2011年6月 2011年日記牽引 以前の日記牽引

 6月30日(木)
議会本会議 最終日
 はしご車購入(約2億円)などの補正予算など8議案を全会一致で可決。市立第4中学校仮設校舎早期建設要望など請願2件を採択。
 いつになく議案が少なく本会議は約1時間で終了。私が議員となってから最短である。
議会運営委員会
 私から“議員間討議”の方法について提案。
 米沢市議会では議員間で議論する方法が決められていない。しかし、「悪臭問題特別委員会」では委員会の進め方や悪臭軽減の具体策などについて議員間で協議することが多い。委員会をスムーズに運営するためには“議員間討議”について議会としてきちんとルールを決める必要がある。
「米沢市農林業振興議員連盟」総会
 新メンバーとなったことから改めて議連のメンバーを募り、役員、事業の計画などを話し合った。私は議連の事務局長に任に就くこととなった。
こども課へ
 地元「どんぐりクラブ」(学童保育)より学区外からの受け入れについて相談を受け、対応についてこども課と協議。

 6月29日(水)
「議会だより」原稿執筆
 8月1日発行の「議会だより第120号」の原稿執筆。議会だよりの原稿は、1時間の質問を780字ほどの字数にまとめるものだ。なかなか筆が進まない。
「ホタル」ウオッチU
 今日は少し足を延ばして、田沢地区内を散策。やはり例年以上にホタルが舞っている。ここ何年かでホタルの数が確実に増えている感じである。

 6月28日(火)
議会運営委員会
 6月定例会最終日(30日)の運営について協議。
機関会議資料作成
「サル被害対策」
 サル被害対策について相談を受ける。
 ○○地区にサルが頻繁に出没し、作物の被害が拡大しているとのことである。
 サル被害対策になかなか有効な手段が講じられずに来ている。本市は今年度「人による追い払い」を実験的に行う予定だが、まだ事業は始まっていない。
機関会議
「ホタル」ウオッチ
 今年もホタルが舞う季節となった。我が家周辺に相当数のホタルが舞っていた。我が家の半径500m100匹以上を確認。今年は例年から比べれば大分多くのホタルが舞っている感じだ。

 6月27日(月)
事務整理
 「協働事業推進田沢の会」や「東側自治会」などの各種事務。
機関紙の配達
悪臭問題特別委員会


 悪臭特別委員会として米沢市の悪臭の発生源の「養豚業者」と「堆肥製造業者」を現地視察。
 昨年の12月にも両業者の現地視察を行っている。両業者とも新たな改善などがあったわけではないが、4月の改選で悪臭特別委員会のメンバーも代わり、きちんと現地を確認し、全員が共通認識をもって悪臭対策に当る必要があると考え実施したものだ。
 養豚事業者は、昨年の10月に生物脱臭層と土壌脱臭2段階の脱臭施設を新設した。昨年の視察時にはその効果を確認できなかったが、今回は脱臭効果が十分機能しているようで相当の減臭であった。しかし、飼育舎から出る豚特有の臭い相変わらずである。老朽化した飼育舎の臭い対策が課題である。
 堆肥製造業者は作業らしい作業を行っていないようで、敷地内でほとんど臭気を感じることはなかった。しかし、市内では堆肥製造業者からの悪臭と思われる苦情が多く寄せられている。原因はなんであろうか?改めて追求が必要だろう。

 6月26日(日)
SHIMANO 2012年発売予定の釣り竿のテスト
 私は2000年より(株)シマノのインストラクターを務めている。インストラクターは、テレビ・DVDなどの出演や雑誌等の取材などが注目されがちだが、製品開発テストなどの地道な仕事がほとんどである。

 6月25日(土)
「戦没画学生〈戦場からの絵ハガキ〉展」
 22日に続いて、久里学園高校教育センター2Fで開催されている戦没画学生慰霊美術館「無言館」(窪島誠一郎館主)の所蔵品を紹介する「戦没画学生〈戦場からの絵ハガキ〉展」の当番。
 休日ということもあってか多くの方が来場された。偶然にも古い釣り仲間も来場され、数年振りに再会。

 6月24日(金)
予算特別委員会
 議案は総て全会一致で可決。(詳細は「議会発言」の項に<全議員の賛否一覧> として近日UP)
 私は「地上デジタル放送難視聴対策(情報通信基盤整備事業)」について質問。
 米沢市は総務省の「情報通信基盤整備事業交付金」(約2億3000万円)を活用し、デジタルテレビ放送受信が困難な地域、および高速インターネットサービス環境が整っていない地域(約110世帯)に、NCVのケーブルテレビ回線の整備。その進捗と加入状況などについて当局を質した。
 来月に地デジの完全移行が迫っているが加入率はまだ2割ほどとのことであった。
 高齢者世帯などではまだ地デジ移行を理解されている方がいるのではないだろうか?移行時の混乱を防ぐために、未加入者に対して連絡、説明が必要である。
議会運営委員会
 発議の取り扱いなどについて協議。
農業議員団幹事会
「米沢地区労働者福祉協議会」第31回総会
「米沢地区労働者福祉協議会」総会では、例年推薦議員が交代で挨拶をさせていただいている。今回は私の番。
 現在、議会で進めている『議会基本条例』検討委員会の設置などについて話をさせていただいた。
 総会終了後の懇親会にも参加。

 6月23日(木)
産業建設常任委員会
 6月定例会で委員会に付託された案件は市道の廃止と認定の2件。
 市道の廃止と認定は廃止、認定する路線に行き、現地を見聞し可否を判断する。マイクロバスに乗り込み認定路線、再認定路線の5路線を見聞。田沢地区の八谷まで行ったこともあり、見聞に1時間40分ほど掛かった。
 議案は全会一致で原案通り可決。
「産業建設常任委員会」管内視察
 産業建設常任委員会として 東北中央道の福島〜米沢間(延長28.0km)の栗子トンネル(仮称)を視察。
 東北中央道の福島市〜米沢市間は平成14年度より工事に着手。福島・山形の県境を延長約9kmの栗子トンネル(仮称)で結ぶ計画である。平成20年度より本坑の掘進工事に着手し、現在、米沢側は約1.5km掘進が進んでいる。
 この区間の整備により、大雨や風雪による事前通行止めの解消、雪による交通障害を解消し、冬期間も安定した交通機能の確保が期待される。
 私達の視察時は、掘進工事が行われておらず、最先端の現場(写真/左下)を見させていただいた。
 掘進工事は「はっぱ」(爆薬)で行われているとのことである。「はっぱ」作業は1mスパンで行われ、24時間体制で日に5・6回繰り返されるとのことであった。

 6月22日(水)
各種事務整理
 ついおろそかとなって溜まってしまった各種報告物などを一気に整理。
市政クラブ交流会
 6月定例会(議会)の一般質問も無事終わり、その反省を含めて会派の交流会を実施。今回は議会事務局職員にも参加していただいた。

 6月21日(火)
「戦没画学生〈戦場からの絵ハガキ〉展」
 久里学園高校教育センター2Fで、戦没画学生慰霊美術館「無言館」(窪島誠一郎館主)の所蔵品を紹介する「戦没画学生〈戦場からの絵ハガキ〉展」が開催されている。
 所蔵品をお借りしているので、関係者が会場の管理を交代で行っている。今日は私が担当。
 上段に画学生の油彩画や日本画を縮小して収め、中段に氏名と略歴、下段に戦地からのはがきや手紙の複製を展示してある。
 志半ばで戦死した画学生が、戦場より肉親に宛てた絵葉書である。
 彼らが戦場から祖国の家族たちに送った軍事郵便(絵葉書)を通して、戦没画学生の残した「生の証」をぜひご覧いただきたい。
 入場は無料。6月28日まで

 6月20日(月)
議会本会議 一般質問(3日目)
 今日は、完全に聞き役。5名の議員が一般質問した。(各議員の一般質問要旨【PDF】 参照)
 今議会での一般質問者は24名中16名である。議長、副議長、議会選出の監査役は議会申し合せで発言できないことになっている。この3名を除けば80%弱の発言者である。新人の議員も7名中6名が壇上に立った。
いこう会(03年初当選議員交流会)
 定例会都度集まってを持っている。同期当選は03年6名、07年が4名、今期は2名となった。最近では議会事務局の職員も参加していただいている。
 今回は前議員1名も参加し5名で一般質問や議会運営等について議論。

 6月19日(日)
休暇
 行事、会議などの予定も無く、家の雑用などをこなす。

 6月18日(土)
「協働事業推進田沢の会」除草作業
 今年度最初の「協働事業推進田沢の会」の除草作業。
 公共事業を地域に発注する制度のモデル事業として、地区(協働事業推進田沢の会)が米沢市から市道の除草作業を受託する事業である。今年で4年目となった。
 今日は18名の方に参加していただいた。私は事務局として施工写真の撮影や雑務を担当。
後援会拡大役員会議
 4月施行の選挙の総括をしていただいた。

 6月17日(金)
議会本会議 一般質問(2日目)

1回目 壇上より質問


自席より再質問
  今日は5名の議員が一般質問を行った。私は本日のトップ、全体で6番目。
 一般質問の発言順は抽選によって決まる。1期目は初日が多かった。しかもトップを何度も務めた。逆に2期目はほとんど最終日。どうも偏る傾向にあるようだ。
 3期目のスタートは中日である。今期も全定例会で一般質問を行うつもりだ。さて発言順はどうなるのか?
 「やさしい除雪について」と「市民バスの有効活用について」の2項目を質問。
 「やさしい除雪について」は、市民負担をいかに軽減するか、を中心に提案・質問。
 「市民バスの有効活用について」では、どんなまちづくりをするのか、そのためにはどのような公共交通が必要なのか、様々な角度から幅広く検討していかなければならない。
 中心市街地活性化のためにも、公共交通を有効に活用する必要がる。公共交通の活性化を図ることが、やがて地域観光の進展や地域全体の活性化に繋がると、主張、提案。
市政協議会
 6月定例会追加案件の説明を受ける。追加議案は東日本大震災の影響による福島第1原発事故に貸し出した米沢消防署の消防車の購入について。
 貸し出した消防車は返納ではなく、全額国庫補助(国の負担)で新規に購入するもの。

 6月16日(木)
議会本会議 一般質問(初日)
 今日は、完全に聞き役。6名の議員が一般質問した。(各議員の一般質問要旨【PDF】 参照)
 6月定例会では16名の議員が一般質問を行う。初当選の議員3名を含む6名が登壇。質問を聞いていると、時に考えさせられ、時に反論が頭に浮かぶ。様々な考え方、立場、想いがあって当然である。議会は言論の府なのだから・・・
会派代表者会議
 『議会基本条例』を作る検討委員会設置に向けての協議
6月議会一般質問の準備
 明日はいよいよ私の出番だが、前日になってようやく原稿を書き上げた。A4判で5枚、約6000字ほど。おそらく1回目の質問に20分ほど掛るだろう。
 2回目以降の質問についても簡単な原稿を準備。2回目以降の質問は、当局(米沢市)の答弁によるので、どのような質問になるかははっきりしない。あくまでも予想回答に対する原稿である。
*我妻徳雄の一般質問は6/17(金) 10時からです。

 6月15日(水)
花いっぱい運動
 「花いっぱい運動」の一環として、地元のボランティア方々でR121沿いの神原地内の花壇に花を植えていただいた。
 私も早朝から花壇の整備や植え付けの準備、植え付け作業の手伝いなどをさせていただいた。
私用で宮城県仙台市へ

 6月14日(火)
早朝作業
 東側自治会役員で公民館周辺の除草を実施。最近、公民館敷地内にある『草木塔』(米沢市有形文化財)を訪れる方が多い。せっかく訪れてくれるのだから、きれいな状態で迎えたいものだ。
東側自治会の雑用
 自治会の雑用でJAおいたまへ
「協働事業推進田沢の会」総会資料の作成
 今晩の会議の資料を急ぎ作った。相変わらずの自転車操業である。
 「協働事業推進田沢の会」は07年からはじまった、公共事業を地域に発注する制度のモデル事業の受け皿として田沢地区内の方に作っていただいた会である。私が事務局を担当している。
 事業を始めるにあたって、総会を開催し、事業計画、事業予算等、安全対策などについて話し合う。
6月議会一般質問の準備
 ようやく質問原稿を書き始めたが、なかなか筆が進まない。何とか大項目の「やさしい除雪について」の原稿を書き上げた。後半分。
*我妻徳雄の一般質問は6/17(金) 10時からです。
「協働事業推進田沢の会」総会
 総会は約30分で終了。6/18(土)の早朝から作業開始。

 6月13日(月)
会派代表者会議
 6月定例会追加案件の説明を受ける。
6月定例会本会議(初日)
 市長より6月議会上程の議案の説明をうける。報告案件、承認案件、諮問案件を全会一致で可決。議案6件と請願2件は各委員会に付託。
議会運営委員会
 6月定例会追加案件の取扱いについて協議。
会派打ち合わせ
 6月定例会提出議案について検討と当面の日程について打ち合わせ。
機関会議資料作成
機関紙の配達
歯科医院へ
機関会議
タイトなスケジュールで・・・
 友人より「毎日、HPを見ているがここ何日か更新されていない。どうかしたのか?」とのメールがあった。
 確かに、ここ5日ほど「今日の出来事」の更新が滞ってしまった。言い訳としては連日タイトなスケジュールで更新する時間が作れなかった。
 今後、出来るだけ毎日更新します。引き続きご覧ください。

 6月12日(日)
儀祖母の13回忌の法要
 午前中は父方の祖母の13回忌の法要に・・・。
 父の実家には、同年代の従兄弟がいることもあって良く泊まりがけで遊びにいっていた。“ばばちゃ”に怒られたり、褒められたり、まんまをごっそうになったりと、様々な想いが走馬灯のように蘇る。幼少の頃の良き想い出である。
米沢市消防団第12分団演習
 団員の一生懸命な姿に、ただただ頭がさがる。
 私は来賓として、祝辞を述べさせていただいた。祝辞では、3.11の東日本大震災について、現在進めている米沢市、南陽市、高畠町、川西町の消防広域化について話をさせていただいた。

 6月9〜11日
スカイパーフェクTV 釣りビジョンの取材

 6月8日(水)
議会運営委員会
 6月定例会(議会)の運営と一般質問の順番の決定。質問順は抽選で決定される。
 6月定例会の一般質問の順番は
会    期 6月13日(月)〜6月30日(木)までの18日間
一般質問  
6月16日(木) @山田 富佐子議員 A木村 芳浩議員 B高橋 壽議員 C堤 郁雄議員
D渋間 佳寿美 E海老名 悟議員
6月17日(金) F我妻 コ雄議員 G鈴木 章郎議員 H小久保 広信 I山村 明
J白根澤 澄子
6月20日(月) K斎藤 千惠子 L佐藤 忠次議員 M中村 圭介議員 N相田 光照議員
O橋 義和議員
*我妻徳雄の一般質問は6/17(金) 10時からです。
会派代表者会議
 前回の各派代表者会議で、議長より『議会基本条例』を作る検討委員会の提案を受けた。持ち帰り検討の結果、各会派とも設置に賛成。
 米沢市議会では『一般質問の一問一答方式』『議会のインターネット中継』など様々な議会改革を進めてきた。しかし、不十分な点も多い。市民ニーズに答え、しかも、米沢らしさを出しながら、改革を進めなければならない。
一般質問の聞き取り調査
 当局より一般質問の聞き取り調査を受ける。発言要旨を作成していたこともあって聞き取りは極短時間で終了。
「米沢市立病院臨時職員労働組合」役員と打ち合わせ

 6月7日(火)
6月議会一般質問の準備
 明日の聞き取り調査に備えて一般質問の概要を作成。
*6月定例会 一般質問要旨
1. やさしい除雪について
(1) 高齢者・女性世帯にやさしい除雪について
(2) 除雪委託費の時間方式の検討について
(3) 除雪業者数、その傾向は
(4) オペレーターの技術力向上について
(5) 苦情や要望等に対する対処ついて
(6) 県との交換路線の拡大について
(7) ロータリー除雪車の積極活用について
2. 市民バスの有効活用について
(1) 本市公共交通の現状と課題について
(2) 米沢市まちづくり総合計画第3期実施計画の「公共交通機関の充実」
(3) 人と環境にやさしいバスシステムの創出について
(4) バス活性化に向けた商店街との連携について
機関会議の資料作成
 夕方の会議に備えての資料の作成。会議資料ができたのは、開始10分前ほど。相変らずの自転車操業である。もう少し、気持と時間に余裕があれば・・・
機関会議

 6月6日(月)
会津若松市議会『議会基本条例』の視察
 改めて会津若松市の『議会基本条例』を作る過程(委員会の進め方)などについて、国労議員団で同期の「松崎新」さんより話を聞かせていただいた。
 会津若松市の議会基本条例は平成20年6月に施行されている。
 議会制度検討委員会設置にあたっては、議員だけでなく、条例づくりの当初の段階から市民や学識経験者も入っている。学識経験者、市民など第三者の意見をお聞きしながら議論を進めることはとても大事である。また、委員任せではなく議員の間で理解を深め議会全体の物とするために、節目、節目で全員協議会を開催している。
 会津若松市議会はすでにこの理論に沿い、政策形成の実践サイクルを回している。具体的には、原点(サイクルの起点)を市民との意見交換会の実施。積極的な議員間討議、その他多数の議会改革を進めている。
 全国の自治体で『議会基本条例』が制定されているが、『議会基本条例』を作ることが目的ではない。議会改革を進めることが目的である。そうした点からも実践している会津若松市議会はすごい!
 大いに見習わなければならない。

 6月5日(日)
第51回田沢地区大運動会
 田沢地区大運動会に来賓として祝辞を述べさせていただいた。祝辞では、東日本大震災で延期してた『上杉まつり』を9月のシルバーウィークに盛大に開催すること、私達が普通に生活することが復興につながることなどの話をさせていただいた。

*選手としても!
 ザル運びリレー、ムカデ競走では第1位。
 地区対抗リレーにも出場。
 2年前の地区対抗リレーではカーブで足がもつれて転倒するという苦い経験をしたが、今年は無事に走りきった。しかし、チームは最下位、ちょっと残念。

 6月4日(土)
休暇
 久しぶりにのんびりと...。

 6月3日(金)













市政協議会
*当局から主な報告事項
財団法人米沢上杉文化振興財団の平成22年度経営状況及び平成23年度事業計画の報告
米沢市土地開発公社の平成22年度経営状況及び平成23年度事業計画の報告
6月定例会提出予定議案
米沢市中心市街地活性化基本計画(案)
第四次米沢市国土利用計画(案)
戸籍の電算化システム構築事業
新図書館整備検討委員会及び新市民ギャラリー整備検討委員会の報告書
広域化に伴う消防団・消防水利業務の取扱い
●私の主な発言
 「米沢市中心市街地活性化基本計画(案)」では、パブリックコメントの方法について質問。米沢市は各種事業に対してパブリックコメントを募集しているが、市民から意見が1〜2件ほどしか寄せられていない状況である。件数が少ないのは、パブリックコメントの求め方に問題があると考えられる。資料が難解であったり、膨大であったり、また周知の方法が悪いなどの原因が考えられる。改めて、資料の提供の仕方、広報の活用などを提案。
 また、「第四次米沢市国土利用計画(案)」では、将来、森林及び農地が減少することを予想している。その根拠について尋ねたが、当局より明確な回答を得ることが出来なかった。6/1の産業建設常任委員会では「米沢市花と緑の活動支援事業」を提案し緑化を進めるとする一方で、「第四次米沢市国土利用計画(案)」では、森林の減少を予想。地球温暖化防止に森林のCO2吸収効果が期待される。森林保護は地球温暖化防止につながる重要な施策である。環境保全都市として進むべき方向性は明らかである!
6月定例会(議会)一般質問発言通告
 6月定例会の一般質問の発言通告の締め切りは6/6(月)なのだが、既に質問項目も決めているので下記の2項目について質問通告を行った。
(1) やさしい除雪について
(2) 市民バスの効果的な運用について
 6月定例会は6/13(月)から開会。一般質問は6/16、17、20の予定。質問日・順番は抽選によって決まる。
機関紙の配達

 6月2日(木)
悪臭問題特別委員会協議会
 新たなメンバーによる悪臭問題特別委員会がスタート。私が委員長の任に当る。
 悪臭特別委員会は常任委員会等と違い、委員間で議論しながら方向性、活動を決める委員会である。委員長として議員間の議論をきちんとリードしていかなければならない。難しい役職と考えている。
 悪臭特別委員会の委員は8名である。内、新たに委員となったメンバーが4人いる。
 今日は新メンバーにこの間の活動等を理解していただくために、当局より悪臭防止法、業者の改善点、活動の経過等の説明を受けた。悪臭特別委員会として共通の認識を持ちながら、悪臭の根絶に向けて頑張っていかなければならない。
 6/27(月)には堆肥製造業者、養豚業者を視察する事も決定。また、委員会の進め方として原因企業を議会に招致し、業者に直接改善を迫る方向性を確認。
悪臭特別委員会初顔合わせ
 当局と悪臭特別委員との初顔合わせが行われた。

 6月1日(水)
産業建設常任委員会協議会
 改選後の初めての委員会のため、まず委員及び所官職員の紹介が行われた。
 産業建設常任委員は、産業部(商工観光課、農林課)、建設部(土木課、都市計画課、建築住宅課、下水道課)、水道部(業務課、施設課)、農業委員会が所管である。
 産業建設常任委員会に所属するのは4年振り。
*当局から主な報告事項
6月定例会提出予定議案
平成24年度米沢市重要事業要望事項
株式会社米沢食肉公社平成22年度経営状況報告及び平成23年度事業計画
米沢市花と緑の活動支援事業
「米沢上杉まつり 秋の陣」の開催
●私の主な発言内容
 「米沢市花と緑の活動支援事業」では、生物多様性の問題、外来種等の問題もある。植樹等に関して米沢市に生息している在来種に限定すべきである。
 また、「米沢上杉まつり 秋の陣」の開催についてでは、東日本大震災の影響で観光業等は大きな打撃を受けている。「米沢上杉まつり 秋の陣」において首都圏等からの観光客を積極的に呼び込む必要がある。そのためには、何といってもPRを積極に行う必要がある。
産業建設常任委員会初顔合わせ
 当局と産業建設常任委員との初顔合わせが行われた。