制作工程

トップページ Profile 作品紹介 制作道具 制作中 番外編
ここでは、野鳥の宝石といわれるカワセミの制作工程を紹介します

Work process










 2.一面・二面挽き
@型紙を使って線引きした後、線に沿って切り(削り)とる。 B嘴峰部分を挿入。
A嘴峰が木目に対し垂直角度となるため、一面挽き後、嘴を挿入。
錐で角度を決めドリルで穴をあける。
C嘴峰接着後上部型紙で線引きし一面挽きと同様に二面挽きする。
 3.荒削り・各部描き込み
@頭部荒削り。 B荒削り終了。
A頭部荒削り後、胴部を荒削りする。 C荒削り終了後、翼羽や頭部耳羽などを描きこむ。
 4.各部削り出し、翼羽・細部削り 
@各部削り出し。 B頭 部
A翼羽、羽毛彫り。 C脚を作りこちらパテで修正しながら胴部に取り付け、彫り完了。

 5.彩色・完成
台座に留まらせる。
木質感を出すためジェッソなどでの下地塗りはせず、木地に直接彩色します。
最後に透明ラッカーを目、嘴峰、脚に塗り完成です。
写真は、ラッカーを塗る前の状態です。
 1.図面・型紙の作成


モデルの写真
(山と渓谷社刊「日本の野鳥」より)
  カワセミ図面

制作する野鳥の図面(側面・上部)を写真や図鑑を参考に実寸通り描きます。(図面を元に側面・上部の型紙を作る)

クリックすると拡大、プリントするとほぼ実寸大となります