が進まない。

 7月6日(水)
移動日
 朝に高千穂町を出発し、夕方に帰着。2日間の取材と往復の移動でクタクタ、疲労困憊である。

 7月4・5日
(株)シマノ 2011渓流の新商品のプロモーションDVD・カタログ撮影
 梅雨前線の影響で雨に苦労させられた取材であった。生き物(魚)相手だけに仕事となるとなかなか大変である。まして知らない土地での釣りである。地元インストラクターの方の協力で何とか・・・・?
2011渓流は「SHIMANO TV」下記URLで
http://tv.shimano.co.jp/movie/dvd/2011_mountain_stream/

 7月3日(日)
移動日
 米沢市から新幹線と飛行機、レンタカーを乗り継いで宮崎県高千穂町に移動。ほぼ一日がかりであった。明日から『シマノ』の2012渓流の新商品のプロモーションDVDおよびカタログ撮影である。

 7月2日(土)
「協働事業推進田沢の会」除草作業
 今年度2度目の「協働事業推進田沢の会」の除草作業。今日は15名の方に参加していただいた。私は事務局として施工写真の撮影や雑務を担当。
出張の準備
 明日から『シマノ』の2012渓流の新商品のプロモーションDVDおよびカタログ撮影のため九州へ出張である。
 例年、米沢周辺の河川で撮影を行っていたのだが、商品プロモーションの関係などで九州での撮影となった。釣り具や用具、ウエアー類など必要と思われる物を複数準備。相当の荷物量である。
 九州での釣りは初めてである。気候も違い魚の状況も違っているだろう。なにぶん初めてで想像もつかない。とにかく頑張るしかない!
田んぼアート
 夕方に小野川の「田んぼアート」を見に行った。今年は前田慶次と直江兼続の二人が田んぼに描かれている。
 今日は小野川温泉の「ほたるまつり」のお祭りイベント。観光客も多数訪れているようだ。
釣り仲間が遊びに来た
 関東方面から釣り仲間が遊びにきた。釣りの話で大いに盛り上がる。

 7月1日(金)
米沢市議会インターネット中継
 我妻徳雄の6月定例会一般質問の模様がご覧になれます。下記URLをクリックすると米沢市議会,、インターネット中継へジャンプします。是非ご覧ください。そして、ご意見等を賜られば幸いです。
米沢市議会 http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/gikai/gikaihome.html
インターネット中継 http://www.yonezawa-city.stream.jfit.co.jp/
我妻徳雄の6月定例会一般質問
http://www.yonezawa-city.stream.jfit.co.jp/vod_play.php?CNTID=5516&PREVPAGE=%CC%E1%A4%EB
「議会だより」原稿執筆
 一旦書き始めて中断していた「議会だより第120号」の原稿執筆。字数は少ないのだが、なかなか要点が絞れず苦労した。それでも何とかく書き上げ、議会事務局へメールで原稿を送付。議会だより120号は8/1発行予定。
機関紙の配達
労組交流会
 久しぶりに表題の交流会が開かれた。今後の労働運動の進め方や「反核平和運動」「脱原発」などについて率直に意見交換。