若者のまちづくり活動日誌

ブログで南陽市の若者のまちづくり活動を報告しています。随時更新しておりますので、ご覧下さい。

南陽市は若者活動を応援します!

 南陽市は、若者によるまちづくり活動を強く応援しています!平成20年度から、「青年教育推進事業」を展開しております。まちづくりを学ぶワークショップとコンペティションには、3年間で述べ150人余りの青年が参加し、それぞれが企画・実施したユニークなまちづくり事業は、内外からたくさんの注目を集めています。また、平成23年度には、これらの青年達が実行委員となっての「全国まちづくりフォーラムin南陽」を開催し、県内外の青年たちと交流の絆をつくりました。そして現在、これらの青年グループは、活動のさらなる成長をめざし、市内外で活発に活動を繰り広げております。

若者グループの活動紹介

 現在南陽市では、平成20年度~23年度に実施した「夢はぐくむ故郷(まち)南陽コンペティション」に参加した若者グループがユニークな各種活動を繰り広げております。各グループの活動に興味をもたれた方はページ下部の連絡先までお問い合わせください。

■ign?(いぐね?)
夢まちコンペティションの初代大賞グループ。「まち中にあふれるスキマの活用」をコンセプトに事業を展開、卓越した企画力と計画性、実行力は各方面の評価をあげている。
■HOPE
ご当地ヒーロー「南陽宣隊アルカディオン」を誕生させ、見事第二回夢まちコンペの大賞に輝いたグループ。アルカディオンは市内の各イベントで奮闘中。
かぼちゃプロジェクト
「かぼちゃ雪上カーリング」の開催で全国紙を賑わした噂のグループ。今年は地元小学生と一緒にカボチャの栽培&加工にも挑戦中!
米部(こめぶ)
第3回夢まちコンペ大賞チーム。「米一粒の幸せをみんなに」のコンセプトの下、誕生した大人の「部活」。現在、「リンゴ堆肥」を使って育てるお米「あまい」は、山形県で東京都で勢力拡大&ファン増殖中!
■Am遊's(あみゅ~ず)
「みんなで楽しめる遊び」「親子の絆」をテーマとしたまちづくり活動を実践。「お菓子の家をつくろう」、「親子で絆(たから)さがし」など、親子交流をテーマとして活動を展開し、お菓子の家づくりではたくさんの個性豊かなお菓子の家が出来上がり、たくさんの家族の笑顔であふれる企画となった。
■んだが屋総本店
売り買いを通したコミュニケーションの創出をめざし、「南陽フリーマーケット」や「南陽未知の駅」を開催。南陽未知の駅では、山形市の霞城セントラルを会場に、南陽市の物産展を主催、若者と企業をむすびつけるきっかけを作り出した。
■南陽創作部~創~
創作をテーマに活動を展開し、「南陽モノ作りプロジェクト」を展開。また「南陽てづくり市」や、熊野大社とコラボしての「月兎市~get fair」の開催など、オリジナルアイテムを開発・販売しながら、精力的に各種イベントも開催中!
■SPOT
地域の人とともに、地域に元気をうみだす活動を展開。12月には市内宮内を拠点に、本物のサンタクロースに会いにいく親子交流ツアーを実施して、子どもたちに夢と楽しさを提供した。
■4M(ほほえむ)
本をつかったコミュニケ―ションの創出をテーマに活動。トライアルでは、一箱古本市&ブックカフェを開き、店主と来場者、スタッフ間の交流を促した。活動は今後も継続する予定!

グループの活動に参加したいという方は?

上記各グループのホームページ連絡先、またはページ下部に記載してある青年教育推進事業実行委員会のメールアドレスに、お気軽に、ご連絡ください。

結城豊太郎記念館和室の利用状況

 平成22年度より、南陽市結城豊太郎記念館を若者達の集いの場として開放しております。それに伴いまして記念館内の臨雲文庫和室も貸し出ししております。ご利用希望の方は結城豊太郎記念館までお問い合わせください。下記カレンダーで和室の利用状況を確認することができます。
結城豊太郎記念館館長日誌
和室利用状況確認


大きな地図で見る